「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」を合言葉に、心たくましく、しなやかな児童を育てます。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 平成29年4月1日に国立市立国立第四小学校に着任した市川晃司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、近年、少子化・高齢化、情報化やグローバル化といった社会変化が、人間の予測を超えて加速度的に進展するようになってきており、どのような職業や人生を選択するかにかかわらず、すべての児童の生き方に影響するものとなっています。このような時代だからこそ、児童一人一人が予測できない変化に受け身で対処するのではなく、変化を前向きにとらえ、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であると考えます。

 このような状況を踏まえ、文部科学省は、第三期教育振興基本計画において、今後の社会の方向性として、「『自立』『協働』『創造』の3つの理念の実現に向けた生涯学習社会を構築」する必要性を引き続き示しています。具体的には、変化の厳しい予測困難な社会において、一人一人が多様な個性・能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り開いていく力=「自立」、コミュニケーションを図りながら個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かして、ともに支え合い、高め合い、社会に参画できる力=「協働」、自立・協働を通じて更なる新たな価値を創造していくことのできる力=「創造」ととらえ、それらを意図的・計画的に育成することです。

 私は、この思いを児童はもちろんのこと、国立第四小学校に関わるすべての方と共有するため、「自立」を「夢」に、「協働」を「感動」に、「創造」を「チャレンジ」に置き換えます。そして、
「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」
を合言葉としてすべての教育活動に関連づけ、子供たちに知・徳・体のいわゆる「生きる力」を十分かつバランスよく身に付けさせます。その結果、予測困難な社会に対して、たくましくそしてしなやかに生き抜く資質や能力を有した人間の土台作りを推進いたします。


国立市立国立第四小学校長 市川 晃司

 

夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい(校長室から) 画像

1月23日公開

1月23日(木) 友達のよさを認められる人に

 5年2組の教室です。数日前から「ピカイチの花」コーナーが設置されました。日直がその日に輝いていた友達を紹介する活動です。花びらには、「友達が落とした鉛筆を拾ってあげていた」「発表が素晴らしかった」など、心温まる内容が書かれていました。子供たちには、友達のよさを素直に認められる人になってほしいと願っています。

1月22日(水) わくわく、どきどき

 読書週間の取組として、朝の時間に「先生による本の読み聞かせ」を行いました。子供たちは、誰がどんな本を読むのか知らされていません。写真は、特別支援教室「はばたき」の教員が、1年生の教室で読み聞かせを行っている様子です。子供たちが本の世界に深く入り込んでいる様子が伝わってくるようです。

1月22日(水) どんなクラブがあるのかな

 クラブ活動がありました。今回は、来年度からクラブ活動に参加する3年生の見学会を兼ねました。3年生は学級ごとに教室や特別教室、校庭や体育館を周りました。まず6年生が中心となって簡単な説明を行い、その後ゆっくりと見学してもらうクラブが多かったです。写真は、体育館のバドミントンクラブを3年生が見学している様子です。

1月21日(火) 読書週間スタート!

 今日から読書週間が始まりました。今日は、スタンプラリーとして、中休みに私が読み聞かせを行いました。本の題名は「だいすき、でも ゆめみてる」です。おばあちゃんが主人公にあかんぼうのきりんをプレゼントする場面から始まります。120名の子供たちが、輝くようなまなざしで読み聞かせを聞いてくれました。

1月21日(火) 1年生、専科デビュー

 本校では、音楽と図工について、1年生は3学期から専門の教員の授業を受けることにしています。写真は数日前の音楽室の様子です。この日は、数日後から始まる授業のために、お試しで訪問していました。子供たちは机がない椅子だけの状況にやや緊張気味でした。これから、音楽室に1年生の元気な歌声が響くことを楽しみにしています。

 今日の図工室の様子です。先生のお話をしっかり聞いて、準備をしようとしているところでした。図工室はグループで座ります。いつもと異なる状況に子供たちはとても楽しそうです。今後、1年生が発想豊かに作品作りに取組むこと、友達の作品作りから多くのことを学ぶことを期待します。

1月18日(土) 学校公開 ~ご来校、ありがとうございました~

 凍えるような寒さの中、学校公開を開催しました。2校時の途中、10時前から雪も降り始めましたが、多くの保護者、地域の方にご来校いただきました。全校の行事として「書初め展」を開催し、子供たちの力作を見ていただきました。また、学年によってはゲストティーチャーをお招きし、計画されている内容に沿った授業を行う学年もありました。

 2校時には、国立第二中学校吹奏楽部の皆さんをお招きし、ミニコンサートを開催しました。「パプリカ」や「Happiness」など、どれも子供たちが知っている曲で、子供たちは体でリズムをとったり口ずさんだりしながら楽しんでいました。また、保護者や地域の方も多数ご来場いただきました。二中吹奏楽部の皆さんに心から感謝申し上げます。

1月17日(金) 新たなチャレンジ!「読み聞かせ」
※ 明日は、学校公開日です。

 全校集会があり、図書委員会による本の読み聞かせが行われました。本のタイトルは「ちょこっとだけ まいご」。1年生でも理解しやすいフクロウのお話です。今回は、「本を朗読する人」「寸劇をする人」を分けるとともに、「スクリーンに本を映す」という新たなチャレンジがありました。体育館は大いに盛り上がりました。

1月17日(金) ようこそ!国立八小の6年生

 2月のミニバスケットボール大会に向けて、本校の体育館を会場として国立第八小学校の6年生と練習試合を行いました。写真は、試合前に円陣を組んでいる場面です。白熱した試合に応援の声も大きくなりました。練習試合を通して、自分たちの強みや弱みが実感できたようです。今後の練習に生かしてくれることを期待しています。

1月16日(木) 読書集会「読書週間が始まります」

 来週は読書週間が設定されていることに関連して、読書集会を行いました。テーマは「読み聞かせって楽しいな」です。担当教員が分かりやすく寸劇で表現しました。1・2学期同様、「おっほん(本)博士」も来校してくださり、体育館は大いに盛り上がりました。明日は図書委員会による読み聞かせ集会があります。楽しみです。

1月15日(水) あいさつあふれる学校に

「おはようございます!」さわやかなあいさつは、してもされても気持ちがよいです。今日からあいさつ運動がスタートしました。朝早くから代表委員会の子供たちがやる気いっぱいでがんばっていました。同時に、ユニセフ募金も実施しています。今週の土曜日(学校公開日)まで行いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

1月15日(水) 命を守るために

 避難訓練を行いました。8時20分、大きな地震が発生し、緊急地震速報が発令されたという想定で行いました。写真は、その直後に机の下に入り、頭部を守っている3年生の様子です。私語なくすばやく行動する姿が素晴らしかったです。私からは、平成7年に発生した阪神・淡路大震災にふれ、地震がいつ起きても落ち着いて行動することを伝えました。

1月14日(火)「大きくなったよ!」

 先週の木曜日から発育測定が実施されており、身長と体重を計測しています。本日はその最終日。1・2年生の子供たちが対象でした。「校長先生、大きくなっていました!」とうれしそうに伝えてくれる子供もいました。今回は、主任養護教諭が「姿勢」の講話をしました。写真は、背骨の模型を使って2年生に説明している場面です。

1月14日(火) 真剣な姿勢、真剣なまなざしで

 6年生が最上級生としてますますしっかりしてきました。写真は、プレイルームで書き初め「夢の実現」を書いている様子です。凛とした姿勢、表情はまさに真剣そのもの。最上級生としての風格が漂っています。先生の説明をしっかり聞き、気持ちを込めて書き始めました。教室には、卒業カレンダーが「48」になっていました。

 3校時には、社会科学習の一環として原爆・戦争体験伝承者講話を実施しました。国立市役所の事業で、語り部の方が説明をしてくださいました。昨年まで被爆者の立場でお話をされていた方の幼少期にスポットを当て、原爆投下の瞬間を中心にその前後の状況を分かりやすく説明してくださいました。6年生の子供たちの真剣なまなざしが印象的でした。

1月10日(金) 学習を深める(5年生 校外学習)

 5年生が社会科の学習の一環として、校外学習を行いました。午前中はNHKスタジオパークへ行きました。前半は、職員の方にテレビ放送全般について分かりやすく説明していただきました。後半は、スタジオパークをグループごとに見学・体験しました。写真は、子供たちがニュース番組のキャスターに挑戦している様子です。

 午後は、森永乳業東京多摩工場を訪問しました。前半は、係の方から工場全体の説明をしていただきました。その後、牛乳やヨーグルトを製造している過程を見学させていただきました。子供たちは、オートメーション化されている様子を興味深く見学していました。また、写真のようにお土産としてヨーグルトをごちそうになりました。

1月9日(木) 世界に視野を広げる

「ユニセフ」を内容とした全校集会があり、代表委員会の児童が説明をしてくれました。世界には安全な水を飲むことができない人々が22億人いること、小学校に通えない子供が6300万人もいることなどを伝え、全校児童は日本との違いに驚いていました。来週からユニセフ募金を行います。ご家庭でも話題にしていただけたらと思います。

1月8日(水) 新たな気持ちで ~新年、明けましておめでとうございます~

 3学期が始まりました。朝は曇り、10時過ぎから雨、正午過ぎには晴れという目まぐるしく変わる天気の一日でした。児童の校舎内での安全確保のために、今日から昇降口(玄関)の開門時刻を8時とさせていただきました。大きな混乱もなく実施することができました。集合時刻、出発時刻の変更等、ご協力ありがとうございました。

 始業式の様子です。「家族」と合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」をテーマに話をしました。5名の先生方にも壇上に上がってもらい、同じテーマで話をしてもらいました。子供たちは静かに、そして反応よく話を聞いてくれました。終了後は教室に戻り、新年または3学期の目標を設定しました。

過去の「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい(校長室から)」

学校概要

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198