「夢いっぱい 感動いっぱい チャレンジいっぱい 国立第四小学校」を合言葉に、心たくましく、しなやかな児童を育てます。

  • 小
  • 中
  • 大

国立第四小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第四小学校
ホーム > 学校概要 > 平成30年度3学期

夢いっぱい 感動いっぱい (平成30年度3学期)

3月25日(月) 感動の卒業式

 暖かい日差しの中、第61回卒業式を挙行いたしました。多くのご来賓、保護者、地域の皆様にご臨席いただき、6年生45名の卒業を祝っていただきました。6年生は、小学校生活6年間の思い出と中学校生活やこれからの人生への気持ちを歌や呼びかけの言葉に込めていました。写真は、卒業式後に撮った6年1組の記念写真です。

 卒業式終了後は学級ごとに記念写真を撮り、学級に戻って最後の「帰りの会」を行いました。担任は感極まって、子供たちに感謝の気持ちを伝えることに精いっぱいだったそうです。その後、5年生や教職員、保護者や学童の子供たちが校庭で卒業生を送りました。写真は6年2組が担任を先頭に送られる様子です。

3月22日(金) 修了式

 3校時に修了式を行いました。まず、学級ごとに壇上で修了証を授与しました。次に、一年間、合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい」を意識して学校生活を送った子供たちをほめた後、代表として5年生のあゆみの内容の一部を紹介しました。また、最高学年としての自覚が高まった子供についても取り上げ、みんなで大きな拍手を送りました。

 その後の4校時、各学級では担任があゆみを一人ずつ渡しました。渡す際には、3学期または1年間で成長したこと、努力したことをたくさん伝えていました。子供たちは担任の先生の言葉をしっかり聞き、進級しても頑張ろうという様子が見られました。ご家庭でもぜひ、成長・努力したことを大いにほめていただければ幸いです。

3月20日(水) 楽しい思い出を

 1校時、校庭から大きな歓声が聞こえてきました。行ってみると、6年生が学年合同でドッジボールを楽しんでいました。学級活動の時間に学年としての楽しい思い出を作ることを目的に行っています。自分だけではなく、みんなで楽しい思い出を作ろうとする姿勢が伝わってきてうれしい気持ちになりました。明後日は修了式です。

3月19日(火) すばらしい予行練習でした

 5・6校時に卒業式の予行練習を行いました。できるだけ本番に近い形で通したため、子供たちには適度な緊張感があったと思います。約90分間という長い時間でしたが、子供たちは今までの練習の成果と課題を生かし、立派にやり遂げることができました。写真は、5年生のリコーダーの演奏の中、6年生が堂々と入場する場面です。

3月15日(金) 思いをこめて

 昨日から5・6年生合同の卒業式練習が始まりました。私からは、①「会」と「式」の違い ②卒業式の意味 ③5・6年生へのメッセージ を伝えました。昨日と比べて、5・6年生の卒業式に向かう気持ちが高まってきました。6年生にはぜひ、小学校生活をじっくりと振り返り、中学校へ向けて新たな決意をもつ式にしてほしいと願っています。  

3月14日(木) お兄さん、お姉さんの顔に

 来年度の入学式の練習を体育館で行いました。本校では、入学式に2年生が登場し、新1年生の入学を歓迎する呼びかけや歌を披露します。今日は、教室で練習した内容を広い体育館で試す時です。緊張しているかと思いきや、大きな声で間をとって発表できていました。お兄さん、お姉さんの顔になっている1年生、来年度も楽しみです。

3月13日(水) よりよい学校生活のために

 今年度最後の地区児童会を行いました。住んでいる地域ごとに分かれ、登校班及び地区遊びの反省を行うための会です。6年生または来年度を見越して5年生が司会・進行を務め、建設的な話し合いが行われました。担当の保護者の方にもご来校いただき、よりよい国立第四小学校になるためのアドバイスもいただきました。

3月12日(火) 全校朝会「合言葉がパワーアップ」

 今年度最後の全校朝会を行いました。今年度の合言葉「夢いっぱい 感動いっぱい 国立第四小学校」を意識して学校生活を送れたか確認した後、来年度は「チャレンジいっぱい」を加えて更にパワーアップすることを伝えました。子供たちには「夢」や「感動」を基盤に、臆することなくチャレンジする人に育ってほしいと願っています。

3月11日(月) 3.11を忘れない

 8年前の平成23年(2011年)の3月11日に起こった東日本大震災を忘れないために、また子供たちに伝えるために、本日避難訓練を行いました。掃除の時間に予告なしで行いました。私からは「世の中には予測できない災害が起こることがある」「災害時は落ち着いて行動する」ことを伝えました。14時46分には、黙祷を行いました。

3月9日(土) 子供たちのために・・・

 午後、今年度最後のPTA運営委員会が開催され、土曜日にもかかわらず多くの方が来校されました。一年間を振り返り、また来年度の計画を確認しながら、あらためてPTAの皆様に支えられて学校が成り立っていることを実感いたしました。PTA運営委員の皆様方、一年間本当にありがとうございました。来年度もどうぞよろしくお願いします。

3月8日(金) 盛り上がりました

 代表委員会の皆さんが児童集会で「年度末ドリームジャンボ宝くじ」を実施してくれました。全校児童が事前に3ケタの数字を紙に書いておき、代表委員が示した数字と合致するとスペシャルチケットを手に入れることができます。チケットの内容は子供から聞いてみてください。写真は、代表委員が数字を発表している場面です。

3月8日(金)「エコ」を意識して

 東京ガスの方をゲストティーチャーとしてお招きし、「エコ・クッキング教室」を開催しました。6年生が野菜スープ作りにチャレンジしました。最初に丁寧に説明をしていただき、「フタをする」「火が通りにくい食材から煮る」「食べられる量を盛る」など、エコの観点をたくさん教えていただきました。

3月7日(木) 楽しいひととき

 2月末から6年生にグループごとに校長室に来てもらい、一緒に給食を食べています。あらかじめ紙面でいくつかのアンケートに答えてもらい、それをもとに会話を楽しんでいます。今日は好きなお菓子や担任の先生の話で盛り上がりました。6年生のあらたな面を知ることができてびっくりすることもあります。

3月6日(水) よりよい国立第四小学校へ

 本校では委員会活動を月1回程度行っています。「係活動」や「当番活動」が学級の生活をよりよくするためのものであるのに対し、この委員会活動は学校生活をよりよくするための活動であるといえます。本日は今年度最後でした。各委員会、一年間の反省を行っていました。写真は、ウサギ小屋の清掃を行う飼育委員会の様子です。

3月5日(火) 6年生から5年生へ

 本校では、毎朝6年生が正面玄関前のポールに校旗を掲揚しています。6年生の卒業が迫ってきたので、6年生から5年生へ掲揚の仕方の伝達が行われました。6年生の代表が掲揚の方法をレクチャーしている間、5年生はしっかりとその説明を聞いていました。最高学年への自覚の高まりを感じます。明日から6年生と合同で掲揚します。

3月5日(火) 一年間の成長を共に喜ぶ

 昨日から年度末の授業参観・保護者会を開催しています。今日は1・2年生が開催しました。写真は2年生が体育館で生活科「あしたへジャンプ発表会」を行っている場面です。一年間の成長を子供たちが発表する活動です。この授業参観・保護者会を通して、子供たちの一年間の成長を共に喜び合う機会になることを願っています。

3月4日(月) わくわくタイム(第16回・最終回)「とにかくやってみる」

 新山主任養護教諭が行いました。「とにかくやってみる」この言葉を大切にして今まで様々なことにチャレンジしたそうです。新体操、自転車旅行、マラソンなどなど。昨日の東京マラソンにも出場したと聞いた子供たちはびっくりしていました。写真は、大好きな腕相撲を6年生代表と行っている場面です。勝敗は?子供に聞いてみてください。

3月1日(金) 感謝の気持ちを伝える

 1校時、「6年生を送る会」を実施しました。代表委員会の司会・進行のもと、各学年から6年生に歌やパフォーマンスのプレゼントがありました。私からは「感謝の気持ちを届けること」「『これからの四小は私たちに任せてください』と6年生に思ってもらうこと」の2つを話しました。心温まるすてきな時間になりました。

3月1日(金) 雨の日のお楽しみ

 雨の日、または校庭の状態がよくないとき、子供たちが校長室を訪問してくれます。今日はたくさんの2年生が来てくれました。ある子供がつまようじと画用紙で作った複数のこまで遊びました。また、不要になった模造紙に、思いのままに絵やメッセージをかいて楽しむ子供もいました。

2月28日(木) 思い出を絵に

 6年生が廊下で熱心に絵を描いていました。近づいてみると、中央階段とその横の倉庫がていねいに描かれています。図工「思い出の場所」という題材で、6年生が卒業を前に学校の思い出の場所を一つ選んで向き合っているのです。きっと、一人一人にとって、思い出に残るかけがえのない場所なのでしょう。明日からはいよいよ3月です。

2月27日(水) 美しい黒板周り

 4年2組の教室に入りました。黒板、そしてその周りが美しく輝いて見えました。学級担任に「黒板がすごくきれいですね」と声をかけると、「黒板周り当番の〇〇くんがきれいにしてくれたんです」と教えてくれました。学級における当番活動が機能していること、そして与えられた仕事をしっかり行う4年生、とてもすばらしいと思いました。

2月27日(水) 二人で協力して

 2年2組の教室に入ると、子供たちの活気ある活動の様子が伝わってきました。教科は算数で「はこの形」という単元です。二人で協力して持ち寄った箱の側面の形を画用紙にうつしています。「しっかり押さえていてね」「うんわかった」と息を合わせながら、意欲的に活動を行っていました。今後、側面の特徴が理解できるとよいですね。

2月26日(火) ダンスで大盛り上がり!

 中休みにダンスクラブの皆さんが体育館で発表会を開催し、たくさんの子供たちが集まりました。全員でのダンス、学年ごとに華麗なダンスを披露してくれました。テレビでもおなじみの曲に合わせたダンスのときには、手拍子とともに一緒に体を動かす子供もいました。写真は、会場全体でハンカチを振りながら応援している様子です。

2月25日(月) わくわくタイム(第15回)「特別支援教室『はばたき』を知ろう」

 4名の巡回指導教員(高橋主任教諭、松元主任教諭、神川教諭、吉野教諭)が行いました。まず、簡単な説明を行った後、はばたきで実際に行っている活動を紹介しみんなで一緒にやってみました。写真は「体じゃんけん」の様子です。実際にやってみることで、どんなことを学ぶ教室なのか、分かりやすく理解することができたようです。

2月25日(月) 教員をめざして

 本日から一週間、「教師力養成講座観察実習」が始まりました。これは、東京女子体育大学の学生が実際に学校現場で実習を行い、教員として必要な資質や能力について実感することを目的としています。通常の教育実習と異なり、大学1・2年生の学生が3名配置されました。写真は、わくわくタイム後にあいさつをしている様子です。

2月25日(月) かわいらしい園児が来校

 近隣の国立保育園、国立北保育園の年長園児が来校し、1年生が交流活動を行いました。園児にとっては小学校入学の心理的負担の軽減、1年生にとってはお世話をすることで精神的な成長が期待されます。まず、体育館で歓迎の会を行い、その後は学校案内をしました。写真は、校長室を訪問してくれた時の様子です。

2月22日(金) リトルティーチャー大活躍

 小・中学校の連携として、「リトルティーチャー派遣事業」を実施しました。国立第二中学校から4名の中学3年生が来校し、授業のお手伝いとともに休み時間には一緒に遊んでくれました。4名とも本校の卒業生で、今回の事業を前向きに笑顔で行ってくれました。本校の子供たちは、年齢の近いお兄さん、お姉さんに親近感をもって接していました。

2月22日(金) 自分の記録の伸びをめざして

 1年生が2校時にマラソン大会を実施しました。1組は2組に、2組は1組に「がんばれ!」と熱い応援を送っていました。本日ですべての学年のマラソン大会が終了しました。友達との比較ではなく、自分の記録の伸びや最後まであきらめない気持ちを大切に指導しております。ご家庭でも、ぜひ話題にしてみてください。

2月22日(金) ほっとするひと時

 3校時に家庭科室を訪問すると、よい香りが漂っていました。5年生が調理実習で「ホットりんご」と「アップルティー」を作っていました。「校長先生もどうぞ」といただきました。バニラアイスとからめていただいたホットりんごは濃厚でおいしく、またアップルティーは心をほっとさせてくれました。5年生のみなさん、ごちそうさまでした。

2月20日(水) 特別支援教室「はばたき」の更なる発展をめざして

 特別支援教室「はばたき」の保護者会を開催しました。本校の児童の保護者とともに、巡回校である2校の保護者の方にご出席いただきました。巡回指導教員が一年間の成果と課題を報告しました。また、国立市教育委員会より指導担当課長が来校され、市全体の一年間の総括と来年度へ向けての課題をご指摘いただき、大変有意義な会になりました。

2月19日(火) 全校朝会「言葉を大切に」

 先週、校長室に大きな荷物を運んでいるとき、「大丈夫ですか」と6年生が声をかけてくれました。また、3年生が盲導犬の授業で「何か手伝うことはありませんか」という魔法の言葉を学びました。全校児童にこれらのことを伝えるとともに、言葉は使い方によっては「言刃」にもなってしまうことを話しました。

2月19日(火) 食育の推進

 梅の食文化、食農教育への取り組みを通じ、日本食の代表的な梅への理解と継承を図ることを目的とした食育の授業を行いました。和歌山県の紀州農業組合、東京多摩青果よりゲストティーチャーをお招きし、全学年が梅ジュースづくりにチャレンジしました。写真は1年生の授業の様子です。

2月16日(土) 学校公開日 ~ご来校、ありがとうございました!~

 暖かく穏やかな午前中、学校公開を実施しました。早朝よりたくさんの保護者、地域の方にご来校いただき心より御礼申し上げます。1年生は音楽の時間に「わらべうた」を学び、音楽室を飛び出して校庭で長縄を使って歌遊びを楽しんでいました。友達と声を合わせて楽しむ子供たちの様子を、保護者の方が温かい眼差しで見守っていました。

 2年生です。図工の授業では「おはなしのえ」という題材を学習していました。今日のめあては「作品をえのぐであらわしてかんせいさせよう」でした。子供たちは図工専科の教員の説明をよく聞いた後、まだ使い慣れていない絵の具をパレットに慎重に落とし、水の量に注意しながら色をぬっていました。

 3年生です。体育の時間にタグラグビーを行っていました。少人数でチームを作り、ラグビーボールを相手陣地へ運びます。その途中に腰につけたタグを取られたら攻撃終了となります。体重移動をしながらのステップ、味方へのパスが上手にできるようになり、「よい動きだね」と保護者の方も感心されていました。

 4年生です。10歳になること(なったこと)を記念し、今まで育ててもらった家族に感謝の気持ちを伝えることを目的として「二分の一成人式」を実施しました。会場の体育館には、多くの方にご来場いただき、温かい雰囲気の中で式が進みました。写真は「野球グループ」の発表場面です。野球ができる喜びを体全体で表現していました。

 5年生です。家庭科の時間に「おにぎりパーティー」を行いました。お米は、国立市南部にある古民家前の田において、国立市立小学校全校の5年生が田植え、稲刈りをして収穫されたものです。各家庭からお好みの具を持ち寄り、ご都合のつく保護者の方にはご参加いただきました。教室はお米と具、海苔のよい香りに包まれていました。

 6年生です。保健の発展授業として、薬物乱用防止教室を開催しました。外部から専門の方にゲストティーチャーとしてご来校いただき、映像を使って分かりやすく説明していただきました。薬物の性質、薬物の害などの基本的な知識とともに、誘われたときにはどのように対処すればよいのか教えていただきました。

2月15日(金) 強い体に  ※明日は学校公開日です。

 今月はマラソン旬間です。今日は一段と寒い一日でした。しかし、子供たちは元気いっぱい。写真は中休みに実施した3分間走のスタートの様子です。子供たちのやる気が伝わってきます。マラソンを通して強い体、強い心を育みたいと考えています。来週は、学年ごとにマラソン大会を開催します。特に、個人タイムの伸びを意識させます。

2月14日(木) 給食を学ぶ

 PTA給食試食会があり、希望された十数名の方が第二会議室で給食を試食されました。本日はバレンタイン献立でチョコプリンのほか、ハート形に加工された食材が多く見られました。給食センターから栄養士の方にお越しいただき、作り手の願いや現状についてお話しいただきました。短い時間でしたが、多くの学びを得ることができました。

2月13日(水)「プログラミングって楽しいな」

 今年度から2年間、本校は東京都教育委員会より「プログラミング教育推進校」の指定を受け研究を進めています。3年生の教室から大歓声が聞こえてきました。今年度購入したロボットに指令を与え、教員が作成した迷路で思い通りに動かす活動を行っていました。学級担任とともにICT支援員が指導に入り、必要に応じて支援を行いました。

 2年生の教室では、一人1台のタブレットを使って楽しそうに活動していました。タブレットの左側には海、右側には様々な魚がいて、子供たちは魚の種類や数を考えながら、オリジナルの海を作っていました。魚の動く速さや向きも自由自在です。今週16日(土)の学校公開では、2・3・5年生がプログラミングの授業を行いますのでお楽しみに。

2月12日(火) 分かりやすい魅力ある授業をめざして

 市内の関係教員が本校に集まり、「情緒障害等学級担任会」が開催されました。本校特別支援教室の巡回指導教員の授業をあらかじめビデオに撮っておき、その様子を視聴した後、指導法について協議します。グループ協議ではするどい質問や指摘があり、多くの学びを得ることができました。今後も授業改善を推進し、魅力ある授業づくりを行います。

2月12日(火) 全校朝会「6年生、輝きました!」

 9日(土)に開催された「国立市公立小学校ミニバスケットボール大会」の表彰を行いました。私が結果について説明した後、大会本部からいただいた女子準優勝の賞状とトロフィーを授与しました。また、男子には「勝率第3位」、応援団には「最優秀賞」を校長名で授与しました。写真は、女子チームのリーダーがあいさつをしている様子です。

2月9日(土) 6年生、輝きました!
(第16回 国立市公立小学校ミニバスケットボール大会)

 女子の部です。予選は2勝0敗でトップ通過。決勝戦に進みました。館内放送で決勝進出が知らされると子供たちから大歓声が上がりました。決勝戦の相手チームは経験者が多く惜しくも負けてしまいましたが、堂々の準優勝に輝きました。パス、リバウンド、シュートとそれぞれが得意な分野を生かした素晴らしいチームになりました。

 男子の部です。予選1試合目は僅差の試合になりました。相手チームの組織的な守備をなかなか崩せず、惜しくも敗戦となりました。しかし、2試合目は実力が十分に発揮されました。練習以上にリバウンド、シュートがよく決まり、見事勝利を収めました。惜しくも決勝戦には進めませんでしたが、最後まであきらめずよくがんばりました。

 応援団が選手以上に大きな声を出して応援してくれました。本校での練習の時から絶え間なく手拍子を打ち、かけ声をかけてくれていましたが、本番でも他校を圧倒する力強い、そして温かい応援をしてくれました。また、手作りの応援幕もサプライズで披露してくれ、選手に大きな勇気と力を与えてくれました。

 最後は全員で記念写真を撮りました。子供たちは勝敗だけではなく、様々なことを学んだと思います。学んだことを振り返り、これからの生活に生かしてほしいと願っています。12日(火)の全校朝会では、準優勝の女子チームはもちろん、男子チームや応援団にも賞状を授与して労をねぎらいます。保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

2月8日(金)「砂がついた!」

 2校時、校庭の砂場から「わあー、すごい!」と歓声が聞こえてきました。3年生が理科「じしゃく」の授業で、磁石に砂をつける実験を行っていました。学級担任とともに理科の授業に精通した教員OBの方がお手伝いをしてくださっています。その後、校舎内に戻り、磁石から砂をていねいにはずしていました。

2月7日(木) ますますにぎやかな国立第四小学校に

 新1年生保護者会を開催しました。73のご家庭の方にお越しいただきました。今年度の1年生と比べると何と20人以上増えることになります。ますますにぎやかな本校になることをうれしく思います。会では、私から学校概要について説明をした後、各担当から入学にあたっての説明をさせていただきました。お子様のご入学、心からお待ちしております。

2月7日(木) 大切な命を守るために

 本日は「安全指導日」です。月に1回、子供たちに様々な角度から安全について考えさせています。本日は、不審者対応です。合言葉「いかのおすし」をテーマとしたDVDを視聴し、その後、学級担任が指導を行いました。写真は学年合同で行っている1年生の様子です。真剣に、そして自分のこととしてとらえている1年生、素晴らしかったです。

2月5日(火) 卒業まであと・・・。

 6年生の教室では、「卒業カウントダウンカレンダー」を分担して作成していました。2月7日(木)がちょうど30日前(登校日で計算)になるようです。子供たちが作成している様子から、卒業までの一日一日を大切に過ごそうという気持ちが伝わってきました。

2月4日(月) わくわくタイム(第14回)「これからの夢」 

 図工専科の能地教諭が行いました。幼少期から様々な習い事を行い、空手では全国大会にも出場した経験があるそうです。ある時、大好きな絵を描くことをしっかり学びたいと考え、その道に進みます。今まで描いたすてきな絵を見せてくれました。今の夢は、世界各国に行って絵を描くこと、絵を通して感動を伝えることだそうです。

2月1日(金) 久しぶりの雨

 昨日の夕方から夜にかけて、久しぶりに雨が降りました。空気が少し潤ったような気がします。朝、校庭には、降った雨が固まって氷が張っていました。「校長先生!氷が張ってるよ!」と1年生が興奮しながら教えてくれました。天気の変化や自然現象に敏感な子供たちの様子を見て、うれしく感じました。

2月1日(金) マラソン旬間スタート

 全校集会では、体育委員会の子供たちがマラソン旬間を開始するにあたって、走り方のコツを説明してくれました。「背筋を伸ばす」「腕を振る」「息は鼻からすって口から出す」ことを全校の子供たちも意識することができました。後半はマラソンクイズも用意されており、これからスタートするマラソン旬間に向けて大きな弾みとなりました。

 中休みには、さっそく全校でマラソンに取り組みました。3分間、自分のペースで走るというやり方です。雲一つない天気の中、子供たちはロケットスタート、そして音楽のリズムにのって気持ちよさそうに走っていました。体力の向上が心の安定、学力の向上につながると考えます。来校された地域の方も目を細めて子供たちの走りを見ていました。

1月31日(木) ひと回り成長しました

 5年2組が東立川幼稚園を訪問しました。元気なあいさつでスタートし、園庭でのチャボの世話、ホールでのゲーム等で楽しみました。自分は一歩引いて、園児に配慮する姿に大きな成長を感じました。写真は、最後に代表児童がお礼を述べている場面です。来週は園児が本校を来校してくれます。5年生の更なる成長が楽しみです。

1月30日(水)「どのクラブ活動にしようかな」

 3年生がクラブ活動見学を行いました。クラブ活動は4年生から始まるので、活動の様子を見学して、来年度どのクラブ活動に入るのか参考にします。学級ごとに教室、体育館、校庭等での活動を見学しました。写真は、体育館で活動する「バスケ・サッカークラブ」です。活動の様子を見ながらクラブ長の説明をしっかり聞いていました。

1月30日(水) 喜んでくれるかな?

 総合的な学習の時間の一環で、5年生が近隣の東立川幼稚園との交流を行っています。今週の月曜日と木曜日には、5年生が幼稚園を訪問します。逆に、来週の水曜日には、かわいらしい園児が本校を訪問してくれます。教室には、園児へのすてきなプレゼントが飾られていました。5年生がお兄さん、お姉さんとしてますます成長しています。

1月29日(火) 練習試合で力試し

 市内ミニバスケットボール大会に向けて、日々練習に励んでいる6年生ですが、放課後、八小に出向き練習試合を行いました。男女ともに力が拮抗しており、白熱した試合が展開されました。試合を行うことで見えてきた課題がありましたので、今後の練習に生かしてほしいと思います。写真は、試合前に説明を聴いている様子です。

1月29日(火) 子供たちの安全のために

 PTAより「ピーポくんの家マップ」をいただき、1階放送室前に掲示しました。校区の地図にピーポくんの家(民家・お店)が大きなシールで分かりやすく示されています。教員、子供たちには給食の時間に生活指導主幹から放送でお知らせをしました。午後、実際に確認をする学級もありました。PTAの皆さま、どうもありがとうございました。

1月28日(月) わくわくタイム(第13回)「チャレンジ」

 音楽専科の大谷教諭が行いました。幼いころに習い始めたピアノですが、学生時代に一度止めたそうです。音楽とはあまり関係ない大学に進学したものの、「やっぱりピアノをやりたい!」と自分の気持ちに気付き、音楽大学を受けなおして現在に至るという話でした。最後は、お気に入りの曲「演奏会用アレグロ」を披露してくれました。

1月28日(月) 子供たちの姿に感動!

 風はないものの、寒い朝を迎えました。インフルエンザが広がらないことを祈るばかりです。写真は朝の校庭です。6年生3名が校庭の周りをランニングしていました。「ミニバスケットボール大会に向けて体作りです!」元気よく答えてくれました。目標に向かってやるべきことを自分で考え、実行できる姿に感動しました。

 6年生が校庭を走っている横には、1年生が数名いました。ペットボトルの水をていねいに鉢にかけています。鉢にはチューリップの球根が植えてあります。「寒いけれど、元気に大きくなってね」子供たちの姿からそんな声が聞こえてきそうです。きれいに成長したチューリップは、来年度の入学式で新1年生を迎えます。

1月25日(金) インフルエンザの流行

 3学期が始まり、市内の多くの学校でインフルエンザによる学級閉鎖が行われていますが、本校でも本日から3日間、1学級においてインフルエンザ等による学級閉鎖を実施しました。現在、全校では20名程度の子供がインフルエンザにより欠席しています。月曜日から元気に登校できることを祈っています。写真は、4年2組社会の授業の様子です。

1月23日(水) 月1回の楽しみ

 本校では、年間12回(1回は60分)クラブ活動を行っています。これは、4年生以上の児童で組織される学年や学級が異なる同好の児童によって行われる活動です。子供たちはクラブ活動が大好きです。6年2組の教室では、ダンスクラブの子供たちが2月の校内発表会に向けて練習を行っていました。自主的に練習する様子が印象的でした。

1月22日(火)「これが最後かも・・・。」

 本校では、毎朝、6年生が校旗を掲揚してくれます。寒い中、今朝も掲揚してくれている6年生に「いつもありがとう」と声をかけました。すると、「順番で行っているので、私たちは今日で最後かもしれません」という言葉が返ってきました。ちょっと寂しくなりましたが、これが5年生に引き継がれていくと思うとうれしい気持ちにもなりました。

1月22日(火) 何と86人も!

 今週は読書週間です。イベントとして「読み聞かせスタンプラリー」を行っています。4日間の中休み、読書自習室で一人ずつ先生が読み聞かせを行い、子供たちがスタンプをもらうといった内容です。読書自習室に行ってみるとびっくり!畳の上に86名もの子供たちが目を輝かせながら教員の読み聞かせを楽しんでいました。

1月21日(月) 元気にスタート!

 寒い朝を迎えました。早朝から風が強く、より寒く感じます。でも子供たちは元気です。登校した6年生が、さっそく校庭でバスケットボールの練習をしていました。2月9日(土)の試合が楽しみです。一方、インフルエンザによる欠席者は9名と増えてきました。手洗い、うがい、換気などできることをこまめに行っていきます。

1月21日(月)「来年は自分たちも・・・」

 2年生が各学年の書き初め展の作品を参観していました。授業中の他の学年のことを考え、おしゃべりをせずに静かに校内を回る姿が立派でした。写真は3年生の作品「お正月」を見ている様子です。「来年はぼくたちも習字をやるんだよね。」と確認し合っている子供たちの目がキラキラ輝いていました。

1月19日(土) ご来校、ありがとうございました(学校公開)

 2校時には、二中吹奏楽部の皆さんをお招きしてミニコンサートを開催しました。演奏していただいた曲は子供たちが聞いたことのあるものばかりで、体を揺らしながら聴く児童が多くみられました。写真は、昨年度から人気の「USA」の演奏にのって子供たちが踊っている写真です。二中の皆さま、お休みのところ、本当にありがとうございました。

 1年生です。生活科「自分でできるよ」で凧作りを行いました。昨日までにある程度まで仕上げ、今日は色塗りを家族の方に手伝ってもらいました。3校時、4校時には、それぞれの学級が校庭に出て、保護者の方と凧揚げを楽しみました。色塗りや糸結びなど、自分でできることが多くなった1年生。とても誇らしげでした。

 2年生です。生活科の学習として2学期に行った町探検で調べたこと、分かったことの発表会を行いました。どのグループもカラフルにまとめた模造紙を示しながら、分かりやすく発表していました。発表後には、保護者の方も質問をしてくださり、子供たちはうれしそうに答えていました。地域の一員としての自覚も高まったようでした。

 3年生です。音楽室で「おはやし」の演奏を楽しんでいました。学習している「おはやし」は、太鼓と笛で構成されており、子供たちは「太鼓グループ」と「リコーダーグループ」に分かれて練習をしていました。太鼓をリズムよく叩く姿やリコーダーの穴のふさぎ方を互いに教え合う姿が印象的でした。

 4年生です。保健「育ちゆく体とわたし」の学習で、自分の成長について調べていました。発育測定後に配布される「保健カード」の体重や身長の数字の変化を見ながら、「こんなに成長したんだ!」と驚く子供の様子が印象的でした。傍らに立つ保護者の方への感謝の気持ちもあらためて感じたのではないでしょうか。

 5年生です。学級活動の時間に、ヤクルトの方をゲストティーチャーとしてお招きし「おなか元気教室」を開催しました。便が健康のバロメーターであることを説明していただき、子供たちは「なるほど・・・」と新たな知識の習得を喜んでいました。また、積極的に質問も行い学びを深めることもできました。

 6年生です。社会科の学習の一環として「租税教室」を開催しました。ゲストティーチャーとして税理士の方をお招きしました。税金の仕組み、税金の種類など、分かりやすく説明していただきました。また、税金の使い方についてはグループで検討する活動もあり、子供たちは頭を突き合わせて考えていました。

1月18日(金)「本って楽しいな」  ※明日は学校公開日です。

 全校集会で図書委員会の子供たちが本の紹介をしてくれました。題名は「うどん対ラーメン」。ストーリー、挿絵ともに1年生から6年生まで、そして大人でも楽しめる内容でした。ポイントとなる挿絵を広幅用紙に拡大、色塗りし、動かしながら読み聞かせをすることで、臨場感あふれる発表になりました。来週は読書週間です。

 終了後、担当の教職員から子供たちへねぎらいの言葉と振り返りがありました。子供たちは達成感と認められた喜びで笑顔いっぱいでした。本校では、「めあて」とともに「まとめ・振り返り」の活動を大切にしています。教職員が適切に評価し、子供たちが活動を振り返ることで、次の学びにつながると考えるからです。

1月17日(木) 友達のすてきなところは?

 2年生の図工「おうちをつくろう」の授業です。色画用紙を使って家を作ります。紙を切ったり貼ったりして細かい部分を工夫することがねらいです。今日は全員が作り終わり、友達と作品を鑑賞し合いました。子供たちはじっくり見て、すてきな部分をワークシートに書いていました。「感動いっぱい」の学校づくりには欠かせない教育活動です。

1月16日(水) 避難訓練、しっかりできました

 朝学習の時間に緊急地震速報が流れ、震度4の地震が発生したという想定で避難訓練を行いました。子供たちは放送をしっかり聞き、「お・か・し・も」をよく守り校庭へ避難しました。寒い朝にもかかわらず、おしゃべりもせずにしっかりとできた子供たちに「今日は100点満点です」と伝えました。

1月15日(火) 全校朝会「新しい時代に向かって」

 新しい元号が4月1日に発表され、5月1日から施行されることが決まっています。そこで、「平成」までのいくつかの元号を紹介するとともに今後施行されるまでの日程について話をしました。高学年は知っている子供が多かったようです。子供たちには、時代の転換期にいること、一日一日を大切に過ごすことを意識してほしいと願っています。

1月15日(火)「あいさつ運動週間」「ユニセフ募金週間」始まりました

 寒い朝を迎えました。2つの取組が今日から始まり、代表委員会の子供たちが西門および北門に立ちました。「おはようございます!」と元気のよいあいさつが多く聞かれました。また、初日ということもあり封筒に入れたお金を募金してくれる子供が多くみられました。あいさついっぱい、思いやりいっぱいの学校になるといいなあと思いました。

1月15日(火) 体幹を鍛えよう

 本校では、体幹を鍛えることで体力向上を目指す取組を継続的に行っています。そのための「コオーディネーショントレーニング」を教えていただくために外部から講師をお招きし、体育の授業を行っていただきました。写真は2年生です。二人組になり手を握り、足先をくっつけて同時に立つ運動です。たくさんの動きを楽しく教えていただきました。

1月11日(金) 世界を知ろう

 全校集会では、代表委員会の子供たちが「ユニセフ募金」について説明をしました。食べ物やワクチン不足により、子供たちの尊い命が失われている地域があることを映像を交えて分かりやすく説明してくれました。来週は「ユニセフ募金週間」「あいさつ週間」です。ユニセフ募金については、可能な範囲でご協力をいただければ幸いです。

1月11日(金) 1年生、専科デビュー

 本校では、3学期から1年生の音楽と図工の授業が専科担当になります。音楽室では1年2組の子供たちが専科教員の説明をしっかり聞いた後に、「サヨナラ」という曲を心を込めて歌っていました。これは、3月に実施する「6年生を送る会」で全校児童が歌う歌です。1年生も2年生に向けて少しずつ心の準備を図っています。

1月10日(木) 落ち着いたスタートが切れています

 今朝はこの冬一番の冷え込みでした。寒さを感じながらも子供たちは元気に登校しました。教室を回ると、各学年そして各学級大変落ち着いた雰囲気の中で授業が行われています。これも子供たちが冬休みに家庭及び地域でたくさんの愛情をもらい、充実・安心した気持ちで生活できているからだと思います。写真は5年生算数の様子です。

 プレイルームでは、3年生が書き初めを行っていました。私語なく凛とした様子で筆を持つ子供たちの表情は素敵です。3年生は「お正月」と書きます。学校での練習、冬休みの家庭での練習を重ねて、力強い立派な字が書けるようになりました。1月19日(土)の学校公開では、書き初め展も同時開催いたします。おぜひご来校ください。

1月9日(水) どのくらい成長したかな?

 発育測定がありました。今日は高学年、明日は中学年、明後日は低学年が対象です。子供たちは、この数か月で身長、体重ともに成長していることを自覚しているようで、測定を楽しみにしている様子が見られました。写真は、発育測定の前に主任養護教諭が生活リズムを整える大切さの講話を行い、5年生がしっかりと聞いている場面です。

1月9日(水) 平和な世界へ

 6年生が原爆体験伝承者の方からお話を聞きました。映像や写真を用いながら、分かりやすく説明をしてくださいました。子供たちは真剣に話を聞き、改めて平和の尊さを実感したようです。また、社会科で学習した内容と関連付けることができ、深い学びになったとの感想もありました。

1月8日(火) 3学期始業式 

 新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。登校する子供たちから「おはようございます!」「明けましておめでとうございます!」と元気なあいさつのプレゼントをもらいました。3学期始業式では、2学期終業式に話をした「めあて」「かぞく」について、6名の教員が代表で発表しました。

 その後、各学級では、3学期のめあてを一人一人が一生懸命考えていました。「積極的に発表する」といった学習に関することや、「早寝早起きをして生活のリズムを整える」といった生活に関することが見られました。どの学級もやる気に満ちた温かい空気が流れていました。写真は1年1組で、めあてを口頭で発表している様子です。

学校概要

国立第四小学校

国立第四小学校

〒186-0001
東京都国立市北2-29
TEL:042-572-4197
FAX:042-572-4198