国立第七小学校のホームページです。

  • 小
  • 中
  • 大

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
ホーム > 学校概要 > 校長挨拶

学校長挨拶

「わかる喜び、学ぶ楽しさを味わえる学校を目指します」
 知・徳・体の教育を行い、一人一人の子どもが輝く活動を推進します。

「からだと こころ すこやかに、しなやかに」
~本校校歌より~
 
本年度、着任2年目を迎えました大山紀子と申します。
「平成」から「令和」へ、新しい時代への架け橋となるこの1年を、国立第七小学校の子供たち共に歩むことができることをとても嬉しく思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

教育目標   

◎ かしこく  (知)(本年度重点目標)
〇 やさしく  (徳)
〇 げんきよく (体)
 

学校経営の基本理念

 これからの日本社会は予測不能、未知の時代に突入するといわれています。そして、その社会を生きる子供たちには自ら未来を拓く力が必要不可欠なものとなっていくことでしょう。
 この、自ら未来を拓く力を身に付けさせる学校を創ることを学校経営の基本理念とし、そのための学力と学びに向かう力を子供たちに育むべく、教職員一丸となって教育活動に邁進してまいります。

 2.私たち教職員の基本姿勢(心意気)
 (1)授業力の向上を常に目指します。
 (2)信頼ある開かれた学校づくりに努めます。
 (3)子供の世界や感性を尊重します。
 (4)今あるものを常に見直し、改善につなげます。
 
 本校の学区域を南から歩いていくと、まず、富士見台団地があり、そこを抜けると駅前のロータリーが見えてきます。手前の賑やかな商店街の中に、通称「きしゃぽっぽ公園」があり、近隣の人たちの憩いの場となっています。
 線路を越えてさらに南下すると、このあたりは国立のルーツである谷保地区です。当時を彷彿とさせる家構えが並ぶ甲州街道を多くの車が走り、歩みを進めるとまた景色は変わり、「はけ」に出て竹藪を降りていくことができます。視線を西に移せば、谷保天満宮のこんもりとした森が目に入ります。この、変化にとんだ学区域から、七小の子供たちは、地域の方にも見守られながら、毎朝元気に登校してきます。
 この子供たちにとって、そして、保護者、地域の方にとって信頼ある開かれた学校であり続けるよう、学校運営を行っていきます。どうぞ、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

私たち教職員の基本姿勢

(1)授業力の向上を常にめざします。
(2)指導の基本を大切にし、全教員で徹底します。
(3)信頼ある開かれた学校づくりに努めます。
(4)子供の世界や感性を尊重します。
(5)社会の多様化に対応できる学校づくりに努めます。
(6)今あるものを常に見直し、改善につなげます。

校長挨拶

  1. 校長挨拶
  2. 教育目標
  3. 沿革

国立第七小学校

〒186-0003
東京都国立市富士見台1-47-7
TEL:042-575-8425
FAX:042-575-8426