国立第八小学校のホームページです。

  • 小
  • 中
  • 大

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
ホーム > 学校紹介 > 校長室から

7月3日(金) 中庭

 八小の特徴の一つに中庭があることが挙げられます。休み時間には、中庭で遊んだり、奥の池にいる鯉などの魚を見たりして利用している児童が多くいます。今はコロナの対応として、体育館での体育の授業は行わないこととしていますが、固定時間割(どの学級がどの場所を使用するか、専科の時間はどこか等を決めた時間割)では体育館の割当が決まっているため、体育館に割当てられた時に校庭が空いていない場合には中庭を利用する場合もあります。今日はさくら学級が体育の授業をしていました。スペースを上手に活用して授業を進めていました。

7月2日(木) 昨日の委員会活動

 委員会活動が始まっています。今年度はようやく先月から委員会活動が発足しましたが、5.6年生がよく頑張っています。昨日の5時間目は委員会の時間でしたが、それぞれの委員会で活動内容の確認や活動方針について話し合いを行ったり、各委員会ごとの具体的な活動を行ったりしました。特に6年生は、5年生に仕事の内容や方法を教えたり、話し合いをリードしたりして、よきお手本となっている姿が多く見られました。子供たちの自主的・自発的な姿が学校生活のいろいろな場面で見られるのことを嬉しく感じています。

7月1日(水) 臨機応変

今日から7月になりました。いつもの7月なら、もうすぐ夏休みの雰囲気がありますが、今年は31日まで登校します。そうは言っても1学期のまとめの月です。学習や学校生活をしっかりと定着させて2学期につなげたいですね。
 今朝はまだ雨が降ってこなかったので、校庭のテントで健康カードチェックができました。けれど風が強くなってきたので、副校長先生に天気を確かめてもらうと、この後さらに雨風が強くなるという予報なので、急遽テントをたたみました。便利なテントなので、脚を縮めるだけでカバーが取れます。骨組みだけなら大丈夫そうです。今は雨風ともに強くなったので早めの対応でよかったです。

6月30日(火) 校旗掲揚

 今日から6年生が毎日校旗を掲揚します。昨年度に引き続き6年生の大切な役目として実施しています。今年は年度初めが休業となり、例年であれば6年生が役目を担う場面が多くあったのですが、今年はそういった機会が少なくなっています。その中で、この校旗掲揚の役割は大切な機会であると捉えています。同じように、今週の朝会から6年生が始まりの挨拶を行っています。落ち着いてしかも元気のある挨拶は、全校児童のよい手本となりました。今日の校旗は梅雨の晴れ間の空にはためいて、とても素敵に見えます。

 今日から6年生が毎日校旗を掲揚します。昨年度に引き続き6年生の大切な役目として実施しています。今年は年度初めが休業となり、例年であれば6年生が役目を担う場面が多くあったのですが、今年はそういった機会が少なくなっています。その中で、この校旗掲揚の役割は大切な機会であると捉えています。同じように、今週の朝会から6年生が始まりの挨拶を行っています。落ち着いてしかも元気のある挨拶は、全校児童のよい手本となりました。今日の校旗は梅雨の晴れ間の空にはためいて、とても素敵に見えます。

6月29日(月) 朝会での話

おはようございます。
学校が再開して、ほぼひと月が経とうとしています。朝の健康カードチェックや休み時間前後の手洗い、給食の時間に前を向いて静かに食べること、そしてマスクをつけて過ごすこと。ずいぶん慣れた感じになってきましたが、ひと月前の5月28日はまだ休業中で29日から分散登校が開始しました。校長先生はこの事を思い出して、随分前のことの様に感じましたが、皆さんはどう感じますか?休業期間は、まだひと月前だったのだなぁと思ってしまいました。
さて、更に前のことなのでもう忘れてしまっている人もいるかも知れませんが、校長先生は始業式の時、凡事徹底と言うことを話しました。実はその時、こんな紙を用意していたのですが、初めて皆さんの前で話すので少し緊張したのか、用意していたものを机の上に置いたままにしておき、皆さんに見せる事ができませんでした。凡事徹底とはこんな文字の四字熟語です。凡事とは、いつもやっているような当たり前のことと言う意味です。徹底とは、この場合、やり抜く、いつもどんな時もするという意味です。そして全体では当たり前のことで、誰でも出来る事だけれど、誰も出来ないくらい続けてやり抜いていくと言う意味です。皆さんの学校生活の中では、あいさつをする事、時間を守ること、身の回りの整理整頓、言葉遣いを正すこと、姿勢を正しくすることなどです。
始業式では、身の回りの整理整頓の例として、靴箱の靴の踵を揃えることを話しました。もうすでに取り組んでいる学級や意識している人がいますね。これは徹底ですから一部の人の取組みではなく学校全体で取組むことが大切です。かかとを揃えるだけではなく、挨拶も意識していきましょう。朝のあいさつ、校内ですれ違った時の会釈、帰りのあいさつ、いろいろな機会があります。挨拶があふれる学校はとてもすばらしいですね。今日は凡事徹底の話でした。
今週には7月になります。1学期は7月31日まで、あと1か月あります。元気に過ごしましょう。

6月27日(土)

 今日は土曜日ですが、半日の授業がありました。休業をした分の授業回数を確保するため、現状では6月から毎月1回ずつ土曜日に授業を行う予定です。給食がないので、早めに下校できるよう、いつもとは少し時程が違います。まだ学校公開はできませんが、2学期以降に学校公開の土曜日を設定したいと考えています。
 今日は4年生以上はスポーツテストを行っています。休業中は運動量が減っていたので、例年に比べると結果が低くなると予想しています。どの運動能力が例年に比べて低くなっているのかを分析して、体育の授業等で補完していきたいと考えています。

6月26日(金)

明日は土曜授業で、高学年はスポーツテストをします。種目の一つにソフトボール投げがあるので、先生方が放課後ラインを引いて準備しました。その他の種目についてもそれぞれ用具を確認して準備万端です。ラインを引いた先生方は、早速試しの投球と計測をしていました。さすがは先生方、50メートルを超える大遠投を軽々と行っていました。今夜から明日にかけては雨は降らないという予報もあるので、無事に実施できるといいなぁと思います。

6月25日(木)

 学校では、新たな教育課題の実現に向けて校内研究を行っています。今年度から新たに全面実施している新学習指導要領の大きなポイントとして、主体的、対話的で深い学びの実現があります。校内研究では、主体的、対話的で深い学びの学習を実施する上で大切な、指導と評価を一体化していくため、今回は「パフォーマンス課題」についての研修をしました。いつもなら講師の先生を招いて指導を受けますが、今回はICTを活用してリモートでの講演を行いました。研修の内容とともにリモート会議等の技能も今後活用していきます。

6月24日(水)

「運動の楽しさ伝えた隊」の大学生が体育の時間を充実させています。市内の東京女子体育大学の大学生が、定期的に来校して体育の時間の支援に協力してくれています。担任の先生と連携して、運動の補助をしたり、お手本になったり、コツを教えたりして、まさに運動の楽しさを伝えています。子供たちも身近な存在でもあり、頼れる存在でもある大学生と共に、体育の時間に力いっぱい運動を楽しんでいます。

6月23日(火)

 今日は初めての清掃活動がありました。八小では清掃時間は登校してすぐに設定しています。正に、朝一番に清掃を行います。まずは教室や廊下などをきれいにして学校生活が始まる、というわけです。それに加えて八小では、廊下や教室などを雑巾でぬれぶきしています。雑巾がけは大変ですが、きれいになっていくことが目の前で実感できるので、自分がやった分だけきれいになったという達成感が味わえます。また、雑巾絞りができない子供が増えている中、八小の児童は低学年でも上手に雑巾絞りができています。どの学級も手際よく、短い時間の中で清掃活動を行います。1年生も清掃活動を行いますが、6年生が何名か、お手本と助っ人として活躍しています。

6月22日(月)

 この机の上の緑のものは何だか分かりますか。ヒントは、今朝とっても役に立ったものです。正解は、傘を机の端にのせて立てかけるときのすべり止めです。朝、校舎に入る前にテントの中でカードを出して点検を行っていますが、雨の日は机の端に傘の柄をのせて傘を立てかけます。けれども、意外にも机は滑りやすく、せっかく立てかけた傘が下に落ちてしまうことがしばしばありました。このことを用務主事さんに相談すると、このようなすべり止めを作ってくれました。今朝もあいにくの雨でしたが、傘が滑り落ちることがいつもよりぐっと少なくなり、登校もスムーズになりました。ただ、ご覧の通り校庭はぬかるんでいるので、できれば雨靴を履いてきたほうがいいですね。

6月19日(金)

 今週から、専科の授業も始まりました。音楽では歌声を響かせて、とはいきませんが、鑑賞やリズム打ちを中心とした器楽演奏などから始めています。ハミングで歌うなどの制約はありますが、そんな中でも音楽の楽しさが伝わる授業を工夫しています。図工室も少し改造しました。図工室用の机を使用する際に少しでもお互いの距離が保てるよう、シールドを設けました。使用する用具も個人のものを主に活用しています。子供たちは久しぶりの図工の授業楽しんでいました。少しずつ新しい学校生活が始まっています。

6月18日(木)

 国立の風は希望をのせて、あのレモン色の校舎の窓へ…、と校歌に歌われていますが、そのレモンの木を昨日植えました。職員室の前にあるスペースに植えました。鮮やかな緑色の葉で若い枝も同じく緑色です。柑橘系の植物なのでとげもあります。一つ大きな実がついていますが、よく見ると小さなレモンの実がいくつもついています。きっと熟してくると、レモン色になると期待しています。アゲハ蝶の幼虫も何匹か一緒についてきました。3年生の理科の学習で飼育・観察しています。こちらもレモンの木と同様に無事に育つといいなぁと思います。

6月17日(水)

 「新しい学校生活」にも日一日と慣れて、上手に適応しています。休み時間の前と終わりには手を洗います。手洗い場の「密」を防ぐため、学年ごとに手洗い場を振り分けました。また、休み時間に、校庭から教室に戻るときは、学年ごとに教室に戻る経路を変えて、階段や廊下での「蜜」も防ぐようにしています。
 今日も梅雨の晴れ間の天気で、校庭には心地の良い風が吹き、子供たちは元気いっぱいに外遊びをしています。手洗いも忘れずにしています。

6月16日(火)

 一斉登校の2日目。昨日よりだいぶスムーズに間隔を空けて整列できるようになりました。すいている列を見つけて上手に並んでいきます。うまく並べない下級生を上級生の子が、優しく並ばせてあげている姿も見られます。並んでいる間にランドセルからカードを器用に取り出している子もいます。今日も梅雨の合間のよい天気なので、スムーズな登校前チェックとなりました。雨が降っていて、傘をさしての整列だと少し心配なので、せめて朝だけは雨が降らないといいなぁと思います。

6月15日(月)

 今日から、全校児童がそろって登校しました。4時間の授業と給食で下校となります。少しずつ普段の学校生活に近づいています。朝会は校内映像配信で行い、専科の授業も始まり、休み時間もあります。本当に久しぶりの休み時間なので、大勢の子供が校庭で元気よく遊んでいました。やはり、友達とのふれ合いが子供にとっての大切な時間なのだと言うことが改めて分かりました。それでも、元気な中にも、友達との距離を意識して遊んでいました。教室に入るときには、学年別の手洗い場所と入口から入り、密集を避ける工夫をしています。

6月12日(金)

 梅雨入りとなりました。今朝学校に来ると校庭に素敵なお客さまが来校しています。カルガモの親子でした。いろいろ校舎の内外を巡ってようやく安住のプールに落ち着きました。子供たちも嬉しそうに見学していました。

国立第八小学校

〒186-0004
東京都国立市中1-3-1
TEL:042-576-8791
FAX:042-576-8792