国立第一中学校のホームページです。

  • 小
  • 中
  • 大

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

「共学(共に学ぶ)」、
「共感」、
「共育」による学び舎の創造

 「私も一中卒業なんです。」
 卒業生の皆さんの誇らしげに話されるこのひと言にその思いが込められています。
 国立第一中学校は、本年創立71年を迎えます。国立の地に初めてできた中学校として、「国中」の名で親しまれてきました。ですが、ここまでの道程には幾多の成果や時には試練も経験してきたであろうことは想像に難くありません。それはここに集った数多くの生徒をはじめ、保護者・地域・教職員の献身的な活動や不断の努力によって支えられた71年でもあります。だからこそ、その重みや思いをしっかりと受け止めこれからも、
 「生徒・保護者から信頼され期待される『国中』」
 「地域から大事にされ愛される『国中』」
 「卒業生が誇れる『国中』」
を目指して参ります。
 そのために、生徒一人一人が自己実現を図り、夢や希望、生きがいのもてる学校を創造します。我々教師はその責任の重さを自覚し、次代を担う生徒が「生きる力」を身に付けられるよう全力で教育活動に取り組んで参ります。そして、国立一中のよき校風や伝統を継承しながら、保護者・地域社会との相互理解を深め、信頼に応える、開かれた学校創りを推進し、共同による共育(教育)の実現を目指します。今後とも、皆様の温かなご支援をお願い申し上げます。
               国立市立国立第一中学校   黒 田  宏 一

学校概要

  1. 学校長挨拶
  2. 教育目標