国立市立小中学校のホームページです。子供にとって達成感や自己肯定感が味わえる学校、地域にとって頼りになる学校を目指します。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 平成29年4月1日に国立市立国立第四小学校に着任した市川晃司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、近年、少子化・高齢化、情報化やグローバル化といった社会変化が、人間の予測を超えて加速度的に進展するようになってきており、どのような職業や人生を選択するかにかかわらず、すべての児童の生き方に影響するものとなっています。このような時代だからこそ、児童一人一人が予測できない変化に受け身で対処するのではなく、変化を前向きにとらえ、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であると考えます。

 このような状況を踏まえ、文部科学省は、第二期教育振興基本計画において、今後の社会の方向性として、「『自立』『協働』『創造』の3つの理念の実現に向けた生涯学習社会を構築」する必要性を示しています。私は、生涯学習社会の基盤づくりの視点から、小学校段階においては、特に「自立」と「協働」の理念が大切であると考えています。具体的には、変化の厳しい予測困難な社会において、一人一人が多様な個性・能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り開いていく力=「自立」、コミュニケーションを図りながら個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かして、ともに支え合い、高め合い、社会に参画できる力=「協働」ととらえ、それらを意図的・計画的に育成することです。

 私は、この思いを児童はもちろんのこと、国立第四小学校に関わるすべての方と共有するため、「自立」を「夢」に、「協働」を「感動」に置き換えます。そして、
「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」
を合言葉としてすべての教育活動に関連づけ、子供たちに知・徳・体のいわゆる「生きる力」を十分かつバランスよく身に付けさせます。その結果、予測困難な社会に対して、たくましくそしてしなやかに生き抜く資質や能力を有した人間の土台作りを推進いたします。


国立市立国立第四小学校長 市川 晃司

4月25日(火) 高尾山遠足

出発式

 雨で延期になっていた3・4年生の高尾山遠足を実施することができました。頂上からはとてもよい景色を眺めることができました。また、グループで助け合いながら登ることもできました。写真は、出発式の様子です。

4月26日(木) 1年生 初めての給食

 待ちに待った給食が始まりました。「いいにおい。」「おなかすいた!」と1年生は大興奮。笑顔いっぱいでパンをほおばる姿が印象的でした。準備や片づけもしっかりできました。

中見出し

学校概要

  1. 学校長挨拶
  2. 学校教育目標

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198