「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」を合言葉に、心たくましく、しなやかな児童を育てます。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 平成29年4月1日に国立市立国立第四小学校に着任した市川晃司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、近年、少子化・高齢化、情報化やグローバル化といった社会変化が、人間の予測を超えて加速度的に進展するようになってきており、どのような職業や人生を選択するかにかかわらず、すべての児童の生き方に影響するものとなっています。このような時代だからこそ、児童一人一人が予測できない変化に受け身で対処するのではなく、変化を前向きにとらえ、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であると考えます。

 このような状況を踏まえ、文部科学省は、第二期教育振興基本計画において、今後の社会の方向性として、「『自立』『協働』『創造』の3つの理念の実現に向けた生涯学習社会を構築」する必要性を示しています。私は、生涯学習社会の基盤づくりの視点から、小学校段階においては、特に「自立」と「協働」の理念が大切であると考えています。具体的には、変化の厳しい予測困難な社会において、一人一人が多様な個性・能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り開いていく力=「自立」、コミュニケーションを図りながら個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かして、ともに支え合い、高め合い、社会に参画できる力=「協働」ととらえ、それらを意図的・計画的に育成することです。

 私は、この思いを児童はもちろんのこと、国立第四小学校に関わるすべての方と共有するため、「自立」を「夢」に、「協働」を「感動」に置き換えます。そして、
「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」
を合言葉としてすべての教育活動に関連づけ、子供たちに知・徳・体のいわゆる「生きる力」を十分かつバランスよく身に付けさせます。その結果、予測困難な社会に対して、たくましくそしてしなやかに生き抜く資質や能力を有した人間の土台作りを推進いたします。


国立市立国立第四小学校長 市川 晃司

 

夢いっぱい 感動いっぱい(校長室から) 画像

9月20日公開

9月20日(木) 梨園に行きました

 3年生が社会科学習の一環として、国立市南部の梨園を訪問しました。今回は、「公衆マナーを守る」ことも目的の一つで、国立駅から谷保天満宮まで路線バスに乗りました。子供たちは、事前指導をよく守り、静かにそして周りの乗客に迷惑をかけないように頑張っていたそうです。3年生の成長を大変うれしく感じました。

 梨園から帰校した3年生です。それぞれの教室では、振り返りをしていました。「ぼくたちの住んでいる北部と、梨園のある南部は環境が違ったよ。」「おいしい梨を作る秘密を見つけたよ。」と発見したことを積極的に発表していました。実際に見ること、実際に体験することが大切であることをあらためて感じる一日になりました。

9月19日(水) 「平成30年度 国立市 科学に関する自由研究 発表会」

 ヤクルト中央研究所で開催されました。国立市立小学校8校の代表作品が集まりました。どれも子供たちが夏休みに一生懸命考えた作品です。本校からは6年生の田中ちひろさんが「〇〇で魚の骨は溶けるの?」という内容で発表をしました。堂々と自分の考えを発表する姿に、大きな拍手が送られました。

9月19日(水) 本気で考え、議論できる道徳の授業

 4年2組担任の志村教諭が、市立小学校の初任者の代表として10月に道徳の研究授業を行うことになりました。これを、本人そして学校全体の授業力向上の絶好の機会ととらえ、週に1回、校内で志村教諭の道徳の授業を参観する機会を設けました。本日の授業では、道徳教育推進教師の副島主幹教諭が飛び入りで参加し、授業の充実を図ってくれました。

9月18日(火) 全校朝会「季節に感動できる人に」

 9月14日(金)にお知らせした「ススキ」の話題。全校児童に伝えたいと思い、全校朝会で取り上げました。話の最後には、植物や動物などの生き物や季節の移り変わりにも感動する人になってほしいと伝えました。今年の十五夜は9月24日(月)、3連休の最終日です。ご家族でお月見はいかがですか。

9月14日(金) 秋を感じます

 写真は3年2組の教室です。学級担任の机の横に「ススキ」が花瓶に生けられていました。外からの風にふわふわと気持ちよさそうに揺れています。学級担任によると、保護者の方が子供に持たせてくれたとのことです。「子供たちに季節を感じさせたい」きっとそんな気持ちで持たせてくれたのだと思います。心から感謝申し上げます。

9月14日(金) いつでも来てくださいね。

 午前中、かわいいお客様が訪問してくれました。近くにあるきたひだまり保育園の2・3歳児の皆さんです。お散歩の途中に寄っていただき、入口近くのうさぎを見たり、滑り台で遊んだりしていました。近隣の保育園には「いつでも来てくださいね。」と伝えています。幼稚園・保育園と小学校との連携がますます深まればと思います。

9月13日(木) 静かに、安全に

 4年2組です。今から教室を移動するために、教室の後ろに並んでいます。「静かにしてください。」「前へ、ならえ。」と先頭の係の児童が指示をしています。この後、おしゃべりしたりや走ったりすることなく、落ち着いて教室移動ができていました。静かに、そして安全に教室移動ができる4年生、すばらしいと思います。

9月12日(水) 整理整頓、そして「心を落ち着かせる」

 朝の会、3年1組の教室では、全員がお道具箱を机に出して整理整頓を行っていました。子供に聞くと、定期的に学級全体で行っているとのこと。その子供は、自分で一週間に1回、整理整頓を行う習慣ができたそうです。私自身、学力向上のためには、「整理整頓」と「時間の管理」が必要だと思っています。学校全体に広げていきたいと考えています。

9月12日(水)「うわあ、すごい!」

 1年1組の図工は講師の原先生が授業を行っています。1校時、黄色い色画用紙を2つに折ってはさみでチョキチョキ。そして立たせると、あっという間にキリンさんが出来上がりました。「うわあ、すごい!」子供たちからは大きな歓声とともに拍手が起こりました。その後、子供たちは好きな動物や恐竜をたくさん作っていました。

9月12日(水) まだ9月、もう9月

 中休みに、現6年生の卒業アルバムに載せる教職員写真を撮影しました。6年生(卒業生)へ敬意を表して、教職員は正装です。また、未来へ力強く羽ばたいてもらえるように、精一杯の笑顔で撮影に臨みました。考えてみると、今年度も半分が過ぎようとしています。「一日一日を大切に」あらためて感じるひと時になりました。

9月11日(火) 2か月後の「感動」に向けて

 今年度の文化的行事は11月16日(金)・17日(土)に実施する音楽会です。各学年、音楽の授業を中心に練習が始まりました。写真は、4年生の様子です。「ブラジル」という陽気なリズムの曲を様々な楽器で演奏します。練習を始めたばかりですが、子供たちは先生にアドバイスをもらいながら一生懸命がんばっていました。

9月10日(月) わくわくタイム(第7回)「仲間とともに」 

 星野教諭が行いました。中学校、高等学校で所属していた合唱部の話でした。特に、高等学校は全国大会をめざすような強豪校で、合唱部の練習は大変厳しく、やめたいと何度も思ったそうです。しかし、大好きな合唱の練習を続け、その結果、かけがえのない仲間(友人)ができたと伝えてくれました。

9月8日(土) わくわくまつり

 晴天の中、PTA主催の「わくわくまつり」が開催されました。時間前から多くの子供たち、そして保護者の方が受付前に並びました。受付でスランプラリーカードを受け取った子供たちは、図書室、体育館、校庭と思い思いの場所に移動し、ゲームや工作をして楽しみました。準備をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 図書室です。内容は、「ビーズアクセサリー作り」と「スライム作り」です。ビーズアクセサリーは細かい作業ですが、子供たちは根気強くがんばっていました。スライムはカラフルな色に仕上がっていました。中学生もお手伝いに来ていただき、会場はたくさんの人で埋め尽くされていました。

 体育館です。内容は「室内ボーリング」「昔遊び(こま・けん玉)」「缶タワー」「スーパーボールつかみ」です。写真は「ツリークライミング」です。自分の体が上へ上へと動く状況に、子供たちは歓声をあげていました。

 校庭です。内容は、「ストラックアウト」です、テニスボールを9つの数字に分かれたボードに投げて楽しみます。既製の的とともに、手作りの的もあり、子供たちは狙いを定めて楽しんでいました。

 閉会式です。中心となってご準備いただいたPTAの皆様、そして育成会並びに児童館の皆様、本当にありがとうございました。子供たちにとって楽しい思い出に残るひと時になったと思います。また、多くの大人が子供たちの幸せや健全な育成を願っていることを実感したと思います。心より感謝申し上げます。

9月7日(金) 2学期も子供たちを一緒に育てていきましょう!

 4日(火)から始まった保護者会は、本日が最終日となりました。5年生、6年生ともに夏休みの様子をお伺いしたり、2学期の予定などをお伝えしたりしました。また、宿泊学習の様子を放映して、子供たちの成長をみんなで共有するすてきな時間になりました。 ★明日は、PTA主催の「わくわくまつり」です。どうぞよろしくお願いします。★

9月7日(金) 読書の秋

 図書室の前の廊下に、全校児童の「おすすめの本紹介」が掲示されました。低学年は印象に残った場面を絵で、中学年、高学年と進むにつれて文字が増えていきます。どれも力作です。掲示してくれた学校司書の先生に心から感謝しています。読書活動は本校の柱の一つです。これからも読書を大切に、心やさしくかしこい子供を育ててまいります。

9月7日(金) 出会いあれば別れあり・・・。

「教師力養成講座」の一環で観察実習生として2名が月曜日から、また、職場体験活動の一環で中学生2名が水曜日から本校で活躍してくれましたが、いよいよ最終日になりました。全校で集まる機会がなかったので、夕食の時間に職員室から放送であいさつをしてもらいました。各教室からは子供たちの大きな拍手が届きました。

9月7日(金) きれいな学校をめざそう!

 今日の全校集会は、美化・栽培委員会によるテレビ放送がありました。内容は、「上手な掃除の仕方」です。高学年の児童が実際に掃除をしている場面を流し、上手な掃除の仕方を考えさせていました。1年生の教室では「すごく上手だね。」と声があがっていました。きれいな学校、みんなが過ごしやすい学校について考えるよい機会になりました。

9月6日(木) やる気いっぱい

 2校時終了後、音楽室前の廊下に5年生がたくさんいました。理由を聞いてみると、中休みに10月27日(土)に開催される「国立市音楽フェスティバル」の練習をするので、授業が終わるのを待っているとのことでした。目標に向かって課題意識をもち練習を行おうとする5年生、とてもすばらしいと思いました。

9月5日(水) 「お兄さん、お姉さん、よろしくお願いします。」

 国立第二中学校の2年生生徒4名が、今日から3日間、本校で職場体験を行っています。下学年の授業に入って教員の補佐をしたり、用務主事と外仕事をしたりします。本校の生徒の多くが進学する国立第二中学校とこのような連携をができることをうれしく思っています。やさしいお兄さん、お姉さんは子供たちに大人気です。

9月5日(水) よりよい学校にするために

 今日の5校時は委員会活動(前期)の最終回でした。各委員会では、前期の振り返りを行うとともに、後期に向けて可能な範囲で準備を行っていました。写真は、飼育委員会です。合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい」の学校を作るには、学級・学年の枠を超えて学校全体で物事を考えることが大切です。委員会活動はその中心に位置しています。

9月3日(月) わくわくタイム(第6回)「登山」 

 羽下主幹教諭が行いました。夏休みに日本の百名山の一つ、「剱岳」に登った写真を紹介しながら、登山の魅力について語ってくれました。足を滑らせたら落ちてしまいそうな登山道や山頂から見る雲の姿に、子供たちは大きな歓声を上げていました。登山を行う上で注意していることは、「続けること」「準備すること」だそうです。

8月31日(金) 夏休みの研修報告会

 夏季休業日期間、我々教員は自己の指導力を高める絶好の機会と捉え、様々な研修会に参加しています。内容は、人権教育、外国語活動、体力向上、・・・と多岐にわたります。自分を高めるとともに、その成果を学校全体に還元することがねらいです。写真は、初任者教員が宿泊研修で学んだことを発表している場面です。

8月31日(金) 大好きな先生と最後の授業

 算数少人数担当の正森教諭の最後の勤務日となりました。昨年度の5月から1年3カ月、本校の子供たちのために力を尽くしていただきました。ていねいな授業準備、分かりやすい説明、温かい人柄に子供たちは惹かれ、算数少人数教室で一生懸命授業を受けてきました。写真は、6年生と校舎の長さを計測している場面です。

8月31日(金) 自分の体に関心をもつ

 発育測定を開始しました。本日は5・6年生です。子供たちは、1学期と比べてどのくらい成長したか楽しみな様子でした。測定の前に、主任養護教諭が「質のよい睡眠」をテーマに講話を行いました。写真は、講話を真剣に聞いている6年1組の児童です。これを機会に、自分の体に関心が高まればと思いました。

8月31日(金) まだまだ夏です

 今日の東京の予想最高気温は34℃。とても暑かったです。プールが使用できる学年の3・4年生は大喜びです。WBGTという気温や湿度の基準に照らし合わせて、水泳指導を実施しました。子供たちは、シャワーを浴びて「気持ちいい!」、プールに入って「ちょっとぬるいぞ」と様々な感想をもらしていました。

8月30日(木) 体幹を鍛え、姿勢をよくする

 本校では、コオーディネーショントレーニングを体育の授業に取り入れ、体幹を鍛えることで体力の向上を図っています。1学期には、座っている時の姿勢がよくない子供が多く見られたので、2学期の重点目標にしました。写真は5年生の様子です。正しい姿勢の大切さについて教員が説明をすると、みんな、すっとよい姿勢になりました。

8月29日(水) 朝の教室

 今日から2学期が始まりました。朝、校舎内を歩いていると、すべての教室の黒板に学級担任から子供たちへのメッセージが書かれていました。多くが「子供たちに会えることを楽しみにしていること」「前向きに2学期を送ること」といった内容でした。学級担任の子供たちを思う気持ちを大変うれしく感じました。写真は、3年2組です。

8月29日(水) 2学期始業式

 夏休み中、子供たちに大きな事故やけががなく、元気に登校できたことをみんなで喜び合いました。私からは、合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」に関連して、私を含めた代表の教員6名に「夏休み中の『夢』『感動』」を発表してもらいました。どんな内容だったか、子供たちに聞いてみてくださいね。

8月28日(火) 明日は2学期始業式です。

 今日で夏休みが終了し、明日から2学期がスタートします。学校では職員会議とともに授業の準備や教室の整理整頓を行い、明日に向けて準備を進めています。子供たちの元気な姿を見ることが楽しみです。さて、本日は、学校に不審者が来校したという想定で、「学校110番訓練」を実施し、立川警察署の方にご指導いただきました。

8月20日(月) 友達に会えてうれしいな

 後期の水泳指導を開始しました。写真は受付に並ぶ1・2年生です。「○○ちゃん、元気だった?」「久しぶり」と友達との再会を喜ぶ子供たちの姿がありました。子供たちの元気な声が戻ってきて、学校も活気付きます。後期も国立市水泳連盟の皆様にご指導いただきます。子供たちの泳力が向上すること、生活リズムが整うことを期待しています。

7月26日(木) より上達するように

 今年度、本校の夏季水泳時には、国立市水泳連盟の方にご指導いただけることになりました。全体的な指導は本校の教員が主に行い、準備・整理運動や泳法指導を水泳連盟の方に主に行っていただきます。本日はその初日ということもあり、7名もの方にご指導いただきました。子供たちの泳力が高まることを期待しています。

7月26日(木) きれいな学校をめざして

 本校の2名の用務嘱託員は、お掃除名人です。時間があれば廊下や階段の掃除をしてくれます。もちろん、子供たちも掃除をしますが、大人数が過ごす学校ですので、子供たちの掃除を補う形で行ってくれます。今日は1階階段前の廊下に写真のような立て札がありました。ワックスがけのお知らせです。2学期、子供たちを気持ちよく迎え入れる準備です。

7月25日(水) 子供たちが戻ってきました

 夏季水泳指導が始まりました。今日は昨日の気温より2,3度低く、子供たちは気持ちよくプールに入っていました。写真は、8時45分から始まる3・4年生の部の様子です。「校長先生、楽しいです。」「もう少し、水が冷たいといいな。」と感想を教えてくれました。子供たちが頭と心と体を鍛える夏休みになることを願っています。

 夏季水泳指導と同時に学習相談もスタートしました。写真は6年生が学習をしている様子です。全体の約半分の子供たちが参加し、涼しい環境の中で一生懸命学習に取り組んでいました。指導に当たる2名の教員に、「先生、ここを教えてください。」と積極的に質問する子供も多く見られました。

7月25日(水) 教員もがんばります

 教員にとって、長期休業日中は自らの指導力を高める絶好の機会です。今年度、プログラミング教育推進校の指定を受けたこととに関連して、提携している民間企業から講師を招き、2時間の研修会を行いました。実際にロボットを動かしながら、そのねらいや仕組みを確認しました。写真は、プログラミングされたドローンに驚いている教員の様子です。

 国立市立小・中学校の2・3年次の教員が集まり、本校で研修会を開催しました。本日は、模擬授業を通して指導力を向上させることが目的です。本校からは該当する2名の教員が参加しました。写真は、大道教諭が国語の模擬授業を行っている場面です。

7月24日(火) 授業改善に向けて

 7月5日(木)に5年生が実施した「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の教員による自校採点を行いました。教員が自ら採点を行うことで、成果や課題をより実感的に明らかにできるメリットがあります。写真は、職員室での採点場面です。今後は、採点結果を分析し、授業改善に生かしてまいります。

7月24日(火) 教職員の人権感覚を高める

 人権教育の教員研修を行いました。本日は様々な人権課題の中から「同和問題」と「性同一性障害者」を取り上げ、人権教育担当教員が講師となって説明、協議を行いました。あらゆる偏見や差別をなくすために、学校教育の果たす役割が極めて重要であることを再認識しました。今後も、計画的な研修を行い、教職員の人権感覚を高めてまいります。

7月21日(土) デイキャンプ

 育成会主催のデイキャンプが、午後2時から8時まで本校で開催されました。本日も猛暑だったため、場所や内容が一部変更されました。班ごとに教室でいろいろな遊びを行った後、保護者や地域の方が作ってくださったカレーライスを校庭の芝生の上で食べました。「おいしいね!」と何杯もおかわりをする子供もいました。

 夕食の後はお待ちかねのキャンプファイヤーです。火を囲みながら、楽しいゲームやダンスをしました。子供たちの安全を守るために、消防団や防犯協会の方も応援に駆けつけてくださいました。きっと、子供たちの心に大きな思い出として残ったはずです。地域の多くの方にご協力いただきましたこと、心から御礼申し上げます。

7月20日(金) 1学期終業式

 1学期の終業式を行いました。合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」を実現するためのに設定した2つのキーワード「めあて」と「ともだち」に焦点をあて、6年生と5年生のがんばりや授業の様子を取り上げながら話をしました。その後の夏休みの生活に関する話も含めて、子供たちはしっかり話を聞くことができました。

7月20日(金) みんながんばりました。成長しました。

 終業式後、各学級では通知表(あゆみ)が学級担任から子供たち一人一人に手渡されました。その際、1学期に頑張ったこと、成長したことをたくさん伝えていました。写真は、1年生の教室の様子です。一人一人名前を呼ばれ、学級担任から手渡されていました。周りの友達は「がんばったね」という思いを込めて、大きな拍手を送っていました。

7月19日(木) 明日は終業式です

 早いもので、明日は1学期最終日です。各学級では、1学期を振り返る活動とともに大掃除が行われました。1学期、みんなで楽しい時間を過ごした教室に感謝の気持ちを表すように、一生懸命掃除をする姿が見られ感動しました。写真は2年1組の大掃除の様子です。

7月18日(水) 命を守る

 4年生が着衣水泳を行いました。これは、水着での泳ぎ方と異なる状況を身をもって体験し、水に関わる不慮の事故に遭った時の対応の仕方を学ぶことが目的です。服や靴を身に着けて入水した感覚は予想以上だったようです。本日は、猛暑だったので、子供たちの安全を確保するために校庭及び体育館の使用を中止いたしました。

7月17日(火) 猛暑が続きます

 猛暑が続いています。天気予報によれば、2つの高気圧が重なっていることが原因のようです。学校では、クーラーを適切に使うとともに水分補給、帽子の着用など、子供たちが熱中症にならないよう細心の注意を払っています。ご家庭でも栄養・睡眠・休養等にご留意ください。写真は1・2年生の水遊びの様子です。本日は検定を行いました。

7月17日(火) 水道水について学びました

 4年生が「水道キャラバン」の授業を受けました。これは、水道水に関する理解や関心を高めることを目的に東京都水道局が実施しているものです。寸劇や映像、実験等、子供たちの集中が続くように工夫された授業で、2時間があっという間に過ぎました。日頃、何気なく使っている水道水。これを機会に興味をもってもらえるとうれしいです。

7月13日(金) 安全な生活を送ろう

 4年生が総合的な学習の時間の学習の一環として、地域安全マップの発表会を行いました。朝の時間(8時20分~8時30分)に全校児童が地域ごとに分かれて発表を聞きました。地図は、「安全な場所」「危険な場所」「防災設備」の3つに色分けされ大変分かりやすかったです。地域の安全を意識して夏休みを迎えてほしいと思いました。

7月13日(金) 「うれしくて泣きそう・・・」

 5年生がそれぞれの学級の道徳の時間に「いいところさがし」を行いました。写真は、5年1組が机を円の形にして、一人一人の紙を回しながら記入している様子です。「えー、書けないよ。」と最初ははずかしがっていた子供もいましたが、時間が経つにつれて真剣に考える様子が見られました。

 5年2組の授業の最後の様子です。「うれしくて泣きそう・・・。」そうつぶやいた男子の周りに数名の友達が集まってきて、その子供のいいところが書かれたワークシートを読んでいる場面です。学級担任が私に知らせてくれたのですが、何だかこちらも心が温かくなりました。すてきな学級・学年をつくってほしいとあらためて感じました。

7月12日(木) ゲームで親しもう

 5年生の外国語の授業です。今日は「曜日や教科名に親しむこと」がめあてです。子供たちは教科の中から9つ選び、ビンゴゲームを楽しんでいました。ゲームを行うことで楽しみながら学べるとよいと思います。担当教員は、ゲーム自体が目的にならないよう、上手に授業を構成していました。

7月11日(水) ピーポくんの家はどこ?

 地区児童会を開催しました。1学期の集団登校について地区ごとに話し合いをしました。どの地区も建設的な話し合いが行われていました。担当の保護者の皆様、ありがとうございました。その後、集団下校の際には「ピーポくんの家」の確認を行いました。緊急事態の際には、ためらわずに助けを求めることができるように今後も指導をしていきます。

7月11日(水) 体罰根絶に向けて

 体罰防止校内研修を行いました。どのような行為が体罰や暴言等に当たるのか、なぜ体罰を行ってはいけないかについて理解を深めるとともに、事例研修を通して体罰に依らない具体的な指導を考えました。研修を進める中で、あらためて子供への指導の在り方や大切に育てられているご家族の愛情について深く考える機会となりました。

7月9日(月) わくわくタイム(第5回)「時と人生」

 正森教諭が行いました。小学校時代から社会人になるまでの貴重な写真をもとに、それぞれの時代で感じたことや考えたことを子供たちに話してくれました。私が一番印象に残ったのは、「誰でも時は過ぎていく」というお話です。子供たちは、今を一生懸命に生きていく大切さを学んだのではないかと感じました。

7月6日(金) 楽しいひととき

 ゲーム集会がありました。今日は○×クイズ。国立四小に関するクイズが4問出されました。お題は、「全校児童数」「教室の数」「先生の誕生日」。おもしろかったのは、「○○先生の特技は腕相撲である」答えが発表されるたびに大きな歓声が上がっていました。準備をしてくれた集会委員会の皆さん、お疲れさまでした。

7月5日(木) 学力向上をめざして

 5年生が、「児童・生徒の学力向上を図るための調査」を行いました。国語、社会、算数、理科の順にそれぞれ40分間の調査を行います。両クラスとも張りつめた空気の中、真剣に取り組んでいました。子供たちは長時間の調査で疲れたことと思います。今後は、調査結果を分析し、学校全体で引き続き学力向上に向けて取り組んでまいります。

7月4日(水) すてきな6年生

 6年生は素敵だなあといつも思うことがあります。それは、男女仲が良いことです。高学年になると異性を意識し始め、距離を置くことがよく見られます。しかし、昨年度の6年生も今年度の6年生も男女仲が良く、それは本校のよき伝統になっています。写真は教室での授業です。男女横に並ぶ机が仲の良さを表していると思いませんか。

7月4日(水) 季節を感じながら

 梅雨が明け、猛暑が続いています。6年生の教室の廊下側に、すてきな作品が掲示されました。青いうちわに漢字一文字。涼しさを表しています。講師の先生にご指導いただき、どれもしっかりした字です。子供たちに日本の四季を感じさせながら学習を進めていただいていることをうれしく思います。

7月3日(火) 「いっぱいとれたよ!」

「校長先生、いっぱいとれたよ!」登校した2年生が遠くから大きな声で伝えてくれました。手には溢れんばかりのたくさんのミニトマトが。2年生が生活科で育てているものです。その子供の笑顔とミニトマトのおいしそうな様子を思わずパチリ。どちらも輝いていました。ミニトマトは家に持ち帰って食べるそうです。

7月3日(火) 全校朝会「自分の身を守る」

 自分の身を守ることを目的に、「ピーポくんの家」の紹介をしました。民家やお店がステッカーを貼り、不審者遭遇時や災害時等における子供たちの安全を確保してくれる仕組みです。分かりやすく理解させるために、教員による寸劇を行いました。写真は、「ピーポくんの家に住んでいる人」役の副校長先生が説明をしている場面です。

7月3日(火) 避難訓練

 職員室から出火した想定で避難訓練を行いました、大変暑い中でしたが、子供たちはおしゃべりをせず、防災頭巾を被り、速やかに避難することができました。すばらしい態度でした。最後に、火災時には煙で亡くなる方が多いことを伝え、本日のように短時間で避難する大切さを伝えました。

7月2日(月) 快晴、そして子供たちの元気な声!

 雲一つない快晴です。そして暑い朝を迎えました。子供たちが元気に登校しました。先週6月29日(金)、関東甲信越地方に昨年より7日間早い、また例年より22日も早い梅雨明けが発表されました。1年生がお世話をする朝顔にたくさんのきれいな花が咲き始めました。今日から個人面談です。子供たちの成長を共に喜び合いたいと思います。

過去の「夢いっぱい 感動いっぱい(校長室から)」

学校概要

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198