国立第二中学校のホームページです。

  • 小
  • 中
  • 大

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
ホーム > 学校概要 > 教育目標

教育目標

よく考えて進んで学習する生徒

学力の重要な3つの要素である

1.基礎的・基本的な知識・技能
2.知識・技能を活用して課題解決するために必要な思考力・判断力・表現力
3.生涯をとおして発揮される学習意欲
を身につけるための学習姿勢を育てます。

 

思いやりをもち協力する生徒

自他の生命や人権を尊重する心、互いの違いを認め合って生きて行く態度、美しいものや自然に感動する心など人間としてより良く生きようとする意欲や態度を育てます。
 

自らの心と体を鍛える生徒

規範意識・正義感・忍耐力など社会人の基礎となる「心」を育てるとともに、その「心」を支えて生涯にわたってたくましく生き抜いていくための、健康や体力の増進を指向する態度を育てます。



正しく判断し、実行する生徒

上記で示した「教育的価値」を総合的・横断的・実践的に学ぶ日々の授業や体験的学習をとおして学校生活、家庭生活、地域社会での生活はもとより、生涯にわたり自らの判断で実戦していける生徒を育てます。



平成30年度の学校経営目標

自ら進んで正しく行動し、互いに高めあい学習する生徒の育成
~「自主・自律」の二中、「学びあい高めあう」二中~

本年度の学校経営の重点

(1)向上心を高める学習指導
 ①全教職員の英知と創意工夫を結集し、主体的に学習に取り組む生徒の育成をめざす。
②学びの質を高めるため、授業改善を推進し、「基礎的な知識・技能」の習得に努める。                 ③問題解決型学習の活用など、「生徒主体の学習」を推進し、学習意欲向上を喚起する。

 
(2)規範意識を高める生活指導
①率先して全教職員が、生徒の模範となる行動・教育活動の実践を行う。
②道徳の授業をかなめとして教育活動全般を通じて心の教育の充実に努め、道徳指導を計画的に実施する。
③生徒一人一人に寄り添い、問題行動の未然防止を図る。


(3)互いの良さを認め合う特別活動
①全教員が力を合わせ学級経営、学年経営の充実を図り、温かな人間関係を構築する。
②限られた時間の中で、生徒が主体となって活動する学校行事、生徒会活動の充実を図る。
③学校教育の一環としての部活動等を通して、自主的、自律的運営力の育成を図る。

 

学校概要

  1. 校長挨拶
  2. 教育目標