教育目標 : つよく かしこく あたたかく

  • 小
  • 中
  • 大

国立第二小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第二小学校
トップページ > 令和3年度二小ニュース(2学期)

二小ニュース

12月24日(金)終業式

 今日も始業式と同様にテレビ画面を通して終業式を行いました。校長先生からのお話では、2学期の「結実」として、友達との関わりの中で成長した子供たちの姿を学年ごとに紹介していただきました。児童代表の言葉では、2年生の各クラスの代表が「ふわふわ言葉を3学期も使っていきたいです。」「学習発表会のあいさつをがんばりました。」「九九をがんばりました。」など、大変立派に発表することができました。
 また昨日は、金管バンドのクリスマスコンサートがありました。本番まで一生懸命に練習した成果が存分に発揮されました。新しく入った3年生も生き生きと演奏していました。心温まる演奏や発表に、一足早いクリスマスプレゼントをもらった気持ちになりました。次の卒業コンサートが待ち遠しいです。
 長かった2学期も終わり、明日からは冬休みが始まります。子供たちの成長を支えてくださった皆様に感謝申し上げます。そして、よいお年をお迎えください。

12月23日(木)2学期の成長(保育園児との交流)

 いよいよ明日は終業式です。今日も2学期の子供たちの成長を感じる様々な取組がありました。左の写真は4月に小学校に入学する子供たちに学校を案内している5年生です。5年生は少し緊張気味な園児の気持ちがほぐれるように優しい言葉をかけたり、学校の施設を説明したりしながら学校を案内しました。また、お楽しみ会をしている1年生の教室に案内し、1年生と一緒に楽しい時間を過ごすお手伝いをしました。
 1年生もお兄さんお姉さんらしくふわふわ言葉をたくさん使って一緒に遊んでいました。保育園の皆さん、ご来校いただきありがとうございました。

12月22日(水)2学期の成長(お昼の放送・球根植え)

<放送委員会のお昼の放送>
 給食での「黙食」の取組が続いています。二小の子供たちは日々、「何のため」を意識しながらきちんと守っています。そんな中、放送委員会の子供たちは、何とか全校のみんなに給食の時間を楽しんでもらおうとグループごとで話し合い、お昼の放送の仕方を工夫してきました。今週はそのグループごとで取り組んだ最後の放送でした。今年度、放送委員会が取り組んだお昼の給食放送は放送内容を自分たちで構成するスタイルを確立して、二小の子供たちからも好評を博しました。3学期の放送も楽しみにしています。

<来年度の1年生のために>
 昨日、1年生は来年度入学する1年生のためにチューリップの球根を植えました。場所は、夏に育てたアサガオの鉢の中です。一人一人が鉢の土を空にし、その中に新しい土を入れました。芽が出てくる日が今から待ち遠しいです。用務主事の二人にも手伝っていただきました。1年生は、口々に「ありがとうございました。」と自然にお礼を言っていました。さりげなくふわふわ言葉を使う姿に成長を感じました。

12月21日(火)2学期の成長(野外体験教室5年・おもちゃのお店やさん2年)

5年生 
 爽やかな冬晴れの中、校庭で出発式を終えた5年生は、予定通りバスに乗りよみうりランドに向かいました。8月に中止になった野外体験教室の代わりの行事です。「今までの学校生活や教科等で身に付けた力を生かし、自ら設定した課題に見通しをもって最後まで取り組もう」など、3つのめあてをもち、来年度の日光移動教室につなげていきます。帰校式では、「協力して楽しむことができ、めあてを達成することができました。」と代表児童が発表しました。その他でも、バスの中でのきまりをきちんと守り、自分たちのごみでなくても拾うことができました。5年生の成長を感じたともに、日光移動教室が楽しみになりました。

2年生
 1・2校時に生活科で「おもちゃのお店やさん」をしました。学年のお友達を楽しませるにはどうするかを考えながら自分たちで取り組んできました。おもちゃはもちろん手作りです。今日もグループで協力し合い、来た人を楽しませていました。なんと片付けも自分たちでできました。振り返りもよくできました。2年生の大きな成長を感じました。

12月20日(月)学校をきれいにしよう

 長かった二学期も今週で終わります。今日の朝は縦割り班活動がありました。上の学年が下の学年を気遣ったり、ふわふわ言葉で優しく声をかけたりしながら楽しい時間を過ごしました。
 左の写真は清掃時の様子です。12月の生活目標「学校をきれいにしよう」を意識して、一生懸命に掃除をする1年生の姿がありました。美化委員会の子供たちが掃除の後の見回りをしてくれています。全ての教室を回り優しく声をかけていました。
 美化委員会の子供たちを中心に学校をきれいにして新年を迎えたいと思います。

12月17日(金)クリスマスコンサートに向けて

 今週は金管バンドの子供たちが朝練習を頑張っていました。
 来週は金管バンドのクリスマスコンサートが計画されています。このコンサートに向けて毎朝各パートに分かれて練習をしていました。
 各パートに分かれた子供たちは上級生のアドバイスや先生の指導を受けながら一生懸命に練習していました。コンサートは23日(木)です。正門横の掲示板には手作りのポスターも掲示されています。本番に向けて来週も練習が続きます。保護者の皆様には朝練習のために様々なご協力をいただいています。感謝申し上げます。

12月16日(木)ブランコ一時撤去

 今週の水曜日に遊具点検がありました。遊具点検は子供たちが使っている遊具の安全性を確認するために毎年行っています。本校の遊具は古いものが多く、毎年、慎重に状態を点検し、破損箇所を修理したり、危険箇所を改善しながら大切に使ってきました。
今年の遊具点検では子供たちが大好きなブランコの危険性が指摘され、修理の必要があることから一時撤去することになりました。そして、今日の朝の時間に放送でそのことを伝えました。各教室からは「エッ」「エー」「ウッソー」・・・・など驚きと残念そうなの声が聞こえてきました。
 しばらくは他の遊具を使っての生活となりますが、譲り合ったり順番を守ったりして安全に使っていきたいと思います。

12月15日(水)委員会活動

 今日は2学期最後の委員会活動がありました。各委員会では2学期行った様々な活動を振り返ったり、3学期の計画や活動の準備をしたりしていました。
 飼育委員の子供たちが活動している教室をのぞいてみると、全校の子供たちにもっとたくさんうさきにかかわってもらえるように話し合いや取組の準備をしていました。掲示用のポスターやうさぎ紹介のシートなどグループに分かれて活動をしていました。新しい学期に向けての意欲を感じ、3学期が楽しみになりました。

12月14日(水)ソフトボール表彰

 月曜日の全校朝会で育成会ソフトボールチームの子供たちがいただいた優勝旗の紹介をしました。
 この優勝旗は11月28日(日)に開催された東京都北ブロックの大会に、国立市を代表して出場し、見事優勝をしていただいたものです。これから上位の大会も予定されているとのことでした。今後の活躍も期待しています。

12月13日(月)集会委員会のイベント

長かった2学期も残すところあと2週間となりました。全校朝会では6年生の代表が残り2週間で意識することや頑張ることを発表しました。
 今週の中休みは、集会委員会によるイベント「ドッジボール大会」が体育館で行われます。今日は、1年生の希望者が集まりドッジボールをしました。2つのボールを使ってのドッジボールに、初めは戸惑っていましたが慣れてくるととっても楽しそうでした。2学期みんなで取り組んだふわふわ言葉も活用し、友達との絆を確かめながら2学期のまとめにふさわしい取り組みができました。
 集会委員会のみなさん、ありがとうございました。

12月10日(金)本のリサイクル会

 今週はおはなしの会の皆様による本のリサイクル会がありました。
 最終日となった今日は、水曜日まで日光移動教室で参加できなかった6年生も加わり大盛況でした。子供たちはお気に入りの本を選んで、うれしそうに持ち帰っていました。
 様々な物がデジタル化され、必要な情報を手軽に手に入れることができるようになりました。しかし、実物を見ながら時間をかけて本を選んだり、それをうれしそうに持ち帰ったりする子供たちの姿から本の良さや価値を改めて見直すきっかけとなりました。
 貴重な機会を与えてくださったおはなしの会の皆様に感謝申し上げます。

12月9日(木)奉仕活動(2・5年生)

本日の1校時に奉仕活(ボランティア活動)がありました。毎年この時期になると、縦割り班で協力し、校庭の落ち葉を拾います。今日は、2年生と5年生が取り組みました。
 活動を始める前に担任から「誰のための活動か」などその目的な進め方を説明しました。そして、活動が始まると「何か困ったことがあれば言ってね。」など、5年生は2年生が安心して取り組むことができるように、ふわふわ言葉を使って声をかけていました。さすが来年度のリーダーです。
 今後の奉仕活動は、14日(火)3・4年生、21日(火)1・6年生です。12月の生活目標「学校をきれいにしよう」も意識して、活動を行っていきます。

12月8日(水)5年生、がんばっています!

今日までの3日間、6年生が日光移動教室で学校にいませんでした。その間、5年生がいろんな場面で二小を支えてくれました。
放送委員会では、5年生だけでお昼の放送をしました。協力して取り組む姿に頼もしさを感じました。
クラブ活動では、5年生が中心となって活動しました。前日から計画的に準備をしたクラブもありました。4年生も進んで活動しているクラブもありました!
来年度のリーダーが着々と力を付けています。さすが二小の高学年です。

12月7日(火)日光移動教室

昨日から6年生は、日光移動教室に行っています。今年度の移動教室も6月から12月に変更になりました。この2学期、6年生は体育学習発表会での「二松ソーラン」、学習発表会での「ライオンキング」とたくさんの思い出を作り、充実した日々を過ごしています。
下の写真は、昨日の出発式です。二小のリーダーらしく立派な態度でした。1年生も見送りに来てくれました。きっと素敵な思い出を作ることでしょう。帰校式で会えるのを楽しみにしています。

12月6日(月)凧を作って遊ぶ会

昨日は、二小育成会主催の「凧を作って遊ぶ会」がありました。毎年恒例の「にーだんごの会」に代わる会です。
気持ちの良い青空の下、子供たちは自分で作った凧を思い思いに空に飛ばしました。初めての凧作りに夢中になっていた子やにーだんごのイラストを描いていた子、校庭中をずっと駆け回っていた子などなど、それは微笑ましい光景でした。
二小育成会の方々、PTA担当の方々や当日お手伝いをしてくださった地域・保護者の皆様方、おかげさまで子供たちにとって素敵な一日になりました。本当にありがとうございました。

12月3日(金)みかん狩り

 二小のみかんが今年は大豊作です。校庭にあるみかんの木の枝がたわむほどたくさんの実をつけました。
 昨日、1年生が用務主事の方に手伝ってもらいながら恒例のみかん狩りをしました。いつもお世話になっている6年生にプレゼントするために甘そうで大きな実を選んで箱詰めをしました。
 そして、今日は月曜日に出発する日光移動教室での安全と成功を祈ってつくったてるてる坊主と一緒にみかんのを手渡しました。二小では恒例となった心と心がつながる温かい活動です。

12月2日(木)邦楽鑑賞教室(6年生)

今日は芸術小ホールで邦楽鑑賞教室がありました。邦楽鑑賞教室は市内の6年生を対象に集団・日本の音の皆様の演奏とお話を中心に毎年行っています。
 今日は筝(こと)や尺八を使った「春の海」や歌舞伎の伴奏用として発達した長唄の「越後獅子」など子供たちが一度は聞いたことがある代表的な邦楽を生演奏できくことができました。
 演奏をしてくださった「集団・日本の音」の皆様はそれぞれ専門のお仕事を第一線でされている演奏家の方です。文化の担い手である子供たちのために集まっていただきました。日本の伝統的な音楽のよさや特徴を肌で感じる貴重な機会をいただいたことに感謝申し上げます。

12月1日(水)二松ウィーク・個人面談

 今日から12月です。昨日からの強い雨も朝には上がり青空が広がりました。校庭の紅葉も青空に映え、色づいた落ち葉を子供たちが宝物を拾うように集めていました。
 今週は二松ウィークです。今日は個人面談と6年生の保護者会を行いました。二松ウィークは個人面談や保護者会などを行い、担任から保護者の皆様に子供たちのできるようになったことや頑張っていることを共有し、子供たちの成長につなげることを目標に年2回設定します。
 限られた時間内での面談や感染症対策等ご協力いただきありがとうございます。

11月30日(火)戦争体験講話(6年生)

 今日は太平洋戦争中の体験をお話してくださる原爆・戦争体験伝承者の方をお招きしました。本校では毎年、社会科の授業の一環として広島に投下された原爆の話をもとに戦争の悲惨さや平和の大切さを考える授業を行っています。
 今日は2人の伝承者の方をお招きし、当時のお話を伺いました。子供たちは伝承者の方のお話を食い入るようにして聞いていました。教科書等では分からない臨場感や当時の人たちの心情などたくさんのことを学ぶことが出来ました。
 ご来校いただいき貴重なお話をしていただいた伝承者の方に感謝申し上げます。

11月29日(月)ゲーム集会(テレビ)

 冬の訪れを感じる寒さの中、1週間がスタートしました。
 週末に地域の皆さんが学校に集まり清掃活動をしてくださいました。
 お集りいただいた地域の皆様には校庭や学校周辺の落ち葉集めを中心に行っていただきました。ご参加いただいた方の中には卒業生ボランティアもいて母校の後輩のために汗を流してくれたようです。この場を借りて感謝いたします。
 今週の月曜朝会はゲーム集会を行いました。感染状況は落ち着き、校庭で集会を行うことも可能になりましたが、集会委員会の子供たちが一生懸命に準備をしてくれた動画を使って集会を行うことにしました。
 全校児童がテレビでも楽しむことが出来るように工夫を凝らしたゲームをみんなで楽しみました。

11月26日(金)クリスマスコンサート

 金管バンドの放課後練習がありました。今日は、クリスマスコンサートに向けてトロンボーンの子供たちがパート練習をしていました。
 例年は国立二中の吹奏楽部を招いてのコンサートを行っていますが、今年度はコロナ禍により単独でのコンサートになります。また、日程も学習発表会との間隔をあけて十分に練習ができるよう12月23日に予定を変更して設定しました。
 今週から本格的な練習が始まっています。クリスマスコンサートを楽しみにしながら金管バンドの子供たちの活躍を応援したいと思います。

11月25日(木)個人用端末の活用

 今日は個人用端末のタブレットを使った授業を支援してくださる支援員さんの勤務日でした。今年度から導入された個人用端末を効果的に活用した授業を進めるために週に1~2回、支援員さんの勤務日が設定されています。
 3時間目は2年生が個人用端末を使ってカタカナの言葉集めをしていました。教科書等を活用してカタカナで表す言葉を考えたり出し合ったりする学習をし、その習熟を個人用端末を活用して行っていました。
 みんなで学び合う集団での学習と個人用端末を活用した個別学習を、その目的を考えて組み合わせることの大切さを改めて感じました。

11月24日(水)友達のよいところを見つけよう

 冬の訪れを感じる寒い一日となり、登校時もフードをかぶったり手袋をつけたりする子供が増えてきたようです。ふっと職員玄関横の花壇を見ると皇帝ダリアのピンクの可愛い花が咲いていました。これから霜が降りるまでの短い間、寒さに負けずに咲いた皇帝ダリアの花を楽しむことが出来ます。
 今日の全校朝会では看護当番から6年生が計画した「友達のよいところさがし」に関する話がありました。友達のよいところをたくさん見付ようと頑張っている姿を紹介する心温まる話でした。
 残り少なくなった11月(ふれあい月間)、6年生が計画した素晴らしい取組をみんなで頑張り、温かく優しい学校づくりの仕上げをします。

11月20日(土) 保護者鑑賞日

 本日は学習発表会の保護者鑑賞が行われました。
 学年毎の入れ替えという制限のある中での実施となりましたが、保護者の皆様のご理解とご協力をいただき、子供たち一人一人が自分の力を精一杯発揮した演技をすることができました。そして、保護者の皆様に見ていただいたことや、喜んだり認めていただいたりしたことが子供たちの自信となり明日からの学校生活の大きなエネルギー源となりました。
 保護者の皆様の温かいご支援とご協力により子供たちが学習発表会のスローガンとした「夢と希望を未来に乗せて出発進行」が実現できたことを改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

11月19日(金)児童鑑賞日2日目

 今日は児童鑑賞日の2日目でした。
 子供たちにとっては2回目となる本番の演技を2.4.6年生が鑑賞しました。
 どの学年も昨日に比べると緊張も和らぎ伸び伸びした演技ができたようです。また、1.3.5年生は昨日鑑賞した友達の演技に刺激を受けたり自分たちの演技に活かしたりして昨日以上の素晴らしい演技になりました。
 幕間の時間には担当の児童がクイズやインタビューなどを行い、リラックスした楽しい雰囲気をつくってくれました。そして、会の終わりには昨日に引き続き6年生の代表が一緒に鑑賞した2年生と4年生に良かったことや頑張ったことを分かりやすく伝えてくれました。
 児童鑑賞2日目も子供が主役の国立二小らしい素敵な学習発表会となりました。

11月18日(木)児童鑑賞日1日目

 学習発表会1日目が終わりました。今日は1.3.5年生の鑑賞日でした。午前中に全ての学年の演技を行いました。子供たちは他の学年の演技を楽しみながら夢中になって鑑賞していました。会の終わりには6年生の代表児童が1.3.5年生の演技について丁寧な講評をしてくれました。憧れの6年生からの言葉を嬉しそうに聞いている子供たちの姿が微笑ましく印象的でした。
 保護者鑑賞日に向けての準備も計画的に進めています。先日配布したプログラムや様々な表示に使われているカットはイラストクラブの子供たちが学習発表会のために描いたものです。子供たちの総力とアイディアで国立二小らしい子供が主役の学習発表会に仕上がりました。

11月17日(水)前日準備・リハーサル

 学習発表会前日となりました。今日は朝からリハーサルが行われました。演劇以外の発表会は学校としても初めての経験です。発表する内容を仕上げていく過程で上演時間が予定よりも伸びてしまったり、舞台の準備に時間がかかったりすることもありました。そこで、実際にかかる時間を確認しながらリハーサルを行いました。
 そして、子供たちの思いを最優先に考え、ご案内のように時程を一部変更させていただきました。トップページに掲載した「時程の変更等」を参照し、開始時間や入場の仕方をご確認ください。
 明日の児童鑑賞では友達の頑張りや伝えたい想いを共感したり、友達の良さや工夫を自分たちの演技や演奏にいかしたりして、子供たちが楽しみにしている20日の保護者鑑賞につなげていきたいと思います。

11月16日(水)学習発表会まであと2日

 代表委員会の子供たちがつくった学習発表会までのカウントダウンカレンダーが「2」となりました。また、今日も放送委員会の子供たちがお昼の放送で「学芸会のうた」を流して雰囲気を盛り上げてくれています。学芸会ではありませんが子供たちはこの歌が大好きです。
 体育館を覗いてみると2年生が本番を想定して緊張感のある仕上げの練習をしていました。どの学年も練習が計画通り順調に進んでいるようです。
 いよいよ明日はリハーサルです。明日は本番で最高の表現ができるよう最後の仕上げを行います。

11月15日(月) 言葉の力「考えを伝える」

 月曜日の全校朝会で「自分の考えを伝える」ことの大切さについて話をしました。
 言葉には力があります。ふれあい月間でみんなで取り組んでいる「ふわふわ言葉」には人の心を温かくしたり人と人との関係を良くしたりする力があり、チクチク言葉にはその反対の力があります。そして、自分の思いや考えを相手に伝えることも言葉の役割であり大切な力でもあります。
 昨日、人権に関わる優秀なメッセージを書いたり提案をしたりした児童・生徒への表彰式がありました。本校からは「みんなが過ごしやすい世界にするため」の作文を書いた児童と、社会を明るくするために、市長になったつもりで具体的な提案をした児童2人が優秀賞をいただきました。そして、今日の朝会では、その2人がそれぞれの考えを発表しました。2人のすばらしい考えは言葉によって多くの人に伝わりました。そして、そのことが人の気持ちを温かくしたり、よりよい社会をつくるための取組や活動につながったりします。自分の考えを言葉にして伝えたことが大きな力になりました。
 今週末には学習発表会があります。子供たちは夢や希望を言葉や音楽、劇や発表など様々な表現方法で保護者の皆様や友達に伝えようと頑張っています。そして、それが大きな力となることを期待しています。
 ここでは受賞した2人の作文や提案を紹介することはできませんが、国立市のホームページでも紹介されるそうです。他校の児童・生徒の考えとともにご覧ください。

11月12日(金)避難訓練

 今日は11月の避難訓練がありました。避難訓練は月に1回、様々な状況を想定して行っています。今回は、休み時間に大きな揺れの地震が発生したことを想定しました。休み時間は授業中と違い、担任の先生が近くにいない場合があります。地震が発生した時に自分の判断で行動しなければなりません。子供たちはこれまでの訓練で学んだことを活かし、頭を押さえて身をかがめたり、倒れてくるものを避けて廊下や校庭の中央に移動したりなどの命を守るための行動をしました。
 避難後は自分の判断で命を守る行動ができていたかを振り返りました。今回、うまくいったことはこれからの生活に活かし、うまくいかなかったことは次回の訓練でしっかりと出来るようにしていきます。

11月11日(木)気持ちの良い秋空の下で

 ポカポカと暖かい日差しに誘われて休み時間に外へ出ると、元気に遊ぶ子供たちの笑顔と歓声が溢れていました。
 そして、6年生は秋空のもと卒業アルバムに掲載する全体写真の撮影を行いました。目前に迫った学習発表会、12月の日光移動教室、そして、卒業に向けての様々な取組と細かい計画を立て、みんなで協力して主体的に準備を進める6年生に頼もしさを感じました。
 プラタナスの3年生は晴天を活かして楽しそうに光の学習をしていました。鏡の性質を活かし、投てき板の的に上手に光をあてていました。
 子供たちの笑顔と歓声に心が和む気持ちの良い秋の一日でした。

11月10日(水)すてきポイントを見つけよう 

 今日は市内の先生方が各教科毎に集まり授業研究会が行われました。
 本校では学級指導の授業研究が行われ、市内の小中学校からたくさんの先生方が集まりました。見ていただいたのは6年生の自己肯定感を高めることをねらった授業でした。子供たちグルーブに分かれて友達の良いところ「すてきポイント」を見つけ、紹介しあったり友達からもらったカードをワークシートに貼り付けたりしました。
 今日の授業が来週から全校で行う「友達の良いところを見つける活動」と同じ目的で行う活動ということもあり、自分たちが考えた活動の楽しさや難しさを感じるよい機会となりました。
 授業を見ていただいた先生方からは「とても温かい雰囲気の学級」「子供たちが堂々と自分の考えが言えてすばらしい」「子供同士や子供と先生の関係が温かい」などうれしい感想や意見をいただきました。

11月9日(火) カウントダウンボード

 「学習発表会まであと9日」
中央階段にある掲示板に代表委員会の児童がカウントダウンボートを掲示しました。その横にはスローガンも掲示されています。
「夢と希望を未来に乗せて出発進行」
 学習発表会に向けてみんなの気持ちを一つにしたいという代表委員の子供たちの想いが伝わる掲示です。
 体育館や教室からは発表会に向けて一生懸命に頑張る子供たちの声や楽器の音が聞こえてきます。また、発表会向けて必要な道具をつくったり話し合いをする主体的な姿も多くなりました。みんなの気持ちが一つになった発表が楽しみになりました。

11月8日(月)安全指導

 今日は朝の時間に安全指導を行いました。本年度から月一回実施する安全指導を月曜日の朝の時間を使って全校一斉に行っています。
 今月は自転車の安全な乗り方について指導しました。はじめにテレビを使って毎年同じ内容を繰り返し行う意味について話をしました。
 毎年同じ内容を繰り返し行う避難訓練や安全指導は、大切な命を守るために行うものです。また、学校においては自分の命だけではなく、一緒に生活する友達の命を守ることにもつながります。だから、同じ内容であってもその学年に合わせて必要な事柄を毎年、繰り返し行っています。
 子供たちは安全指導の意味を理解し、真剣に学習を進めていました。

11月5日(金)体育館練習

 今週から学習発表会に向けての練習が本格的に始まり、どの学年も一人一人の役割や担当が決まり、子供たちも練習する目標や内容が明確になったようです。
 高学年の児童が体育館の舞台づくりや道具運びをしてくれたおかげて、低学年の子供たちも本番を想定した練習ができるようになりました。今日も体育館では2年生と3年生が本番を想定した練習を真剣に取り組んでいました。
 来週から2週間前になります。夢や希望を未来に羽子ぶための仕上げの練習、磨きをかけるための練習が始まります。

11月4日(木) オンライン学習に向けて

 先週末は個人用端末の持ち帰りと、自宅でミートの機能を使った交流を行いました。保護者の皆様にはご協力をいただきありがとうございました。
 本校では、個人用端末の活用を図るために段階的にタブレットの持ち帰りを行っています。2回の持ち帰りとその後のアンケートを通して得ることも多くありました。今後は個人用端末を有効な学習ツールとして様々な場面で活用し、子供たちの学力向上につなげていきます。

11月2日(火)全校朝会・学習発表会スローガン発表

今日は11月最初の全校朝会がありました。
 今月から検温チェックの方法が変わりましたが、先週末の学級指導やご家庭でのお声かけにより大きな混乱もなく予定時刻に朝会が始まりました。
 6年生の代表児童からは先週行われた航空写真の事や今週から始まるふれあい月間に関する話がありました。そして、代表委員の児童から学習発表会のスローガン発表がありました。
 「夢と希望の未来をのせて出発進行」夢と希望に満ちた未来をこれからもずっと続けていきたいという子供たちの願いを込めたスローガンです。
 1時間目には5年生が学習発表会に向けて大きな楽器の運び込みを手伝ってくれました。夢と希望に満ちた未来づくりがもう始まっています。

10月30日(土)学校公開

 本日は今年度初めての学校公開を行い、たくさんの保護者の皆様にご来校いただきました。感染症防止対策による規制を設けての授業公開となりましたが、保護者の皆様のご理解とご協力により大きなトラブルもなく実施することができました。本当にありがとうございました。各教室には、保護者の皆様の参観に緊張したり張り切ったり、少し照れたりなどいつもとは違う子供の様子がありました。
 学校としてもコロナ禍により授業参観ができない状況を経験したことで、保護者の皆様に直接ご参観いただく機会の大切やや授業参観・学校公開の意味を改めて感じることができました。
 また、昨日は教育委員会による学校訪問がありました。日頃から学校を支え、応援してくださっている教育委員や事務局の皆様をお迎えし、子供たちの学習の様子を見ていただきました。教育委員の皆様からは、
「子供たちが落ち着いた環境の中で学習に集中し、一生懸命に取り組んでいる姿がうれしかった。」
「子供たちが自ら進んで主体的に学習に参加している様子がすばらしかった。」など、子供たちや教職員の取組を褒めていただいたり、価値づけていただいたりしました。
 子供たちや教職員にとっては2日連続の授業参観となりましたが、これまでの努力や学習の成果を見ていただくことが出来、「結実」という言葉にふさわしい10月の締めくくりとなりました。
 ご来校いただいた保護者の皆様、そして、教育委員会の皆様に感謝申し上げます。

10月29日(金) ユニセフ募金活動

 本校では代表委員の子供たちが中心となりユニセフ募金を行っています。
 昨日は、代表委員会の児童が事前に作成した募金活動に関する動画を給食の時間を使って放映しました。子供たちは動画を見てユニセフ募金の目的や方法を理解し、今日から始まった募金活動にたくさんの子供たちが参加していました。子供たちからの善意に代表委員が「ご協力ありがとうございます。」と感謝の言葉で応えていました。
 子供同士のやりとりに心が温かくなりました。募金活動は明日も行います。保護者の皆様のご協力に感謝いたします。

10月28日(木)学習発表会練習

 体育館には照明や音響の機器がセッティングされ、学習発表会に向けての本格的な練習や準備が始まりました。これまでは教室が中心だった練習も今週からは体育館を使っての練習が多くなったようです。
 学年によっては始業前の時間も有効に使い、音楽の早朝練習も行っています。保護者の皆様にはご協力いただきありがとうございます。
 来週は代表委員が決めてくれた学習発表会のスローガン発表があります。一人一人がスローガンを意識し、目標、めあてをもって取り組めるよう声をかけていきます。

10月27日(水)開校記念日集会・記念撮影

 昨日延期になった開校記念日集会を本日実施しました。
 今日も朝から雨雲が広がり天気が心配されましたが、予定時刻直前に雨が上がり、予定通り実施することができました。
 開校記念日集会では久しぶりに校歌を歌いました。教室内でマスクをしたままの校歌でしたが、子供たちの歌声が久しぶりに校舎内に響いていました。
 校庭では創立70周年記念誌用の航空写真をドローンを使って撮りました。みんなで心を合わせて撮った人文字「夢」と虹の写真は子供たちの忘れられない思い出の1枚になります。また、各学級ではクラスページの作成を進めています。本日撮影した写真も含め、記念誌の完成が楽しみになりました。
  
 記念写真を撮り終えると再び雨が降り出しました。記念写真撮影を楽しみにしていた子供たちの気持ちが天に届いたようです。

10月26日(火)学習発表会に向けて

 学習発表会に向けての準備や練習が始まっています。
 昨日は6年生が体育館の舞台づくりをしました。6年生みんなで力を合わせ、ひな壇やパネルなど必要な物品を運びました。
 下の写真は4年生です。4年生は学習発表会で校舎の建替えによってなくなってしまう屋上庭園やビオトープのことを発表します。そのための準備として屋上庭園やビオトープの歴史を調べたり、つくった方やお世話をしている人にインタビューをして関わっている人々の思いを考えたりしています。
 学習発表会では、将来はなくなってしまうこの施設についての自分たちの意見をまとめたり自分たちができる関わりについて考えたりして発表をする予定です。

10月25日(月)全校朝会(ふれあい月間の取組)

 これまで身に付けた力を発揮し、うれしい「結実」がたくさんあった10月も今週で終ります。そして、来週から11月となり、ふれあい月間が始まります。ふれあい月間はみんなで楽しく安心して過ごすことを意識します。そして、その取組はこれまで私たち教員の考えた計画をもとに進めてきました。
 今年度2回目となる11月のふれあい月間は学校のリーダーである6年生が企画した取組を中心に進めることにしました。これまでにない新しい挑戦です。今日の全校朝会では、6年生の各学級で考えた取組について説明がありました。子供たちは教室でテレビを見ながらしっかりと話を聞いていました。  
 11月のふれあい月間は、ふわふわ言葉と一声指導に6年生が考えた具体的な取組も加えて、笑顔と優しい心が溢れる学校生活を目指します。

10月22日(金) 研究授業・1年生

 冷たい雨の一日となった週末、5時間目に1年生の研究授業がありました。
 冷え込んだ体育館での体育の授業となりましたが、子供たちは元気いっぱい体を動かしていました。
 本校では教育目標にもある「目標をもって最後までやりぬく力」を育てるための研究を進めています。日常の取組の中でも目標やめあてをもつことや、意識して取り組むこと、目標を達成した時の心地よさを味わえるようにすることなどを工夫して授業や様々な活動を進めています。
 そして、そのための授業の在り方をみんなで工夫したり共有したりするために年3回の研究授業を実施しています。
 今日は1年生の授業を見て、研修会を行いました。授業後の協議会では、担任の指導に対してだけではなく「1年生の成長や変容に驚いた。」「きびきびした動きがすばらしかった。」「友達への声掛けが優しく温かかった。」など子供たちの良さや成長を確かめ合ったり、それを価値づけたりする意見もたくさん出されました。
 これまでの子供たちの頑張りや、先生たちの授業づくりのための研究の結実を感じるうれしい授業研究になりました。

10月21日(木)卒業制作

 昨日、校舎の建替え工事に伴うヒアリングを行う前に、6年生の卒業制作の担当児童が来て、卒業制作でつくるものの相談をしました。
 担当児童は卒業後のことを考えて学校生活に役立つものをつくりたいと自分たちの考えを伝えていました。そして、新しい学校のことを工事の関係者の方に詳しく聞きながら自分たちがつくるもののイメージを膨らませていました。
 下の写真は昨年度の6年生がつくった卒業制作の校名板と扇風機カバーです。昨年度の卒業生が卒業制作として作ったものです。今年の卒業生がどんなものを残してくれるのか楽しみになりました。

10月20日(水) 校舎の建替えに向けて(図書委員会のヒアリング)

 来年度から始まる校舎の建替え工事に向けて、今年度は校舎や校庭に設置する物品の位置や種類など具体的な計画を立てています。そして、その際、学校生活の主役である子供たちの思いを計画に活かすために子供たちの考えや思いを設計業者や担当者が直接聞く機会を持っています。
 昨日と今日はメディアセンターの設計のために図書委員会の子供たちとの懇談を行いました。子供たちは図書室での活動で感じていることを伝えたり、新しい施設への希望や願いを具体的に伝えていました。
 関係者の皆様は、子供たちの意見にうなずいたりメモをとったりしながら真剣に聞いてくださいました。
 自分たちの考えを堂々と発表する子供たちの姿に成長を感じるとともに、子供たちの意見を反映した施設の完成が楽しみになりました。

10月19日(火)避難訓練

 今日は避難訓練がありました。コロナ禍で全校児童が集まる活動ができなかったり悪天候のため校舎内での訓練になったりしたために校庭に避難するのは久しぶりです。
 今日は、雨も上がり計画通りの訓練ができました。子供たちは放送や担任の話をよく聞いて「おかしも」を意識して自分や友達の命を守る行動ができました。

10月18日(月)縦割り班活動

 爽やかな秋晴れの朝となった月曜日、朝の時間を使った縦割り班活動を行いました。今回も1-6年、2-5年、3-4年がそれぞれペアとなり、高学年の子供たちが計画、準備した活動を行いました。
 本校では年間で6回の縦割り班活動が計画されており、今回が3回目となります。教室と校庭を使い高学年の子供たちが計画した遊びをみんなで楽しんでいました。高学年の子供たちは、低学年の子供たちのことを気遣い温かい言葉をかけていました。そして、低学年の子供たちが夢中になって遊んでいる姿や楽しそうな笑顔がやりがいや達成感につながったようです。
 次の活動は12月に予定されています。

10月15日(金) タブレットの使い方指導

 今日の朝授業は全校一斉の学級指導でした。内容は、タブレットの使い方です。昨年度から個人用端末が各教室に整備され、今年度からはそれを使った授業や家庭への持ち帰りなど使用する機会も増えました。それに伴い、タブレットを使った悪戯やいじめなど不適切な利用もあり、社会的にも大きな問題になっています。
 そこで本校では、タブレットの使い方に「してはいけない使い方」を新たに加え「二小ルール」としました。そして、そのことを全校一斉の学級指導で理解を図りました。この機会に、ご家庭でもご確認いただき、ご家庭ごとのルールにも加えていただければ幸いです。
 本日、配布した文書についてはトップページも掲載しました。

10月14日(木)校外学習

 昨日までの雨があがり、秋らしい気候の中、3つの学年の校外学習がありました。
 3年生は矢川たんけんに行きました。学習のめあては、「前回の春の様子との違いを見つけること」です。子供たちは、そのめあてを受け、個々にめあてを決めました。「カニを捕まえて観察したい」「植物の様子の違いを調べたい」「水の温度を比べたい」など、積極的に学習に取り組みました。
 1年生は近隣の公園に行きました。公園のきまりを守って上手に遊んだり、季節の変化に気付いたりすることが出来ました。そして、5年生は稲刈りの体験をしました。6月に自分たちで植えた稲を刈り取り、束にして天日干しにしました。秋空の中、これまで身に付けた力を発揮し、机上の学習ではできないことを学び、有意義な校外学習となりました。

10月13日(水) 図書委員会によるスタンプラリー

 今週になり秋らしい過ごしやすい日が増えてきました。「スポーツの秋」「食欲の秋」など秋は何をするにも取り組みやすい季節です。
 図書委員会の子供たちが「読書の秋」に色々なジャンルの本を読んでもらおうとスタンプラリーを企画しました。そのための細かい計画も図書委員会の子供たちが話し合い、個人用端末を使って学級掲示用のポスターを作ってくれました。写真の下にある計画書をご覧ください。1年生から6年生までが目的をもって読書ができるように工夫した楽しい計画です。
 今週は雨の日も多く、今日も低学年を中心にたくさんの子供たちが図書館で本を読んだり借りたりしていました。

10月12日(火) プラタナスの体験授業

 本校のプラタナスは児童の特性や目標に応じて交流学習を行っています。交流学習の内容や回数は児童によって異なりますが、出来るだけたくさんの時間を交流学級で過ごすことを目標にしている児童もいます。
 そこで、プラタナスの交流学習が円滑に進められるように、プラタナスの教員がプラタナス体験授業を3年生を対象に行ないました。3年生の児童はプラタナスの子供たちが行っている自立活動(プラタナスやはばたきで行っている基本的な生活習慣を確立するための活動)を体験しました。
 3年生は、自分たちにとっても必要な「よく見ること」「よく聞くこと」に関わる活動を集中して取り組んでいました。
 体験授業を通して、プラタナスやはばたきでの学習について理解が深まったようです。

10月11日(月) 金管バンド演奏会

 先日、金管バンドの子供たちが国立市吹奏楽フェスティバルに参加しました。コロナ禍の開催ということで無観客での演奏となりました。金管バンドの子供たちは、今年度初めての大きな舞台ということで、この日のために夏休み前から練習を重ねてきました。
 今日は、全校朝会でその時の演奏を全校で鑑賞しました。テレビ画面を通しての演奏になりましたが、子供たちは画像を通して舞台での演奏を楽しみました。
 感染者数も減少し、感染対策を講じれば演奏会もできるようになりそうです。金管バンドの子供たちは、対面での演奏会を楽しみにしながら、12月に予定されているクリスマスコンサートに向けて練習を始めています。

10月8日(金)情報モラル研修

 感染者数も少なくなり、市内の感染者については0人の日が続いています。しかし、第6波の可能性も心配されており、それに備えた準備も計画的に進めています。今日は、国立市のICT支援員の方からオンライン授業の方法やその際のルールやマナーなどについて教えていただきました。
 2学期に入り、一人一台の個人端末を使って学習を進める機会が多くなりました。その際、子供たちが正しい操作方法を習得することだけではなく、使い方のルールを守ったり、一人一人が適切に判断したりできるようにすることも必要になります。
 そこで、本日の研修では、子供たちに指導する内容や方法について共通理解を図りました。来週の金曜日には、本日の研修を活かして全校一斉の情報モラルの学級指導を予定しています。

10月7日(木) 教育実習

 今日は、9月から教育実習を行っている実習生の研究授業がありました。子供たちは、実習生が一生懸命に考えた活動を楽しそうに取り組んだり、準備した教材を使って学習を進めたりしていました。
 授業後は授業を参観した私たちがそれぞれの視点で授業を振り返ったり指導の仕方について一緒に考えたりしました。私たちにとっても自身の指導を振り返る良い機会となりました。
 9月から始まった教育実習も明日が最終日となります。実習生にとって4週間の実習の成果を味わうことができる一日になりそうです。

10月6日(水)委員会活動

 本校では今年度から水曜日の5時間目にクラブ活動と委員会活動を行っています。今日は10月の委員会活動がありました。委員会活動ではその月の活動について確認をしたり、委員会ごとの課題を話し合ったりしています。
 今日は活動の合間に6年生の写真撮影がありました。卒業アルバムに掲載する写真です。一年間の大きな目標としていた二松ソーランの発表が終わり、少しホッとしている6年生ですが、次の目標に向けての準備が始まっているようです。

10月5日(火)全校朝会「結実」

 今週も全校朝会をオンラインで行いました。はじめに10月の学校生活で意識する「結実」という言葉について説明をしました。
 10月は先日開催された学習発表会のように、これまでの学習の成果を活かすことや、学習成果を発表する機会が計画されています。また、11月の学習発表会に向けての練習も始まります。
 そこで、10月は「結実」という言葉を意識し、できたことへの達成感や成就感がもてるよう言葉かけや活動の仕方を工夫します。
 今日の全校朝会では、2年生が1学期に行った消防写生会の表彰作品を紹介したり、夏休みの自由研究発表会で賞をいただいた児童の紹介をしたりしました。
 このように10月は子供たちの「結実」した姿を紹介したり励ましたりすることで、一人一人の更なる成長につなげていきます。

10月2日(土) 体育学習発表会「熱烈閃光」

 台風一過の秋晴れの中、体育学習発表会が開催されました。
 「熱烈閃光」は自分たちの演技で見ている人たちに元気や勇気、希望をもってもらえるようにがんばろうという思いを込めたスローガンです。子供たちはこのスローガンを目標に練習を重ねてきました。
 強い陽ざしで気温も上がり厳しいコンディションの中でしたが、子供たちは最後まで精一杯演じたり、観戦したりすることができました。
 感染症予防のため、様々な対策を講じながらの開催となりましたが、保護者の皆様のご理解とご協力により、子供たちの記憶に残る71回目の運動会となりました。

10月1日(金) 体育学習発表会前日

 体育学習発表会の前日は台風の影響で強い雨の一日でした。
 どの学年も今日の雨を想定し、明日に備えて屋内でできる準備を計画していました。そして、昨日(木曜日)は校庭を使った仕上げの練習をしました。6年生の練習をじっと見つめる1年生の姿が印象的でした。
 代表委員会が作成したメッセージコーナーには、明日の本番に向けて子供たちの思いが貼られていました。「笑顔」「協力」「カッコよく」などこれまで子供たちがテーマとした言葉が力強く書かれていました。
 明日は、それぞれが取り組んできた思いを込めて、精一杯の演技を期待しています。

9月30日(木) 芝生隊の皆様ありがとうございました

 台風の接近が予想される明日を前に、校庭では体育学習発表会に向けて仕上げの練習を行いました。そして、子供たちの練習を前に芝生隊の皆様が枯芝集めの作業をお手伝いしてくださいました。明日の雨で芝生が濡れて乾きにくくならないように、芝の根元にある枯れた芝を取り除く作業です。
 芝生隊の皆様には子供たちの座席となる部分を中心にお手伝いいただきました。そして、本日で1年間の芝生維持作業が終わります。皆様のご協力により今年も最高のコンディションで体育学習発表会を迎えることが出来そうです。
 これから接近する台風の影響によっては予定の変更もありますが、「熱烈閃光」の舞台が整いました。
 1年間、芝生維持管理に関わってくださった皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

9月29日(水)ピーマンのプレゼント

 今週は校長室にうれしいお客さんが来てくれました。収穫したピーマンを届けてくれた2年生です。
 2年生は、体育学習発表会に向けての練習の合間に1学期に植えたピーマンの収穫をしました。夏休みの間も育てたピーマンは今もたくさんの実をつけているそうです。そのピーマンをビニール袋に入れて持ってきてくれました。クラスごとに代表の子供たちが届けてくれたのでビニール袋が3つになりました。今日からしばらくは二小産のピーマンが我が家の食卓に並びます。

9月28日(火) スローガン掲示

 今日も爽やかな秋空の下、体育学習発表会に向けての練習が行われました。
 休み時間には、代表委員の子供たちが中央階段の掲示板にスローガンを掲示してくれました。子供たちがスローガンを意識して練習や準備ができるようにするアイディアです。これまでは、担当の先生が用意をした掲示ですが、今年は子供たちが企画し、実行しました。
 これから子供たちの想いが書かれたカードが掲示されます。

9月27日(月) 体育学習発表会全体練習

 先週の暑さが嘘のような秋らしい週明けになりました。屋外では上着が欲しくなるような涼しさです。今日は、週末に控えた体育学習発表会に向けて全校練習をしました。全校で集まるのは久しぶりのことです。金管バンドによるファンファーレと演奏も含め、入場行進から開会式まで本番通りの練習を行いました。 

 子供たちは、本番を意識して真剣に取り組み、緊張感のある練習となりました。

9月24日(金) 外国語・外国語活動

 2学期から5.6年生の外国語と3.4年生の外国語活動の時間を外国語担当の教員とAET(外国語指導助手)が行っています。
 外国語は週2時間行い、英語によるコミュニケーションの基礎となる事柄を学習します。外国語活動は週1時間、高学年の外国語につながる英語に慣れ親しむ活動が中心となります。今日は6年生が夏休みの思い出を英語でに分かりやすく伝える活動に取り組んでいました。
 学校での学習が日常生活に活かせるようにしたり、子供たちの生活に関連した題材を取り上げたりしながら、使える英語をめざした学習を進めています。

9月22日(水) 金管バンド・発表に向けて

 昨日、音楽室から聞こえてくる音色に誘われて覗いてみると6年生を中心に練習している金管バンドの子供たちの姿がありました。
 金管バンドの子供たちは、週末に予定されている国立市吹奏楽フェスティバルや来週の体育学習発表会に向けて毎日のように練習をしています。今年入部した3年生も音楽の授業では習わない金管楽器などを一生懸命練習しています。
 週末のフェスティバルはコロナ禍の開催となるため無観客で行われます。子供たちの発表の様子は、その映像を音楽集会等で全校児童に紹介する予定です。

9月21日(火) 育成会ソフトボールチーム・優勝報告

 9月も半ばを過ぎ、いよいよ後半に入りました。今日の全校朝会では育成会ソフトボールチームの子供たちの活躍を紹介しました。
 コロナ禍で思うような練習ができない中、先週末に開催された国立市市民体育大会(ソフトボール男子小学生の部)で見事優勝することができました。今年は様々な制限のある中で練習を続けたメンバーで勝ち取った価値ある優勝だそうです。
 今日は、代表児童4名がいただいてきた優勝カップ、トロフィー、メダル、表彰状を紹介しました。そして、大会での成績を自分の言葉で報告したり来年度に向けてメンバーを募集したりすることが出来ました。
 育成会ソフトボールチームの子供たちの素晴らしい挑戦です。

9月17日(金) 体育学習発表会に向けて

 週末になると6年生の代表が校長室に来て、全校朝会のあいさつの内容について打ち合わせをします。6年生の代表児童は今週を振り返り、「ソーランが変わってきました。みんなの心が一つになるのを感じました。」と話してくれました。心が一つになってきたのは6年生だけではありません。校舎内を回ってみると、体育館や校庭、そして、教室等を活用し、体育学習発表会に向けて熱のこもった練習が行われていました。
 「熱烈閃光」のスローガンを意識し、みんなの思いが伝わるように本番に向けた練習が続きます。

9月16日(木)  桜の学習・5年生

 校庭の東側のフェンス沿いに桜の苗木が植えられた黒い鉢が並んでいます。これは、5年生が来年度から始まる校舎の建替え工事に伴い、伐採が予定されている桜を未来に残すために進めている取組です。
 5年生は、土曜日に国立の桜の保存する活動を進めている方をゲストにお迎えし、桜の苗木を育てる方法を教えてもらいました。今回教えていただいたのは「芽継ぎ(めつぎ)」という接ぎ木の方法です。子供たちは、保護者の皆様にもお手伝いいただき、増やしたい桜(穂木)の芽を丈夫な桜(台木)に接ぎ合わせて残したい品種の苗木を作りました。
 そして、火曜日の全校朝会で代表の児童が自分たちの取組について説明し「二小の桜を守り未来に繋げるために皆さんも協力をしてください。」と思いを伝えました。
 休み時間になると桜の苗木の世話をする5年生の姿をじっと見つめる低学年の姿がありました。5年生の思いが子供たちにしっかりと伝わったようです。
 5年生の発表によるとこの方法が成功する確率はかなり低いようです。1本でも多くの苗木が立派に育ち、未来の二小にも今のような桜並木ができるよう、思いを込めて見守ります。

9月15日(水) 教育実習

 今週は東京女子体育大学の観察実習があります。また、2年3組では1カ月間の教育実習が始まります。実習生にとっては、学校での仕事を体験したり、子供たちとのかかわりを通して、教員という仕事の楽しさや厳しさを味わう貴重な機会となります。
 火曜日の全校朝会では、テレビを通して子供たちに実習生の紹介しました。観察実習は1年生から4年生の学級を中心に行います。
 この実習を通して、子供たちの素晴らしさ、子供とかかわる楽しさを伝えたいと思います。

9月14日(火) お昼の放送

 写真はお昼の放送の様子です。放送委員会の子供たちは、音声のみの放送ではなく、テレビを使った番組作りに挑戦しています。
 感染症対策のため黙食をしている給食の時間を楽しんでもらうために、子供たちの意見を積極的に取り入れ、毎日、工夫を凝らした放送をしています。放送委員会の子供たちの素晴らしい挑戦です。
 この日は、ニュースや天気の情報などを伝えるアナウンサーやカメラマンなど役割を決めて放送していました。一学期から日に日に進化する放送委員会のお昼の放送を子供たちも楽しみにしています。

9月11日(土) 土曜授業日

 今日は土曜授業日でした。本来ならば学級、学校の様子を保護者の皆様に公開をする予定でしたが、今回もできませんでした。
 どの学年も土曜日ということを意識し、体育学習発表会に向けて練習をしたり、今日が最終日となる自由研究の鑑賞をしたりと学習の内容を工夫していました。
 午後は、保護者の皆様に自由研究を見ていただきました。また、彼岸花が咲き始めた屋上も解放させていただきました。写真右側は、昨日の屋上開放の様子です。久しぶりの晴天となった休み時間の屋上は子供たちの歓声が響いていました。
 本日は子供たちのいない放課後の学校公開となりました。子供たちの説明や校舎内の様子から子供たちの成長や日常生活の一端を感じていただくことができればうれしいです。
 お休みのところご来校いただいた皆様に感謝いたします。

9月10日(金) 自由研究作品展

 今週は自由研究作品展です。子供たちは1年生から6年生が夏休みに取り組んだ課題を見合いながら、それぞれの良さや頑張りを見つけています。
 昨日は高学年の展示会場に1年生が見学に来ていました。
「自由研究ってすごいね。私も自由研究ができるようになりたいな。」
1年生のつぶやきが聞こえてきました。展示会場や3階の廊下にはには1年生が憧れるような個性あふれる力作が並んでいます。そして、低学年の廊下にも覚えたばかりのひらがなや漢字を使った楽しい絵日記が掲示されています。私も時間を忘れて子供たちの表情を思い浮かべながら見せてもらいました。そして、一人一人の成長の大きさを改めて感じうれしくなりました。
 自由研究作品展は明日までとなります。今年度も感染症予防のため、放課後の参観となりました。作品展の参観につきましては、ご理解ご協力をいただきありがとうございました。

9月9日(木) ひまわりプロジェクト・2年生

 2年生のひまわりプロジェクトがありました。
 2年生は郵政研修センターのご厚意でセンター内でひまわりを育てています。そして、地域の方のご指導で、種まきから種の収穫まで体験させていただき、季節による変化や植物の成長について体験を通して学んでいます。
 今日は学習のまとめとして、ひまわりの種とりをしました。1本のひまわりからとれる種の多さや、しっかりとした種の付き方などを体験を通して学ぶことができました。子供たちが収穫した種は、町田市にあるりす園にプレゼントされます。1年間お世話になった地域の皆様、研修センターの皆様に感謝いたします。

9月8日(水) オンライン社会科見学・3年生

 昨日は、3年生が1学期に続いてオンラインの社会科見学を行いました。3年生は社会科で私たちの国立市の様子や人々の生活について学習しています。
 1学期は私たちが生活する国立市の様子を学習し、国立市には二小がある地域とは様子が違うところがあることや、きれいな場所や便利な施設があることを学習しました。また、私たちの生活を支える仕事としてスーパーマーケットを取り上げ、その見学をオンラインでしました。
 そして、2学期は、みんなの生活を支える仕事として野菜づくりを取り上げます。昨日は、市内で野菜づくりをされている方と学校をオンラインでつなぎ、畑の見学や質問などをしました。
 オンラインで見学を行うことでお話を集中して聞いたり、みんなで同じ場面を見学することができ、学習が深まったようです。
 ご協力をいただいた皆様に感謝申し上げます。       

9月7日(火) 輝跡想動

 昨日に続き四字熟語の話題です。
 「輝跡想動」(きせきそうどう)
 二小のリーダーである6年生の思いが込もった四字熟語です。
 昨日、6年生のソーランリーダーが校長室に来て、今年の二松ソーランのテーマについて説明をしてくれました。
「みんなの個性、自分らしさを二小の歴史に刻みたい」「在校生の心に残る演技をしたい。」そして、「見ている人の心を動かす演技がしたい。」「コロナ禍の不安を吹き飛ばす演技をしたい。」
 今年の現状を踏まえ、素敵なテーマを考えてくれました。どんな二松ソーランになるか、今から楽しみになりました。

9月6日(月) スローガン発表・見守りの方のお話

 2学期が始まり、今週から通常の時程になります。運動会に代わる体育学習発表会に向けて練習を始めた学年もあるようです。全校朝会では、代表委員会の子供たちがスローガンを発表しました。
「コロナに負けずに心に残る思い出をつくる」
「自分たちが夢中になって頑張ったことで人々に希望を与える」
みんなの願いを四字熟語で表現しました。
「熱烈閃光」(ねつれつせんこう)
スローガンと、そこに込めた思いを分かりやすく発表してくれました。
 次に、毎朝登校時の見守りをお願いしている皆様から登校の様子についてのお話がありました。お話の中には、危険な場面の紹介もありました。
「狭い道や歩道を広がって歩く。」
「マスクをしていても心が伝わるあいさつをする」
などご指摘いただいたことはみんなで共有し、改善を図ります。
 ご来校いただいた地域の皆様に感謝申し上げます。

9月3日(金) 緊張感と充実感

 夏休みの暑さが嘘のような肌寒い日が続いています。
 2学期の始まりの1週間が終わりました。これまでと変わらない学校生活ですが、感染リスクが高まる中、緊張感をもって過ごした1週間でもありました。子供たちはこれまでの生活経験を活かし、落ち着いた生活を送ることができました。発育測定で自分自身の成長を確かめたり、来週から始まる自由研究作品展の準備をしたりするなど、計画したことが予定通り進んでいます。
 コロナ禍においては、予定通り進めることが当たり前ではありません。やりたいことが出来る幸せと充実感を味わいながら、今できることに挑戦していきます。

9月2日(木) 避難訓練

 感染防止のため予定していた引き取り訓練は延期となりましたが、地震を想定した避難訓練を行いました。あいにくの雨で外への避難はできませんでしたが、地震発生時の教室での身の守り方や、校庭への避難のための廊下での整列と人数の確認を行いました。
 子供たちは急な予定変更もありましたが、担任の話をよく理解し、気持ちを切り替えて真剣に訓練を行いました。
 低学年の子供たちは私語なしの行動ができました。中・高学年は先生の注意や指示がなくても自分で考えて行動ができました。プラタナスの子供たちも静かに落ち着いて行動ができました。それぞれの成長を感じる避難訓練となりました。

9月1日(火) 掲示年表リニューアル

 校長室前に学校の歩みをまとめた掲示用の年表があります。平成28年度に子供たちが二小の伝統や歴史に関心をもてるように設置をしました。子供たちは、年表を見ながら二小の施設や伝統として大切にしていることの始まりを調べたり確かめたりしています。
 創立70周年の記念事業として、校舎の建替えも視野に入れながらリニューアルし、平成29年度から本年度までの学校の歩みを新たに付け加えました。
 リニューアルした年表を、ご来校の際ご覧ください。

8月31日(水) 校長先生のぶどうやさん

 今週から恒例のぶどう屋さんを校長室で開店しています。
 例年は屋外での開店ですが、今年も密を避け、校長室で分散して行っています。また、試食も学校では行わず、お家への持ち帰りとさせていただきました。
 ぶどう屋さんは月曜日から始め、今日も1年生が校長室に来てくれました。そして、校長室に並べてあるぶどう入りの袋を手に取り、ぶどうの粒をうれしそうに数えていました。また、校長室を出るときには「ありがとうございます。」とあいさつも忘れずにできました。
 お手紙でもご紹介しましたが、ワイン醸造用の山葡萄です。酸味が強く、種もあります。普段食べているぶどうとの違い、甘酸っぱいコクのあるぶどうの風味を二小の味として感じていただけるとうれしいです。

8月30日(月)全校朝会

 今日の全校朝会では、2学期の過ごし方についての話がありました。
 正しい行動をするためには、その目的や意味をしっかりと理解をする必要です。そこで、感染力が強いデルタ株のことや、子供への感染も広がっていることなど、今起きていることを具体的に説明をしました。
 また、その中で自分や大切な人の命を守り、安全に生活をするためには、マスクの着用や手洗いなどこれまでしてきたことを徹底することが大切であることを再確認しました。
 今日、子供たちに話をしたことについては、後日「保健だより」でお知らせします。ご家庭でも話題にしていただければ有難いです。

8月27日(金)始業式

 2学期が始まりました。始業式はテレビ放送で行いました。子供たちは、テレビに注目し、気持ちを切り替えながらしっかりした態度で参加できました。
 校長先生からは、運動会に代わり実施される体育学習発表会とぶどうについての話がありました。また、児童代表の5年生は、2学期に挑戦することについて書いた作文を発表しました。自分の苦手なことに挑戦をすることや、目標に向けて具体的に頑張ることなども書かれてあり、みんなのお手本になる作文でした。
 体育学習発表会やぶどうについてはトップページに掲載しましたのでご覧ください。

国立第二小学校

国立第二小学校

〒186-0005
東京都国立市西2-13
TEL:042-572-2197
FAX:042-572-2198