「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」を合言葉に、心たくましく、しなやかな児童を育てます。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 学校長挨拶

学校長挨拶

 平成29年4月1日に国立市立国立第四小学校に着任した市川晃司と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、近年、少子化・高齢化、情報化やグローバル化といった社会変化が、人間の予測を超えて加速度的に進展するようになってきており、どのような職業や人生を選択するかにかかわらず、すべての児童の生き方に影響するものとなっています。このような時代だからこそ、児童一人一人が予測できない変化に受け身で対処するのではなく、変化を前向きにとらえ、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であると考えます。

 このような状況を踏まえ、文部科学省は、第三期教育振興基本計画において、今後の社会の方向性として、「『自立』『協働』『創造』の3つの理念の実現に向けた生涯学習社会を構築」する必要性を引き続き示しています。具体的には、変化の厳しい予測困難な社会において、一人一人が多様な個性・能力を伸ばし、充実した人生を主体的に切り開いていく力=「自立」、コミュニケーションを図りながら個人や社会の多様性を尊重し、それぞれの強みを生かして、ともに支え合い、高め合い、社会に参画できる力=「協働」、自立・協働を通じて更なる新たな価値を創造していくことのできる力=「創造」ととらえ、それらを意図的・計画的に育成することです。

 私は、この思いを児童はもちろんのこと、国立第四小学校に関わるすべての方と共有するため、「自立」を「夢」に、「協働」を「感動」に、「創造」を「チャレンジ」に置き換えます。そして、
「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」
を合言葉としてすべての教育活動に関連づけ、子供たちに知・徳・体のいわゆる「生きる力」を十分かつバランスよく身に付けさせます。その結果、予測困難な社会に対して、たくましくそしてしなやかに生き抜く資質や能力を有した人間の土台作りを推進いたします。


国立市立国立第四小学校長 市川 晃司

 

夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい(校長室から) 画像

11月19日公開

11月19日(火) 自分たちのために、学校のために

 先日の国立市青少年音楽フェスティバルでは、大きな感動を与えてくれた5年生。今日は学校のために働く場面がありました。写真は掃除の時間の様子です。本校では、落ち葉の多い時期に「落ち葉はき」を学級ごとにお願いしているのですが、今日は5年1組の皆さんが一生懸命集めてくれました。用務主事も「ありがたいです」と感心していました。

 6校時には、展覧会の片付けを5年生全員が行いました。説明を受けた後、布を折りたたんだり机やいすを移動して片付けたりする作業を一生懸命行いました。大変な仕事でも笑顔と明るさで前向きに取り組めるところがすばらしいと感じました。今の6年生が準備で手本を見せ、あるべき姿を示してくれていることがつながっていると感じました。

11月16日(土) 学校公開 ~ご来校、ありがとうございました!~

 朝方は今季一番の寒さだったものの、日中は暖かい陽気の午前中でした。毎回のことですが、本当にたくさんの保護者、地域の皆様にご来校いただき感謝の気持ちでいっぱいです。保護者や地域の方にご来校いただき、子供たちに温かいまなざしや拍手を届けてくださることで子供たちは一歩一歩成長します。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 今回は展覧会(保護者鑑賞日)を同時開催いたしました。美術館に変身した体育館にも多くの保護者、地域の方にご来場いただきました。今日は、1~4校時まで5・6年生の各学級が子供ガイドを行いました。自分の持ち場に来られた方に「ガイドはいかがですか」「ガイドを聞いていただけますか」と声をかけ、一生懸命説明をしていました。

 3年生が国語「すがたをかえる大豆」の授業の一環として、キッコーマンの方をお招きし特別授業を行っていただきました。醤油が大豆からできていること、醤油のもとになるものなどの基本的な内容とともに、おいしく楽しい食事になる時間になるために心がけたいことについても教えていただきました。

11月15日(金)「すてきな作品!」 ※明日は学校公開日(展覧会を同時開催)です。

 1・2校時、展覧会の子供ガイドを行いました。4年生がガイド役になって、各学年の作品を1年生に説明するという取組です。4年生はこの日のために、相手意識を大切にしながら一生懸命練習に励んできました。体育館に入った1年生は様々な作品に「すごい」と感動し、4年生の説明を受けて「ふむふむ」とうなずく姿が見られました。

11月15日(金) 自分たちで考えて行動する

 8時5分、校庭の周りを走る数名の6年生の姿を見かけました。「どうしたの?」と聞くと、2月のミニバスケットボール大会に向けて体力づくりを始めたとのこと。場所が限られているので、校庭のバスケットボールコートで練習するグループと分かれて走っているとのことでした。自分たちで目標に向かって取り組む姿に感動しました。

11月15日(金) みんなできれいな学校に

 朝、全校クリーン活動を行いました。本校の敷地には様々な樹木があり、秋から冬に移りゆく季節になると、大量の葉が落ちます。少量であれば用務主事が片付けるのですが、この時期の量は並大抵ではありません。各学年である程度の場所を決めて葉を集めました。終了後は、きれいになった状況をみんなで喜び合いました。

11月14日(木) 展覧会スタート!

 展覧会がスタートしました。今日と明日は児童鑑賞日になっています。本日は、4年生、2年生、6年生の順で児童が体育館で鑑賞を行いました。学級担任の「友達の作品のよさを見付けましょう」という指示を受け、子供たちは作品の世界にじっくりと入り込み、よさをワークシートに記していました。保護者鑑賞日は学校公開日の土曜日です。

11月14日(木) 課題を見付け、解決する

 1・2校時、5年生が総合的な学習の一環として、プレイルームで野外体験教室の発表会を行いました。9月20日には全校児童に向けて報告会を開催しましたが、本日の会は趣旨が異なります。自分で課題を見付け解決した内容を発表するというものです。八ヶ岳の野菜や酪農、生き物など、プレゼンソフトや画用紙で分かりやすく発表できました。

11月13日(水) 楽しく覚えます

 2年生がカードとにらめっこしていました。よく見ると、机の上に5の段のカードが置いてあり、順番を代えながら覚えていました。2年生は、先週までかけ算の意味をしっかり理解する授業を行いました。今週から5の段→2の段→・・・の順番で学びます。「普通に」「逆から」そして「ランダムに」様々な方法で楽しく覚えます。

11月12日(火) ルールやマナーを身につけさせる

 3年生が校長室前を通りました。おしゃべりをせず廊下の右側を整然と歩いています。「こんにちは」とあいさつすると「こんにちは」と笑顔で応えてくれました。理科の授業で屋上へ移動する途中だそうです。素敵な歩き方、あいさつに心がぽっと温かくなりました。子供たちは学校でもルールやマナーを学び、人間力を高めています。

11月11日(月) カウントダウン

 展覧会が迫ってきました。14日(木)・15日(金)が児童鑑賞日、16日(土)が保護者鑑賞日となっています。その日は学校公開を兼ねていますので、ぜひご覧ください。今日は、各学年の立体作品を体育館に搬入しました。写真は2年生の様子です。「どう展示したら素敵かな?」子供たちは置く角度にも気を付けて配置していました。

11月11日(月) 見て、触って、積み立てて・・・

 1年生の教室へ入ると、カラフルで様々な形の箱がたくさんありました。算数「かたちあそび」の授業です。この単元では、箱を見たり、触ったり、積み立てたりしながら、様々な形の特徴を見つけていきます。保護者の皆様には、ご家庭で箱をご準備いただきありがとうございました。

11月8日(金) 学びに向かう力

 登校した子供と算数少人数担当の教員が、職員室前でノートを見ながら話をしていました。「どうしてこうなるのですか」と質問する子供に対して、「これはね、・・・」と説明をする担当教員。すてきな光景だと思いました。後で聞いてみると、昨晩、保護者の方と一緒に自主勉強をしていて疑問に思ったことを質問したとのことでした。

11月8日(金) 映像を効果的に活用して

 テレビ集会を行いました。内容は、保健委員会による「インフルエンザの予防」です。まず、クイズが3問出され、子供たちの興味・関心を高めます。すばらしかったのはその後です。マスクの着用の仕方と手の洗い方を実演しました。細部まで分かりやすい説明に、教室で視聴していた3年生は自分で手を動かして試していました。

11月7日(木) 魅力ある授業をめざして

 11月29日(金)にプログラミング教育推進校としての研究発表会を開催します。本校に集まった国立市立小学校の全教員に対して、本校の教員が授業を公開します。本日の1校時には、2年生の教室で音楽の教員が事前授業を行いました。可能な範囲で他の教員が参観しました。放課後には、授業について建設的な協議を行います。

 校庭から大きな歓声が聞こえてきました。行ってみると、2年生が体育で「ボール遊び」の授業をしていました。しばらくすると、グループに分かれて作戦会議です。ホワイトボードを使って、相手チームに勝つための作戦を話し合いました。やり方を一方的に教えるのではなく、子供たちに考えさせることを大切にしたいと思います。

11月6日(水) 本番が楽しみです

 2年生が生活科「町たんけんに出かけよう」の学習で、学校近くの国立市北区商店会を下見見学しました。11月下旬には、グループごとに分かれて保護者の方にもご協力いただきながら、インタビューをして商店会の秘密を探ります。今日は、どのようなお店があるのか、安全面で気を付けること等について実際に歩いて確かめました。

11月5日(火) リーダー、6年生!

 1校時、6年1組では書写(毛筆)の時間でした。「友情」と大きくプリントアウトされた紙が黒板に貼られ、子供たちはしっかりと教員の説明を聞いていました。授業に主体的に取り組む6年生に大きな成長を感じます。卒業まであと5か月になりました。文字通り「友情」を育み、よき思い出と自信をもって進学してほしいと思います。

 連休前、11月1日(金)6校時の写真です。展覧会準備を6年生が体育館で行いました。設置場所の土台を作る重労働です。学年ごとのブースに分かれた6年生は、担当教員の指示を受けながら嫌な顔一つせずに作業を行っていました。この姿が伝統となってよりよい国立第四小学校を作っていくはずです。

11月1日(金) いよいよ11月、2学期も後半に入ります

「おはようございます!」登校してきた1年生2名が遠くからあいさつをしてくれました。「さわやかな朝ですね」と声をかけると、「太陽で体がぽっかぽかです」と答えてくれました。11月は展覧会、プログラミング教育研究発表会と大きな行事があります。学校力を高めるチャンスととらえ、教職員一同、前向きに教育活動に取り組みます。

11月1日(金) 圧巻、そして感動!

 全校集会では、「展覧会オープニングセレモニー」と題し、児童一人一人が図工の時間に制作した巨大貼り絵「葛飾北斎作 富岳三十六景『凱風快晴』」の披露を行いました。司会・進行は代表委員会の児童が務めました。写真は、シートが外される瞬間の様子です。11月15日(金)・16日(土)の展覧会、ご期待ください。

10月31日(木) 子供の興味・関心を高めるために・・・

 4年生の外国語活動の授業です。黒板には「めあて」として「おばけの名前を小文字で覚えて言ってみよう。」と書かれていました。「ghost」「bat」などのお化けの絵と文字も掲示されています。子供たちはグループになって、カードのアルファベットを組み合わせて単語を作っていました。今日はハロウィン。楽しく活動していました。

10月31日(木) 学年をこえて

 2年生が生活科「おもちゃランド」の学習で、1年生を体育館に招待してお店を開きました。19のブースはどこもにぎやかで、「いらっしゃい、いらっしゃい!」のかけ声に、1年生は笑顔で参加していました。2年生はお兄さん、お姉さんとして、1年生にとっては来年度に向けても大変価値のある学習活動です。今後も学年をこえた学習活動を積極的に行ってまいります。

10月30日(水) 卒業まであと・・・

 肌寒い昨日から一転、朝から青空が広がり、日中は汗ばむような陽気になりました。中休みには卒業アルバムの職員写真を撮影しました。6年生にとって宝物になる卒業アルバム。教職員もしっかりした服装とさわやかな笑顔で撮影に臨みました。気付けば卒業まであと5か月。6年生が成長を実感して卒業できるよう、力を尽くしてまいります。

10月30日(水) すごいぞ1年生!

 1年生がパソコン室でプログラミング教育の学習を行いました。「アワーオブコード」という教材(アクティビティー)で、タブレットを使って活動に取り組みます。学級担任の説明をしっかり聞いた後にさっそく開始。ICT支援員が「吸収が早くて、どんどん先に進みます」とびっくりするほど充実した学習を行うことができました。

10月29日(火) 全校朝会「動物、植物を大切に」

 校長室に置いている「ポトス」の鉢植えを子供たちに紹介しました。その後、4月から現在まで、子供たちと動物または植物が直接関係している教育活動の写真を20枚ほど紹介しました。予想上に関わっていることを子供たちは実感したようです。動物、植物を大切にすることで、命を大切にする子、心やさしい子に育つことを願っています。

10月29日(火) みんなで成功させます

 体育館に行くと、2名の用務主事が舞台の上で作業をしていました。展覧会で披露する巨大貼り絵「葛飾北斎作 富岳三十六景『凱風快晴』」の枠組みを作っていました。掃除名人、ものづくり名人の二人ですが今日はシフトチェンジです。展覧会を一緒に作り上げているような気持になり大変うれしく思いました。展覧会まであと2週間です。

10月27日(日) 地域の皆様に支えられて

 第3回四小避難所運営委員会が北プラザで開催され、9月に実施した合同総合防災訓練の反省が行われました。近年、地震や台風により学校が避難所になり、それをどのように運営するのか大きな問題となっています。本校の児童にとって、防災や自助・共助、そして地域の一員としての意識が高まる貴重な機会になっています。

10月26日(土) 感動、そして一体感

 第6回国立市青少年音楽フェスティバルがくにたち市民総合体育館で開催され、本校からは5年生が出場しました。大きな会場に緊張した様子でしたが、リハーサル、そして直前の練習により少しずつリラックスできたようでした。写真は本番1分前、担任の先生が子供たちの緊張をほぐしている場面です。

 合唱「地球星歌」、合奏「情熱大陸」を披露した子供たち、最高でした。子供らしさとともに頭声的な歌声、言葉のごとく情熱的で楽し気な雰囲気の演奏に身震いするほどの感動をもらいました。保護者、地域の方も多数来場され、子供たちの姿にみんなが笑顔になりました。終了後は、関係者全員が集まり、再度子供たちへ大きな拍手を送りました。

10月25日(金) 4月にお待ちしています

 就学時健康診断を行い、来年度入学予定のお子様と保護者の方が来校されました。強い雨の中での実施となりましたが、無事終了いたしました。校舎内を歩きながら「小学校は大きいね」「見て見て、これすごいね」と小学校に興味をもつお子さんがたくさんいてうれしく思いました。4月、お子様のご入学を心よりお待ちしております。

10月24日(木)「5年生、すごい!」

 全校集会で5年生が合唱「地球星歌」、合奏「情熱大陸」を披露しました。朝一番の活動でしたが、透き通るような声、情熱的な演奏で会場を魅了しました。今日の発表を経験して、5年生は一段と自信を高めたと思います。明後日10月26日(土)の本番が楽しみです。

 5年生以外の学年の子供たちは、すばらしい合唱・合奏に心を奪われるように聴き入っていました。終了後は惜しみない拍手が繰り返されました。特に、来年度、音楽フェスティバルに出場予定の4年生は感動したようで、終了後は、「来年度は、自分たちががんばろうという気持ちになりました」と感想を発表していました。

 5年生の合唱・合奏の披露は4年生のみならず、他の学年にも影響を与えています。5校時に音楽室を訪問すると3年2組の子供たちが授業を受けていました。すると、「校長先生、聴いてください」と「あの雲のように」という曲をプレゼントしてくれました。伸びやかな頭声的発声で、「ぼくたちも発表したいです」とうれしい提案をしてくれました。

10月23日(水) 歌声、表情に感動!

 今週の土曜日は「国立市青少年音楽フェスティバル」が開催されます。2校時、本校の代表として出演する5年生が体育館で学年練習を行いました。合唱「地球星歌」、合奏「情熱大陸」です。子供たちの伸びやかな歌声、生き生きとした表情に思わず身震いをするほどの感動を覚えました。明日は、全校児童の前で披露します。

10月23日(水) 久しぶりの太陽、校庭で遊ぼう!

 久しぶりに太陽が顔を出し、気温もぐんぐんと上がった一日でした。中休み、いつもよりたくさんの子供たちが、元気いっぱい校庭を駆け回っていました。「校長先生、汗をかきました」と教えてくれる子供が多くいました。学級担任の先生方も子供たちを誘って鬼ごっこやバスケットボールを楽しみました。明日からまた天気は下り坂のようです。

10月21日(月) わくわくタイム(第8回)
「一歩、ふみ出そう!~ダイビングの世界~」

 永森主任教諭が行いました。趣味であるダイビングについて、自ら海中で撮った写真を紹介しながら説明してくれました。また、クイズも交えながらダイビングの魅力を伝えてくれました。最初は、「怖い」「不安」な気持から、誘われても断っていたそうです。しかし、実際にチャレンジして、「一歩踏み出すこと」の大切さを実感したそうです。

10月21日(月) 絆を深めよう

 給食後に地区遊びを行いました。登校班ごとに遊び、班の団結を深めることが目的です。写真は、校庭でドッジボールする前に、6年生が遊び方の説明をしている場面です。この他にも、集合場所が分からなくなった1年生を迎えに行ったり、けがをした下級生を保健室に連れていく6年生の姿が見られ、大変うれしく感じました。

10月19日(土) 学校公開 ~ご来校、ありがとうございました~

 学校公開を実施しました。雨模様のスタートになりましたが、早朝よりたくさんの保護者、地域の方にご来校いただきました。写真は、1年生の合同体育「走・跳の運動遊び」の様子です。リレー遊びで楽しく運動する姿とともに整列、体育座りなどもしっかりできるところを見ていただきました。

 2年生です。生活科「おもちゃランドをひらこう」の学習で、保護者や地域の方にお客さんになっていただきました。また、どんな遊びなのか、実物や画用紙を使って分かりやすく説明していました。今日を迎えるまで、2年生は保護者や地域の方を意識して練習をしていました。今後は、1年生への発表会に向けて練習を進めます。

 3年生です。セーフティ教室では、前半は「いかのおすし」の合言葉としたDVDを視聴しました。また、後半は、講師としてお招きした立川警察署の方とロールプレイを通して身を守る方法を学ぶとともに、質疑応答も行いました。保護者、地域の方もたくさん参観していただき、「自分の身は自分で守る」ことをみんなで考えました。

 4年生です。保健の授業の一環として、ヤクルトの方を講師としてお招きし、「おなか元気教室」を開催しました。「健康状態は『うんち』で分かる」ことを教えていただくとともに、おなかの状態をよりよくするための方法について詳しく教えていただきました。いつも行っている保健の授業がさらに深まる貴重な機会となりました。

 5年生です。オリンピック・パラリンピック教育の一環として、車いすバスケットボールの選手である根木慎志様を講師としてお招きし、「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい パラリンピック」と題し、お話をうかがいました。終了後には、しっかり話を聞いていた5・6年生にお褒めの言葉をいただきました。

 6年生です。セーフティ教室の一環として、ライン株式会社の方を講師としてお招きし、ラインを含むSNSのよさと課題について分かりやすく説明していただきました。携帯電話をすでに持っている子供もいて、真剣な眼差しで説明を聞いていました。本日は、たくさんの保護者、地域の方にご来校いただきました。ありがとうございました。

10月18日(金)「〇〇先生だ!」  ※明日は学校公開日です。

 読み聞かせ集会を実施しました。今までは、教員と教室、読む本があらかじめ決まっていて子供たちが選ぶやり方でしたが、今回は初めての取組でした。子供たちはそれぞれの教室で待機していて、どの教員が来るのか分からないドキドキワクワクの状況を作りました。写真は、1年1組で読み聞かせを行った北元主任養護教諭です。

10月17日(木) 笑顔いっぱい、成長を感じました

 1年生と校外学習に行きました。場所は西国分寺駅から徒歩5分、都立武蔵国分寺公園です。何よりもうれしかったのは、1年生全員が元気に参加できたことです。写真は、朝、職員室に掲示された出欠表です。(校外学習時には、このように出欠を明らかにしています。)「楽しみでなかなか眠れなかった」と何人もの子供が言っていました。

 生活科の学習の一環として、虫探しと木の実採りを行いました。写真は「バッタ広場」での虫探しの様子です。子供たちはバッタはもちろん、様々な虫を見つけては歓声をあげていました。その後、どんぐりや松ぼっくりをたくさん拾い、袋にいっぱい入れていました。お弁当もおいしく楽しくいただき、最高の思い出を作ることができました。

10月16日(水) 学校力の向上を目指して

 国立市教育委員会訪問がありました。午前中は、学校経営方針について説明を行うとともに、全教職員の授業を参観していただきました。午後は、2年2組担任の川島教諭が今年度本校が研究を行っているプログラミング教育の研究授業を行い、参観していただきました。子供たちは試行錯誤しながらロボットを動かして楽しんでいました。

 研究授業終了後、研究協議会を行いました。今年度の校内研究について研究主任から、そして今回の研究授業を提供した低学年ブロックから説明をした後、協議を行いました。教育委員会の先生方からも講評をいただき、研究が一層深まりました。11月29日(金)のプログラミング教育研究発表会にも弾みがついた一日となりました。

10月15日(火) 元気に登校、笑顔で学校生活

 土曜日を中心に台風19号が関東地方を通過しました。このたび、お亡くなりになった方に謹んで哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた方へ心よりお見舞い申し上げます。本校においては、校舎内外ともに雨漏り以外に大きな被害はありませんでした。写真は、校舎内に一時避難した二羽のうさぎです。

 三連休後でしたが、子供たちは元気に登校しました。笑顔の子供が多く大変うれしく感じました。写真は、4年生の体育の時間の様子です。みんなで協力してハードルを準備していました。明日は国立市教育委員会訪問です。子供たちが生き生きと学校生活を送っている姿、教職員の熱意や深い教育的愛情が伝わる一日になればと思っています。

10月11日(金) 国立第四小学校がますますよくなるように・・・

 全校集会があり、後期委員会の委員長があいさつと活動内容の説明、全校児童へのお願いをしました。委員長はすべて6年生なのですが、堂々と発表をすることができました。委員長発表の前には、担当教員が「委員会活動」について1年生にも分かりやすく説明をしました。今後も、委員会活動を柱によりよい学校づくりを行ってまいります。

10月10日(木) 楽しい思い出になりました 

2年生が校外学習として多摩動物公園に行きました。ねらいは3つ、「発見」「協力」「安全」です。子供たちは3つのめあてを意識して、しっかり行動することができ、帰校した際には大いにほめました。特に「発見」は100点満点でした。写真は往路で、国立駅のホームで中央線を待っている様子です。

 多摩動物公園は多くの幼児、児童でにぎわっていました。係員の方に聞くと何と30団体が来園しているとのこと。穏やかな天気の中、たくさんの動物を楽しむことができました。本校の児童の反応が大きかったのがサルと昆虫園のチョウです。写真はたくさんのチョウに圧倒されて大きな歓声があがっている場面です。

10月9日(水) スーパーマーケットの工夫を探せ!

 3年生が社会科の学習の一環として、スーパーマーケット「オリンピック」を訪問させていただきました。子供たちはグループに分かれ、たくさんの発見をしてワークシートにまとめていました。途中、働いている方にインタビューする姿もありました。また、周りのお客様に迷惑にならないよう、静かに見学することができました。

 見学終了後、店員の方に様々な質問をさせていただきました。「働いている人はどんなことをしているのですか」「働く上で工夫していることはありますか」等、事前に準備してきたこと、実際に見学して疑問に思ったことを積極的に質問していました。お忙しい中ご協力いただいたオリンピックの皆様、本当にありがとうございました。

10月8日(火) 音楽の秋、芸術の秋

 原島用務嘱託員の奥様が所属する音楽サークルの皆様、小松ICT支援員をお招きし、ミニコンサートを開催しました。主に南アメリカの音楽を演奏しているそうで、本日は「コンドルは飛んでいく」等2曲を演奏していただきました。2曲目は、子供たちも様々な打楽器で飛び入り参加。心豊かに一日のスタートを切ることができました。

 廊下を歩けば、「芸術の秋」を感じさせるコーナーが。図工室の前の廊下に「国立四小美術館」があり、3年生の作品「自然との対話」が展示されていました。野菜や果物を鉛筆、絵の具で描き、仕上がった作品に川柳を加えたものです。子供たちが見たまま、感じたままの純粋な作品が並び、通る子供たちもじっくり鑑賞していました。

10月7日(月) わくわくタイム(第7回)「チャレンジいっぱい!楽しいね!」

 森谷主任教諭が行いました。まず、「私のチャレンジクイズ」を2問行い、今までの人生で一番チャレンジしたと感じることを教えてくれました。その上で「チャレンジする価値は人によって異なる」ことを伝え、代表児童3名にインタビューを行いました。「パリに行ってケーキ作りを学びたい」など、すてきなチャレンジを発表してくれました。

10月4日(金) 新しい集会に大盛り上がり

 音楽集会を行いました。今回は初めての試み「楽器の音色クイズ」でした。全校児童から見えないステージ脇で楽器の音色を鳴らし、何の楽器か当てる3択クイズです。子供たちは、馴染みのある音色、初めて聴く音色を楽しんでいました。今年の合言葉には「チャレンジ」が加わっています。今後も新しい取組に積極的にチャレンジします。

10月4日(金) 体育×プログラミング

 6年1組の志村教諭が研究授業を行いました。体育「バスケットボール」です。「作戦を考え、磨く中で、位置取りやボールを持っていないときの動きの重要性に気付く」ことがねらいです。各チームがタブレットを持ち、ノートアプリを使って人とボールの動きを考えました。先行事例のない挑戦でしたが、多くの成果を得ることができました。

10月3日(木) 多くのことを学びました

 5年生が国立市南部で稲刈り体験を行いました。訪問するのは、6月の田植えに引き続き2回目です。農業委員会の方の説明をしっかり聞いた後、いよいよ体験です。鎌で慎重に稲を刈り、束ねていく活動を行いました。子供たちは稲の成長の様子や農家の方のご苦労など、様々な学びがあったと感想を述べていました。あらためて貴重な機会であることを実感しました。

10月1日(火) 折り返しです

 令和元年度も半分が終わり、10月に入りました。秋とは言えないような暑さが続いてますが、子供たちはとても元気です。今日の昼休みは、1年生に鬼ごっこを誘われました。校庭を駆け回って汗をかき、気持ちのよい時間を過ごすことができました。年度も後半、充実した教育活動が展開できるよう力を尽くします。

9月30日(月) 木琴の音色に誘われて・・・

 音楽室の前を通ると、木琴のすてきな音色が聞こえてきました。音楽室の中では、3年生が「ゆかいな木きん」という曲を上手に木琴で演奏していました。授業の最後には、リコーダーを吹くグループも加わってさらにすてきな曲に仕上がりました。演奏し終わった子供たちの顔は笑顔で輝いていました。

9月28日(土) 総合防災訓練を実施しました

 四小・北地区合同防災訓練を実施いたしました。朝早くから四小避難所運営委員会の皆さんを中心にたくさんの方にご来校いただき、様々な準備をしていただきました。写真は、7時45分、体育館で打合せをしている様子です。

 1・2校時は、5年生が中心となってお手伝いをしました。「誘導」「封入作業」「避難所体験コーナーの設置」等です。5年生は与えられた仕事を責任をもって行っていました。また、地域や関係機関の方とコミュニケーションを図りながら作業ができました。写真は、吹き出しのお手伝いをしている様子です。

 3校時には、避難訓練の様子を保護者や地域の方に参観していただきました。防災頭巾をしっかり被り、「お・か・し・も」を守って避難する姿が見られ、100点満点の訓練となりました。

 3・4校時には、各学年、複数の体験活動を行いました。写真は担架搬送訓練の様子です。「頭を少し上にすること」「前の人の足と逆の足で進むこと」など、運び方について細かく教えていただきました。この他にもたくさんの訓練を体験し、子供たちの防災意識を高めることができました。

9月27日(金) 新たなチャレンジ  ※明日は学校公開(総合防災訓練)です

 全校集会があり、読書クラブが「ビブリオバトル」を行いました。「ビブリオバトル」とは、面白いと思った本を紹介しあい、ディスカッションした後、観客が最もおもしろそうだと判断した本を「チャンプ本」として選ぶゲームです。読書活動の充実のために新たな取組にチャレンジした読書クラブの皆さんに大きな拍手が送られていました。

9月27日(金)「梅」について学びました

 和歌山県よりJA紀州の方にお越しいただき、梅に関する授業を行っていただきました。6年生を除く学年が授業を受けました。和歌山県や梅について詳しい説明をしていただいた後、梅ジュース作りを行いました。容器に南高梅12・13個と氷砂糖を段のように入れました。少しずつ溶け、一週間くらいで完成です。出来上がりが楽しみです。

9月26日(木) 読書の秋

 落ち着いて読書を楽しむことのできる季節になりました。本校では年間3回の読書週間を設けて、子供たちが本に親しむための様々な活動を行っています。朝の読書集会では、教員の寸劇を通して本を選ぶ方法について伝えました。途中から「おっほん(本)博士」が登場し、大切なことを教えてくれました。

9月25日(水) あいさつあふれる学校に

 あいさつ週間が始まりました。西門と南門には代表委員会の子供たちが並び、「おはようございます!」と明るくさわやかなあいさつをしていました。それに応える子供たちは自然と笑顔になり、足取り軽く校門をくぐっていました。「あいさついっぱいの学校にしたい」・・・一人一人の子供が自然にそう思えるよう、指導してまいります。

9月25日(水) ダンスで盛り上がりました

 中休みにダンスクラブの発表会がありました。今日の発表会のためにクラブ活動の時間を使って一生懸命練習をしてきた子供たち。体育館にはたくさんの観客が集まりました。音楽にマッチしたダンスを観ていた子供たちからは自然と手拍子が起こりました。保護者の方も来てくださって、体育館は大いに盛り上がりました。

9月24日(火) 全校朝会「『あいさつ』『くつ』で気持ちのよい生活を」

「きもちのよいあいさつ」「くつをそろえること」について私の考えを伝え、個人や学級のすぐれた実践について紹介しました。あいさつに関してはあいさつ名人に実際にあいさつをしてもらい、くつをそろえることについては6年生のくつ箱の様子を写真で示しました。子供たちが「気持ちいいね」と実感できるよう根気強く指導を行ってまいります。

9月20日(金) 120点満点の発表

 全校集会では、5年生が夏休みに実施した「野外体験教室」の発表会を行いました。「フィッシング」「キャンプファイヤー」など、グループごとに工夫した発表が行われました。保護者の方にもたくさんお越しいただきました。終了後は、学級担任が「120点満点の素晴らしい発表でした」とねぎらいの言葉をかけていました。

9月20日(金) 学校110番訓練

 放課後、子供たちが在校中に不審者が校舎内に侵入したという想定で訓練を行いました。立川警察署の方に講師としてご来校いただき、訓練の様子を参観していただきました。訓練終了後には、講評をいただくとともに、さすまたの効果的な使い方等を教えていただきました。この訓練をベースに、より対応力を高めてまいります。

9月19日(木) 実習生の授業を通して学ぶ

 教育実習生が研究授業を行いました。3年生体育「体つくり運動」です。「押し相撲」や「背中合わせ」、「フラフープリレー」など楽しい運動が用意されており、子供たちは意欲的に活動していました。終了後には研究協議会を行い、参観した多くの教員が参加しました。実習生の授業を通して、我々教員も学ぶことができました。

9月18日(水) どう判断・行動する?

 特別支援教室「はばたき」の小集団活動の授業を参観しました。「アサーション」という、よりよい人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルを学ぶ学習です。「自分はドッジボールをしたいけれど、友達に『鬼ごっこやろう』と言われたら・・・」という状況でどのように判断・行動すればよいのか、じっくり考えていました。

9月17日(火) 国立市について学びました

 3年生が社会科の授業の一環で、国立市南部の梨園を訪問しました。梨園を訪問する前には、谷保天満宮や国立第三中学校付近を歩き、自分たちが住んでいる国立市北部との違いを調べました。「水が透き通っている」「高速道路が近いんだね」と様々な気付きがありました。写真は、水田の中のあぜ道を歩いている様子です。

 梨園では、農家の方がていねいに説明をしてくださいました。お話をうかがった後の質問タイムでは様々な内容が。「梨はいくつとれるのですか」「水はどこから流れてくるのですか」「注意していることはありますか」・・・事前に調べてきたこと、お話を聞いて疑問に思ったことを積極的に質問する姿が見られ、大変うれしく思いました。

9月13日(金)「広い校庭で楽しかったよ!」

 1年生の言葉です。本日の朝は、代表委員会の運営で全校ゲーム集会「人間ルーレット」を行いました。音楽に合わせて校庭の周りを歩き、音楽が止まった時の位置によって「残念エリア」へ移動、最後まで残った人が勝ちというゲームです。初めてのゲームに子供たちはとても楽しそうでした。

9月13日(金) プログラミング教育の研究授業を行いました

 4年2組の大道教諭が授業を行いました。一人1台のタブレットを持って調べる授業だったので、ICT支援員の小松先生にも授業支援に入っていただきました。内容は、社会「わたしたちの東京都と日本」。タブレット上のプログラムを使い、都道府県の特色を考えることがねらいです。どの子供も意欲的に取り組む姿が見られました。

9月12日(木) 自分たちにできることは

 夏休み、国立市が主催する「国立市子ども長崎派遣平和事業」で学んだ2名の6年生が、戦争の悲惨さ、平和の尊さ等を全校児童に伝えることを目的とした集会を行いました。長崎へ行って訪問した場所、感じたこと・考えたこと等、1年生にも分かるように配慮して発表できました。真剣に聞いてくれた子供たち、どんなことを感じたのでしょうか。

9月11日(水) 学びの環境を充実させる

 学校は言うまでもなく学びの場です。教室はもちろんのこと、特別教室や廊下の環境を整備し充実させることは、子供の健全育成に必要不可欠であると考えています。図書室前の廊下には「読書感想画」が掲示されました。「読書の秋」に向けて、具体的な活動のスタートです。ご来校の折にはぜひご覧ください。

 保健室前の掲示もリニューアルされました。9月1日の「防災の日」、9月9日の「救急の日」にちなんで、クイズコーナーが新設されました。救急箱または防災グッズの中身に必要な物に関するクイズです。中にはどちらにも必要のない物も混ざり、とても工夫されています。保健委員会の子供たちが一生懸命作ったことが伝わってきます。

9月11日(水) 学び続ける教職員集団に

 教職員にとって夏季休業日中は様々な研修会に参加し、自らの指導力を高める絶好の機会です。そこで放課後の時間を使って、夏季休業日中の研修会で学んだことを全教員に伝える「校内還元研修会」を行いました。安全教育、道徳教育、外国語活動等、様々な内容が伝達され、多くのことを学び合いました。今後の教育活動に生かしてまいります。

研修後の職員室ではおもしろい光景が。特別支援教室「はばたき」の巡回指導教員が、掃除用のほうきの柄を手のひらや指の先に乗せ、1分間落とさずにいられるか検証していました。授業の小集団活動で平衡感覚を身に付けさせるためのゲームの開発をしているとのことでした。教員が楽しく教材研究を行うこと、大切だと考えています。

9月10日(火) わくわくタイム(第6回)「感動」

 志村教諭が行いました。ご自身が夏季休業日中に結婚式(披露宴)を挙げ、その様子の一部を動画で紹介してくれました。家族や多くの友人に祝福され、とてもうれしかったそうです。子供たちには、たくさんの友達を作る喜びを伝えてくれました。「おめでとう」の気持ちを込めて、子供たちも大きな拍手で祝福しました。

9月10日(火) 観察実習スタート

 先週から始まった教育実習に引き続き、東京女子体育大学の3年生2名が一週間の期間、観察実習を行うことになりました。観察実習を通して、残りの学生生活で必要なことを確認するそうです。わくわくタイム終了後に自己紹介をしていただきました。サッカーと剣道を専門にしているとのこと、子供たちとたくさん遊んでほしいです。

9月9日(月) 台風一過、そして猛暑

 台風15号が明け方に関東を通過したため、2時間遅れ、3校時からの始業になりました。各地区担当の教員も同行し、安全を確認しながら集団登校を行いました。台風が過ぎた昼前からは快晴の天気に。気温は35度近くまで上がりました。写真は4年生音楽の授業です。旋律の特徴を感じながら熱心にリコーダーの練習をしていました。

9月7日(土)「PTAわくわくまつり」開催!

 PTA主催の「わくわくまつり」が開催されました。子供や保護者、そして地域の方が約220名参加してくださったそうです。写真は、今か今かと開催を待ちわびながら受付に並ぶ子供たちです。PTA運営委員の皆様には昨日の準備、そして本日は暑い中、子供たちのために素敵なお祭りを企画・運営していただきありがとうございました。

 体育館では、ストラックアウトやボーリングをはじめ、たくさんの種目が用意されていました。子供たちはスタンプカードを首からかけ、多くの種目で記録にチャレンジしていました。毎年好評の「ツリークライミング」もあり、綱を上手に登り上がる子供もいました。学童や児童館の方にもご協力いただきました。

 ビーズアクセサリー作りが読書自習室で、スライム作りが図書室で、おもちゃ病院が理科室で開かれ、多くの人でにぎわいました。写真は、読書自習室のビーズアクセサリー作りの様子です。子供たちはお気に入りのビーズを選び、すてきなアクセサリーに大満足の表情でした。

9月6日(金) 全校集会「上手な清掃活動のやり方」

 美化・栽培委員会の皆さんがあらかじめ作成した動画をテレビで視聴しました。「正しいほうきの使い方」「用具の片付け方」など、上手なやり方を実演してくれたので、1年生もよく分かったようです。「自分たちの学校は自分たちで美しくして、過ごしやすい学校にする」そんな心情が育ってくれたらうれしいです。

9月6日(金) 楽しく活動できました

 2学期は今日からALTの先生が来校され、外国語活動の授業に入っていただきました。写真は3年生の授業の様子です。和やかな雰囲気の中、授業開始時のあいさつのやり方や天気(今日は晴れ)の言い方を確認していました。授業後半にはゲームをグループごとに競い、大いに盛り上がっていました。

9月6日(金) 少しずつ見えてきました

 先日お知らせした展覧会での巨大貼り絵ですが、各学年の制作が進み、その全景の一部が見えてきました。写真は、5年生が取り組んでいる様子です。全景が見えると子供たちのモチベーションも高まります。「こんな風になるんだね」と一感慨深げに眺めている子供の姿が印象的でした。

9月5日(木)「働く」ってどんなこと?

 本校の卒業生の多くが入学する国立第二中学校4名の中学生が本校で職場体験学習を行いました。写真は4名が職員朝会において自己紹介をしている場面です。久しぶりの小学校で緊張したことと思いますが、しっかりと自己紹介をすることができ、教職員から大きな拍手が起こりました。「働く」ことについて何か感じていただければ幸いです。

 その後、用務主事に掃除の仕方を学び、校長室や特別教室、廊下等の掃除をしてくれました。写真は、算数の授業に入り、個別指導をしている場面です。給食や清掃、昼休みも子供たちと一緒に過ごし、午後はいろいろな授業に入るとともに、図書室での仕事も手伝いました。

9月4日(水) 教員が学び合う

 本校の今年度の校内研究は来年度から実施される「プログラミング教育」です。年間を通して研究授業を積み重ね、来年度の準備を行っています。9月13日(金)に4年2組で研究授業を行うのですが、その事前授業を4年1組で行いました。可能な範囲で多くの教員が授業を参観しました。今後も互いに学び合う教師集団ありたいと思います。

9月4日(水) よりよい学校生活を送るために

5校時、3年2組が校庭で教育実習生の歓迎会を行いました。学級担任に聞いてみると、子供たちから「歓迎会をしたいです」と申し出があったそうです。子供たちが自分たちでよりよい学校生活を送ろうとしていることがうれしかったですし、それを柔軟に受け入れる学級担任もすばらしいと思います。写真は、開会の言葉を述べている場面です。

9月3日(火)「話すこと」「聞くこと」をしっかりと

 2学期の重点として「話すこと」「聞くこと」を設定しました。自信をもって堂々と分かりやすく話す子供、相手の話をしっかり聞く子供に育てたいと考えています。さっそく、各学級では様々な取組を始めています。写真は3年1組の朝の会の様子です。日直が夏休みの思い出を発表し、聞き手がしっかり聞いて質問をしていました。

9月3日(火) 夏休み、そして2学期について

 学期初めの保護者会を開催しました。初日の今日は5・6年生です。学年合同で行いました。夏休みの様子について保護者の方からお話を伺うとともに、2学期の予定について詳しくお伝えしました。落ち着いて2学期のスタートを切ることができたのも保護者の皆様のご協力があったからこそです。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

9月2日(月) わくわくタイム(第5回)「今年のチャレンジ」

 羽下主幹教諭が行いました。山登りのチャレンジを続けている羽下主幹教諭。今年は何と、6年生が6月に訪問した日光の「男体山」に登ったそうです。いつもは下から眺めるばかりですが、頂上から見る戦場ヶ原や中禅寺湖を紹介してくれました。「物事を反対側から見ること」「山は高さだけではなく様々なよさがあること」を伝えてくれました。

9月2日(月) 教育実習スタート

 今日から20日(金)までの3週間、教育実習がスタートし、わくわくタイム後に挨拶をしてもらいました。教育実習では、教員という職業のすばらしさや学校の在り方などを学校全体で伝えていきます。また、この教育実習を教えたり伝えたりすること、質問に答えることで我々教員の力や学校力が高まる機会ととらえています。

9月2日(月)「巨大貼り絵」制作スタート!

 展覧会で披露する「巨大貼り絵」の制作がスタートしました。栄えある授業第1号は2年2組の皆さんです。巨大貼り絵は、縦3m60cm、横7m20cmで葛飾北斎の富岳三十六景「凱風快晴」です。子供たちは、グループごとに協力しながら2色の画用紙を切り、のりで貼り付ける作業を行っていました。完成が楽しみです。

8月30日(金)「体験」を大切に

 4年生の教室では、理科「とじこめた空気と水」の学習で、空気鉄砲による体験学習を行っていました。子供たちは体験学習が大好きです。グループで協力しながら活動を進めていました。単に話を聞いたり何かを見たりするよりも体験を伴う活動を行った方が知識や技能の定着率が高いことが分かっています。今後も可能な限り体験学習を行います。

8月29日(木) 暑さが戻りました

 夏の暑さが戻ってきました。最高気温は33℃を記録しました。写真は、3・4校時に実施した1・2年生の水遊びの授業の様子です。1学期、長梅雨の影響でなかなかプールに入ることができなかったこともあり、子供たちは大喜びでした。学校では、熱中症対策として「水分補給・帽子の着用」を指導し、適宜クーラーを使用しています。

 今日の給食の献立には「フローズンヨーグルト」がありました。他のものと同じように配ると溶けてしまうため、本校ではすべて配膳し終わってから、学級の代表児童が配膳室へ取りに来るシステムをとっています。写真は5年生の代表児童が取りに来た様子です。とても暑い日だったので、子供たちはうれしそうに食べていました。

8月28日(水)「ぼくね、大きくなったよ!」

 保健室から出てきた1年生の男の子が話しかけてくれました。今日から3日間、発育測定を行います。夏休みの40日間で子供たちは心も体も大きく成長したようです。保健室では、主任養護教諭が「けがの防止」に関連した「血液の働き」について紙芝居風に話をしていました。自分の心や体に積極的に関心をもつ子供に育ててまいります。

8月28日(水) ICT機器で学習意欲を高めます

 3年2組の社会科の授業です。国立産の地場野菜の学習をしていました。子供たちの手元には、国立市が発行している「食べよう!くにたち野菜」のパンフレットがあり、そこに掲載されている野菜について、パソコンと大型テレビをつないで映していました。写真は「ロマネスコ」という野菜の形にみんなでびっくりしている場面です。

 算数少人数教室では、5年生が「偶数と奇数」の学習を行っていました。偶数と奇数の意味や性質について学んだあと、大型テレビに様々な整数をフラッシュカード的に提示し、偶数と奇数を判別する学習を行っていました。子供たちは、一の位に着目しながら意欲的に学習に取り組んでいました。

8月27日(火) 落ち着いた雰囲気の中で

 授業が本格的にスタートしました。どの授業も前向きかつ落ち着いて行われていることに大きな喜びを感じます。2年生の教室では、算数「水のかさ」の学習で、2つの異なる形の容器に入っている水の量の比べ方を考えていました。「こっちかな?あっちかな?」子供たちの顔には様々な「?」がありました。

 3年生は社会科の学習の一環で、北プラザに出かけました。まず、市の方に全体的な説明をしていただき、その後施設見学をしました。子供たちは、日頃、何気なく使う北プラザが、多くの市民の方の役に立っていることを学んでいました。写真は、「市民サービスコーナー」について、お話を伺っている場面です。

8月26日(月) 2学期始業式

 子供たちの元気な声が学校に戻ってきました。今年度は、改元による5月の10連休があり、授業日数確保のために本日から2学期がスタートします。各教室では、写真のように学級担任が子供たちを温かく迎える準備をしていました。教室を回ると、すべての学級において前向きかつ落ち着いた様子が見られ、大変うれしく思いました。

 体育館で始業式を行いました。①元気に2学期の始業式を迎える ②たくさんの思い出を作る という夏休みに向けて1学期の終業式でお願いした2つのことを確認した後、合言葉の「夢」「感動」「チャレンジ」に関連する話を私を含めて6名の教員が紹介しました。子供たちが、明るく前向きに目標設定をしてスタートすることを期待しています。

過去の「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい(校長室から)」

学校概要

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198