教育目標 : つよく かしこく あたたかく

  • 小
  • 中
  • 大

国立第二小学校

  • 小中学校一覧へ
  • 教育委員会のトップへ
  • 国立市のトップへ
国立第二小学校
トップページ > 令和2年度二小ニュース

二小ニュース

10・23 6年生 最上級生として

 6年生は、国語科の学習や二松タイムで、最上級生としてできることを考えてきました。その中の提案の一つに「1年生への読み聞かせ」がありました。
 先週から始まった読書旬間に合わせて、朝の時間を活用して6年生が1年生に絵本の読み聞かせを行っています。子供たちが今できることを考え、取り組んでいます。運動会の代わりになる取り組みも体育委員会の子供たちが中心となり計画をしています。6年生が中心となり、日々の活動に取り組んでいます。
 子供たちの頑張りを保護者や地域の皆様にお伝えすることができるように、準備をしていきたいと思います。

10・22 歯科検診

 今日は、延期になっていた歯科検診が行われました。今回は、密を避けるために、体育館での実施となりました。子供たちも段々とソーシャルディスタンスのとり方や行動の仕方等にも慣れてきています。これまでは、集団を小さくして蜜を避けてきましたが、学級や学年単位でも蜜を避けながら学校生活を送ることができてきました。
 コロナ渦ではありますが、安全に配慮して、子供たちが一体感をもちつながりを感じることができるように、これまでの学習形態や生活様式をよりよい形になるように見直していきたいと思います。

10・21 校庭芝生

 秋になり校庭の芝生も少しずつ色が変わってきました。
 今月から美化委員会の子供たちが毎朝作業を行っています。熊手を使って枯れた芝生を取り除く作業(サッチ取り)が中心です。来年の芝の成育に関わる芝生維持には欠かすことができない大切な作業です。
 休み時間は、美化委員会の子供たちが頑張って手入れをしてくれた芝生の上を元気に走り回ったり、寝転んで話をしたりと気持ち良さそうに過ごしている子供たちの姿が見られました。秋晴れの下、子供たちは心地よい時間を過ごしていました。

10・20 6年 コオーディネーショントレーニング 特別授業

 今日は、日本コオーディネーション協会の方に来て頂き、6年生を対象にコオーディネーショントレーニングの授業をしてもらいました。コオーディネーショントレーニングは、身体だけでなく脳と心に刺激を与え、感性・知性の発達につながる能力向上を目指しています。 少しの指導でも、効果があります。コオーディネーショントレーニングの専門家の指導を受け、子供たちは頭で考え動くことの難しさや巧に動くためのコツ等を考え取り組んでいました。

10・19 4年社会科見学 谷保天満宮

 4年生の社会科では、地域で大切にしている文化財や伝統行事について学習をします。
 今日は、先週延期になった谷保天満宮への社会科見学に行きました。谷保天満宮の宝物を見学したり、谷保天満宮の方に神社の歴史や今も大切にしている獅子舞などの伝統行事について説明をしてもらいました。また、子供たちが疑問に思っていることにも答えていただきました。
 子供たちは、地域の土地や人々を守る神社のことや、地域の人たちが大切に受け継いでいる伝統行事について、課題をもって学習に取り組み、見学やインタビューを通して、自分たちの課題解決に迫ることができました。

10・16 5年 稲刈り

 今日は、延期になっていた5年生の稲刈り体験が行われました。子供たちは、稲刈り体験を楽しみにしていました。市内の農業委員会や教育委員会の方々にもご協力いただき、稲刈りのやり方を教えてもらい、みんなで協力して稲を刈りました。
 今年は、田植えをすることができませんでしたが、稲の成長や収穫する喜びを感じていました。
 生命あるものに関わることで、自然の中で共存してることや生命の大切さ、農家の方々の苦労等を実感することができました。

10・15 みんなで学校づくり

 本校では、毎週木曜日に屋上庭園の開放をしています。休み時間には、多くの子供たちが訪れて、屋上庭園にしかない植物や屋上からの景色を楽しんでいます。そして、植物への水やりを子供たとが自主的に取り組んでいます。
 また、朝の芝生の手入れの手伝いを美化委員会の子供たちが進んで行っています。写真は、活動後のふり返りをしている様子です。
 それぞれが、よりよい学校を目指して、自分たちにできることを考えて、日々取り組んでいます。

10・14 読書旬間

 今週から読書旬間が始まりました。朝会では、校長先生の心に残った本の紹介がありました。図書委員会の子供たちもポスターを掲示したり呼びかけをしたりと、読書旬間を盛り上げています。また、図書館クイズを作成して、みんなが学校図書館をたくさん利用できるように工夫をしていました。
 「本は、心の〇〇」という問いが校長先生からありました。皆さんは、どんな言葉が思い浮かびますか。子供たちの心に残る1冊に出会える読書旬間にしていきたいと思います。

10・13 二小の明日にたねをまこうプロジェクト

 昨日の朝会で、「二小の明日にたねをまこう」プロジェクトの紹介があり、プロジェクトチームの5年生が、大切なことを全校のみんなに伝えました。
 その中の一つに「二小の校舎での最後の大切な思い出を残す」という話がありました。この校舎も使える期間が段々と少なくなってきます。子供たちの思いをもとに、プロジェクトを進めています。
 今日は、5年生が「パプリカ」の振り付けや歌詞について話し合いをしていました。次のリーダーとなる5年生が中心となり、頑張っています。子供たちの思いも引き継いでいけるようにしたい思います。

10・12 まとまり つながり

 今日の朝会では、「まとまり」「つながり」についての話があり、これから取り組む「二小の明日にたねをまこう」プロジェクトの紹介がありました。
10月は「団結」を意識して取り組んでいます。運動会がなくなってしまいましたが、「二小の明日にたねをまこう」プロジェクトの準備やミニ運動会についての計画を考えたりしています。みんなの気持ちがつながり、一つの大きな花を咲かすことができるように、心をひとつにして取り組んでいきたいと思います。

10・9 避難訓練 防火シャッター

 今月の避難訓練は、火災時に防火シャッターが閉じたことを想定した訓練をしました。火災が発生した際には、各階の防火シャッターが閉まります。理科室からの火災を想定した避難を、密を避けるためにクラスごとに行い、避難経路の確認を行いました。
 火災や地震等が発生した際には、みんなで安全を確保しながら避難を行います。みんなで避難方法を共通理解することで、より円滑な避難にもつながります。日頃から、みんなのことを考え行動する姿勢を育てていきたいと思います。

10・8 ゲーム集会(テレビ放送)

 今週の集会もテレビ放送で行いました。内容は、集会委員会の子供たちが作成した動画を使ったゲームです。集会委員会の子供たちがテレビでもみんなが楽しめるゲームを考えてくれてました。
 今回のゲームは、「重い物をもっているのは、誰でしょうゲーム」でした。集会委員会の子供たちや先生方の演技を見て、重い物をもっている人を当てるゲームです。今回も、集会委員会の子供たちが作成した動画を見ながら楽しいひと時を過ごすことができました。
 左の写真は、テレビ集会に向けて、準備や撮影をしているところです。計画的に用意を進め、みんなで協力して準備をしています。
 次回の集会も楽しみです。

10・7 G-Suiteの授業

 今後、G-Suiteを活用した学習を進めていくために、ログインの仕方やクラスルームの使い方等の学習を行っています。子供たち自身が、活用できることを目的に学習を行い、クラスルームを使いこなしていました。子供たちの習得の早さに驚かされました。10月中に、学年ごと順次学習を進めていきます。
 将来的にも想定されるICTを様々な学習や生活に活用する学校生活に向けて、今のうちから準備を行っていきたいと思います。

10・6 3年 矢川たんけん

 3年生が二松タイム(総合的な学習の時間)に矢川たんけんに行きました。矢川たんけんは、毎年3年生が行っており、矢川の自然や生き物とのかかわりから課題を見つけ、調べたいことやしたいこと決めて学習を進めます。
 今日は、初めて矢川に行きました。たくさんの自然や生き物がおり、子供たちの興味・関心は、より高まりました。今日の経験をもとに、自分たちで課題を設定して解決していきます。お揃いのバンダナも素敵でした。

10・5 二小団結のバンダナ

 今日の朝会では、二小のバンダナについての紹介がありました。二小では、校外学習に行く際に、学年で統一された色のバンダナを二小の証として、身に付けて行きます。これは、二小の子供たちの団結の証でもあり、子供たちの安全を守るためにもあります。
 今日の2年生の町探検でも、バンダナを付けて探検にいきました。二小のバンダナを身に付け、みんなの団結力を高め、よりよい学びや成長につなげていきたいと思います。

10・3 土曜授業

 今日は、10月の土曜授業がありました。子供たちは、いつも通り学習に取り組んでいました。校庭では、2年生が体育の学習に取り組み、自分たちで考えた目標を意識して取り組んでいました。1年生のクラスでは、自分の考えを進んで伝えている姿が見られました。学習の成果が子供たちの姿から分かるようになってきています。
 今後も授業日数を確保し、計画された学習を進めるために土曜授業が予定されています。子供たちの実態や状況に合わせながら無理なく計画的に授業を進め、学力の定着を図っていきます。

10・2 6年 「夢」授業

 6年生は、二松タイムに国語科の学習と関連付けて、ドリームマップづくりの学習を進めています。将来の夢や職業、やりたいことについて考えを深めたり、自分たちで調べたりしています。その学習の一環として、校長先生が6年生に向けて、夢の話をしてくださいました。校長先生の生い立ちや経験から夢をもつことの大切さや夢をもった動機等を話てくださいました。
 子供たちは、校長先生の話を聞き、自分の夢について見つめ直したり、改め考えたりしています。子供たちの夢が具体的になり、生きる目的や糧となって輝きだすように、じっくりと学習に取り組んでいきたいと思います。

10・1 実りの秋

 10月になりました。二小の木々の葉も少しずつ色付き始めたり、柿などの果実も少しずつ大きくなってきたりしました。実りの秋が近づいてきました。10月は、校外学習や稲刈り体験、縦割り班活動等のこれまでの学びを生かした様々な活動が計画されています。これまでの学びを生かし、みんなで取り組むことの楽しさを味わうことができるよう、取り組んでいきたいと思います。

9・30 ともにいきる

 都立府中けやきの森学園に在籍する1年生の児童との交流学習に向けて、府中けやきの森学園の先生に来ていただき、学校の様子や交流する児童について1年生にも分かるように教えていただきました。様々な個性を認め合い、ともにいきることができる「共生社会」を目指すためには、日々の学校生活の中でも、他者との違いを受け入れて行動しないといけない場面があります。子供たちが正しく理解と判断して、ともにいきる「共生社会」への第一歩を踏み出せるようにしたい思います。

9・29 二松祭 紙飛行機大会

 今週は、代表委員会が企画した紙飛行機大会が行われています。代表委員会は、二小の子供たちからの意見をまとめ、二小がよりよくなるように活動をしています。今回の紙飛行機大会も、「二松祭を行いたい」というみんなの意見をもとに企画を行い、実現しました。
 密をつくらずに実施するために休み時間にクラスごとに分かれて、体育館で紙飛行機を飛ばしています。いつもより、実施回数が多くなっていますが、代表委員会の子供たちは、二小のみんなが喜ぶ姿が見たくて、休み時間に紙飛行機大会を実施しています。今できることをみんなで工夫して取り組んでいる素晴らしい姿だと思います。

9・28 伸びる希望のプラタナス

 今日の朝会での校長講話では、プラタナスで頑張っている子供の紹介がありました。目標に向かって、取り組んできたことが成果として多くの人たちに認められ、表彰されました。二小に植えられているプラタナスの木も天に向かってグングンと成長をして、校舎の2階を超える高さになりました。校歌の歌詞や学級名でもある「伸びる希望のプラタナス」の言葉通りの成長の早やさと大きさです。
 子供たちは日々の学習や様々な活動を全力で取り組むことで大きく成長しています。日常の生活や学習の積み重ねが大きな成長につながります。そして、プラタナスの木は自らの姿を通して、それを教えてくれているようです。

9・25 6年 朝の支度の手伝い

 6年生が、卒業に向けて自分たちにできることを考え取り組んでいます。その一環として、1年生との交流があります。毎朝、6年生が1年生の教室に行き、朝の支度の手伝いをしています。今日も、6年生が1年生のお手伝いをしていました。支度が早く終わると、一緒に折り紙をしたりゲームをしたりして、仲を深めていました。今、自分たちにできることを工夫して取り組んでいます。二小伝統のソーラン節についても、みんなで考えています。今年は、開校70周年の節年でもあります。みんなの心に残る取組ができるようにしていきたいと思います。

9・24 国立市科学に関する自由研究発表会

 国立市科学に関する夏休みの自由研究発表会があり、6年生の代表児童が発表会に参加しました。科学に関するテーマについて、日頃の生活で疑問に思っていることやこれまでの学習で更に解決したいこと等について調べ、学校や家庭での学習を活かしながら夏休みに行った自由研究を発表しました。
 二小の代表作品は、「冷凍した前と後を比べよう」というテーマで、日常生活の中で疑問に感じたことについて実験を行ない、その成果をまとめ、発表しました。
 市内にあるヤクルト研究所の方に審査や講評をしてもらい、これまでの学習の成果を存分発揮することができていました。

9・23 全校朝会

 今朝の朝会では、育成会のソフトボール大会で活躍した子供たちの紹介や教育実習生の紹介がありました。先日、市内のソフトボール大会があり、本校の育成会ソフトボールチームの子供たちが3位という好成績を収めました。また、先週から始まった教育実習ですが、今週から新たに3名の実習生が加わりました。
 今までできなかったことが少しずつできるようになってきました。今週は、3日間ですが、生活リズムを整え、規則正しい生活ができるようにしていきたいと思います。

9・19 土曜授業

 昨日は土曜授業がありました。2学期は授業時数を確保するために月に2回の土曜授業を行っています。土曜日の登校ということで心配もありましたが、保護者の皆様のご協力により子供たちは元気に登校し、学習を進めました。
 学校公開が実施できない中、授業と並行してPTA全体会がオンラインで行われました。役員の皆様には動画や資料をご準備いただき、施設改善等の要望や各担当からの報告などを協議したり確認したりすることができました。
 また、木曜日には緑化活動の皆様が玄関のレイアウトを秋らしくリメイクしてくださいました。連休後は生活のリズムを整え、秋の気配も感じながら気持ちよくスタートできそうです。学校を支えてくだっている保護者の皆様の力の大きさを改めて感じています。本当にありがとうございます。

9・18 2年生活科 まちたんけん 富士見通り

 2年生は、生活科の学習で自分たちのまちの様子やそこで暮す人たちのことを学習します。今日は、二小の近くにある富士見通りを「まちたんけん」しました。これまでの生活経験をもとに、まちの様子の予想をたて、実際にどんな様子になっているか調べにいきました。商店や人の様子、交通等、子供たちはたくさんのことに気づいていました。また、交通ルールやマナーを意識し、安全に探検に行くことができました。
 今後、「まちたんけん」での子供たちの気付きをまとめたり、詳しく調べたりしながら学びを深め、自分たちのまちに親しみや愛着がもてるようにしていきたいと思います。

9・17 芝生作業 屋上開放

 今日で今シーズンの芝生作業が一旦終わりとなりました。これまで、暑い中、芝生作業へのご協力いただきありがとうございました。皆さまのおかげで、子供たちが綺麗に整えられた芝生の上で、思いっきり身体を動かしたり、安心して遊んだりすることができました。
 また、今日は、屋上開放日でした。子供たちが集まり、PTAの方と一緒に屋上庭園の手入れを手伝っていました。日々の活動ありがとうございます。子供たちの気持ちも和んでいます。

9・16 国立市教育委員会学校訪問

 本日は、国立市教育委員会の方による学校訪問がありました。子供たちの様子や授業風景、学習環境等を見ていただきました。また、二小で取り組んでいることをお伝えし、教育委員会の皆様から感想やご意見をいただきました。
 コロナ禍でも今できることを精一杯しようとしていることや、様々な制限がある中で日常の学習や生活を大切にしていることなど、子供たちや私たちが意識して取り組んでいることや子供たちの頑張ってることを褒めていただきました。
 午後は、先生方の研究会を行い、授業の進め方など貴重なご指導をいただきました。明日からの学校生活につながる有意義な一日になりました。教育委員会の皆様、温かい励ましやご指導をありがとうございました。

9・15 第1回クラブ活動

 今年度のクラブ活動がいよいよ始まりました。子供たち自身が発起人となり、同じ興味や関心をもつ子供たちとクラブ活動を作り、今日は最初の顔合わせとなりました。お互いに自己紹介をしたり、頑張りたいことを発表したりしました。子供たちの興味・関心をもとにクラブ活動を立ち上げているため、どの子も意欲的に参加をしていました。1年間の活動目標や計画を立て、これから本格的に活動をしていきます。
 例年より、クラブ活動の時間が少ないですが、充実した活動になるように支援していきたいと思います。

9・14 保健委員会 朝のあいさつ運動

 保健委員会による朝のあいさつ運動が始まりました。元気な声であいさつをするだけでなく、今回は、あいさつを呼びかけポスターをもって取り組んでいました。声にださなくても相手に伝える工夫を考え取り組んでいました。
 あいさつ運動の取組は、よりよい二小にしようと子供たちから委員会活動の話し合いの際に出た取組です。子供たちは、委員会で出た意見をもとに、計画を立て、よりよい学校作りに主体的に参画しています。
 子供たちの意見や考えを取り入れながら充実した学校生活を送ることができるようにしていきたいと思います。

9・11 6年 心の授業

 コロナ禍など、変化の激しい社会において子供たちもたくさんの不安や悩みを抱えながら生きています。そんな子供たちにとって、不安や悩みへの対処方法を学ぶことはとても重要です。
 先日、6年生を対象に、保健師の方による「心の授業」を行いました。不安や悩みを抱えたときにどうしたらいいか。誰に相談したらよいか等、困ったときの対処の仕方や、相手の気持ちに寄り添って行動することの大切等を考えました。 そして、一人で抱え込まずに、周りの人に相談したり悩みを聞いてもらったりすることが大切であることを改めて確かめ合いました。
 進学や友達との関係づくり等、心配や不安に感じることが増えてきます。子供たちが安心して学校生活を送ることができるように学校でも支援をしていきたいと思います。

9・10 ゲーム集会

 今日は、今年度最初のゲーム集会がありました。集会委員会の子供たちが、今自分たちにできることを考え、集会を企画しました。今回の集会は、「だれでしょうクイズ」でした。これは、映像を見て、映っているのは誰かを当てるゲームです。事前に、ビデオでゲームに使う動画を撮影して、その動画をテレビ放送で放映しました。放送を使った集会は、初めての試みでしたが、集会委員会の子供たちがしっかりと計画を立て、無事に成功することができました。
 今の自分たちにできることに挑戦をして、子供たちが達成感をもてる教育活動を行っていきたいと思います。

9・9 セーフティ教室

 先日、セーフティ教室を各学級で行いました。今年度は、各学級で夏休みに取り組んだファミリーeルールのふり返りやふり返りをもとに、インターネットの使い方について動画を活用して学習をしました。
 これまでの生活をふり返り、インターネットやゲームをするときにどんなことに気を付けたらよいか。どんな約束があると困ることがなくなるか考えました。 子供たち自身がインターネットやゲームとの付き合い方を考え、安全に使用できるようにしていきたいと思います。 

9・8 3年 オンラインスーパー見学

 3年生の社会科では、私たちの生活を支える仕事について学習します。今日は、私たちの生活に欠かすことができないスーパーマーケットの仕組みや販売するための工夫について学習をしました。例年、この学習では地域のスーパーマーケットに協力をしてもらい見学に行っていましたが、今年は見学が難しいため、オンラインでの見学に挑戦しました。
 スーパーマーケットの方に協力をしてもらい、スーパーマーケットと学校をオンラインで繋ぎ、リアルタイムでスーパーマーケットの様子を伝えてもらったり、質問をしたりしました。初のオンラインでの見学でしたが、お店の方に丁寧に説明をしていただき、まるで本当に見学しているぐらい充実したオンラインの社会科見学になりました。
 ご協力いただいたスーパーマーケットの皆様、ありがとうございました。

9・7 コロナと心

 新コロナウィルスに感染した人やその周りの人たちへの差別や嫌がらせや偏見等の行動は許されないことです。今日の全校朝会では、文部科学大臣からのメッセージをもとに、新コロナウィルスのことを正しく理解し、差別や嫌がらせ等のない生活の大切さについて話がありました。「コロナと心」というシートを使って1学期に学習した内容です。
 感染者の増加が続き、感染が身近な問題となってきました。そこで、1学期に学習した内容を思い出し、相手がどう思い、どう感じるのかを想像して、一人一人が行動していくことの大切さを改めて確認しました。
 今後も、日頃の学校生活の中で、相手を思いやった行動や言葉がけができるように指導をしていきたいと思います。
 本日、子供たちに伝えた文部科学大臣からのメッセージと、国立市教育委員会が作成した感染時の対応を配布しました。保護者の皆さまには一読いただき、子供たちが安心できる環境作りにご理解とご協力をお願いします。

9・5 土曜授業

 今日は、今年度最初の土曜授業がありました。例年は、学校公開や自由研究作品展を行っていますが、コロナ禍の今年度は、授業のみの実施となりました。1年生にとっては、初めての土曜授業、2年生以上に久しぶりの土曜授業となりましたが、子供たちは、いつもと同じように落ち着いて学習をしていました。これまでの生活をふり返ると子供たちは、いろいろな変化に柔軟に対応しており感心します。
 また、本日は、学校評議員会や芝生維持委員会がありました。変化の多い時期ですが、みなさんと情報共有できたことは学校としても大変心強く思います。今後もご理解とご協力よろしくお願いします。
 暑さもまだまだ続きます。子供たちが安心安全な学校生活を送ることができるように、学校、地域、家庭が連携して今後の教育活動を進めていきたいと思います。

9・4 2年 ひまわりプロジェクト

   2年生の生活科の学習では、身近な自然に目を向けて季節の変化を感じたり、生き物を育ててその変化に気付いたりする学習があります。
 毎年、2年生は、郵政研修センターの敷地にひまわりの種を撒き、季節による様子の違いや成長を観察する学習をしています。今年は、休業期間があったため、種まきはできませんでしたが、種の収穫をみんなで行いました。
 子供たちより大きく成長したひまわりを見て、子供たちは大変驚いていました。たくさんできたひまわりの種を一生懸命に収穫し、季節の変化やひまわりの成長を感じていました。来週はひまわりの種取りを計画しています。

9・3 校長先生のぶどう屋さん

 今年も「校長先生のぶどう屋さん」の季節がやってきました。今週から、希望する子供たちに二小で育てた国立生まれのぶどうを配っています。今年は、安全面を考慮して、袋に入れて子供たちに渡しています。密を避けるために、クラスごとに、もらいに行く日にちが違っていますが、3週間かけて子供たちに渡していきます。
 今日は、2年生やプラタナスの子供たちが受け取りにきていました。ぶどうを受け取った子供たちは、大変嬉しそうに袋を握りしめています。
 実りの時を迎えた一粒一粒のぶとうから、生命の力や自然の味を感じてほしいと思います。

9・2 「今できること」に挑戦

 9月になっても暑い日が続いています。二小のうさぎたちは、夏休みから猛暑を避けて職員室で過ごしています。飼育委員会の子供たちは、休み時間にうさぎの世話を計画的に行っています。飼育委員会の子供たちの挑戦です。
 2学期が始まり2週間が経ち、いろいろな活動や学習も本格的に始まりました。今年は、開校70周年記念の年となり、11月には、開校記念の行事も予定されています。開校記念を二小の一つの節目として、6年生からの提案をもとに「今できること」を考え、準備を進めます。そして、この大きな節目を子供たちの成長のきっかけにしたり、達成することの喜びを味わったりする機会にします。
 子供たちにとって、初めての周年行事です。二小の力を結集して「今できること」に挑戦します。

9・1 つながり

 連日の猛暑が続いた8月が終わり、9月を迎えました。暦の上では、秋になります。夜のなると二小でも虫の声が綺麗に鳴き響いています。
 6年生の国語の学習では、討論会を行い、自分の知識や考えを広げる学習をしています。子供たちは、同じ意見の友達と共感したり、異なる考えを受け入れたりしながら、自分の考えを深めています。
 9月は、クラブ活動が始まったりあいさつ運動があったりと友達とのつながりや絆を感じる活動が多くあります。最上級の立場として学校生活の中心となって活動することも増えてきます。仲間とのつながり中で、自分の力やよさを発揮して、大きく成長できるようにしていきたいと思います。

8・31 国立生まれのぶどう

 今日の朝会では、毎年恒例となっている「校長先生のぶどう屋さん」の話がありました。7月の長雨と8月の猛暑のため心配をしていた二小のぶどうが収穫期を迎え、二小のぶどうは、ヤマブドウの交配種である「国豊3号」が実りました。昨年度は、天候不順のため実が少なく、みんなで味わうことができませんでしたが、今年は、少しずつではありますがみんなで味わうことができそうです。そこで、今年は、密集や接触を避けるために、希望する子供にビニル袋に入れたぶどうの手渡を考えています。農薬を使わず、自然の味わいになっています。
 二小で収穫した自然の力を感じ、生き物との共生を考えるきっかけになればと思います。

8・28 美化委員会 常時活動

 今週から5時間授業が始まりました。子供たちは、無理なく少しずつもとの学校生活に戻りつつあります。また、朝の時間には、美化委員会が花壇の水やりを始めました。先日の委員会活動で、花壇の管理について話題に上がり、美化委員会の常時活動として、毎朝花壇に水やりをすることになりました。
 正門の花壇や体育館前の花壇等、みんなで役割分担を決めて活動に取り組んでいます。美化委員の水やりのおかげで、学校が明るくなりみんなが気持ちよく生活をすることができています。子供たちが主体となり、よりよい学校生活を送ることができるようにしていきたいと思います。

8・27 教員研修 コオーディネーショントレーニング

 先日、教員研修を行いました。今回は、コオーディネーショントレーニングについてです。コオーディネーショントレーニングとは、体と脳や神経との連絡を強化して自分の思った形に体を動かす能力を育てるトレーニングとなり、本校は、今年度東京都の指定を受けて、地域のコオーディネーショントレーニング推進拠点校となっております。研修会では、コオーディネーショントレーニングの有用性や実際の指導方法などを日本コオーディネーショントレーニング協会の方に来ていただき、指導を受けました。
 運動好きの子供たちを増やしたり、できる達成感を味わわせたりできるように、体育等の学習で効果的に活用していきたいと思います。

8・26 避難訓練

 9月の避難訓練がありました。
 今回は、学級ごとに火災時の避難経路や防火シャッターの場所等を確認しました。大人数で集まることが難しいため、個別での訓練となりましたが、静かに移動をして危険な箇所を確認しました。
 どのような状況でも正しく判断をして自分の命を守るための行動が着実に取ることができるように日頃から準備をしていきたいと思います。

8・25 クラブ募集集会

 今日は、クラブ募集集会がありました。昨年度末から、今の6年生が中心となり、今年度取り組みたいクラブ活動の計画を考え、準備をしてきました。例年は、4月からクラブ活動が始まりますが、臨時休業等の影響で2学期からの活動となりました。今日のクラブ募集集会は、所属するクラブ活動を決める参考にするために、各クラブ活動の発起人が中心となり、クラブ活動の内容をテレビ放送で紹介しました。
 どのクラブもみんなが楽しく活動できるように、みんなの意見を取り入れながら創意工夫をした計画ができました。
 これから、クラブ掲示板を活用して各クラブで募集を行い、メンバーを決めていきます。同じことに興味をもち、異学年での活動を行うことで、興味のある分野をより探究できるようにしていきたいと思います。

8・24 くにたち生まれのぶどうの話

 2学期が始まり1週間が経ちました。新しい学校生活にも少しずつ慣れてきており、朝会も8時35分から始めました。無理なく元の学校生活に近い生活を送り充実した学校生活になるように、内容や時間を少しずつ調整していきたいと思います。
 今日の朝会では、二小のブドウの話がありました。8月下旬になり、二小のブドウも色付き始めました。二小のブドウは、約20年前に地域のブドウ農家の方から譲っていただき、二小に植えられました。昨年の開校記念朝会では、その当時の校長先生に来ていただき、その時の話や思いを聞きました。ぶどうは1年間かけて甘い実をつけます。ぶどうの葉っぱや根っこなどがその役割を果たし、太陽や土、虫などの力を借りて実をつけます。そして、その実を私たちや鳥、様々な生き物がいただきます。二小のブドウは、「みんなでいきつづける」ことを私たちに教えてくれます。
 2学期も、学校生活をみんなで楽しく過ごすための様々な取組を行っています。「みんなでいきる」ことを意識して、コロナ禍の学校生活を充実できるようにしていきたいと思います。

8・21 2学期の委員会活動

 2学期最初の委員会活動がありました。もうすでに、常時活動を行っている委員会もあります。今日の委員会では、2学期の計画を考えたり確認をしたりしました。特に、「何のため」の活動なのか。どうしたら、みんなが安心して活動ができるか等、自分たちに今できることを考え、創意工夫をしながら、より具体的な話し合いが活発に行われていました。
 また、6年生の卒業アルバム用の写真撮影が始まり、今日は委員会活動の写真撮影を行いました。卒業に向けても少しずつ準備を進めていきたいと思います。

8・20 芝生作業

 連日の猛暑により、芝生の生育も旺盛となっています。今日は、芝生隊の方による芝生作業日でした。朝から芝刈りを行い、きれいな状態を保ってくれています。綺麗に生え揃った芝生を見ているだけでも、気持ちがうっとりしてきます。 熱中症予防のため、子供たちは外で遊ぶことが難しい状態が続いていますが、涼しくなってきたら芝生の上で思いっきり体を動かすことを楽しみたいと思います。
 芝生隊の皆さま、暑い中の作業ありがとうございました。

8・19 登校の様子

 8月より、登校時間を8時15分~8時30分とし、各教室前で担任が検温のチェックや発熱の確認をしています。子供たちは、友達との距離をとったり、小さな声で話をしたりと感染予防を意識しながら登校しています。
 また、ご家庭のご協力で家をでる時刻を調整していただき、入室開始時刻に子供たちが密集せずに校舎に入ることができています。
 登下校時も高温になることがありますので、マスクを外すときのきまりや水分補給、日陰を通ることなどの指導を行い、子供たちの安全を守ることができるようにしていきたいと思います。

8・18 8月の学校生活

 本校では、夏休みの間に示された新しい国や市の方針や、例年にない猛暑の対応を踏まえ、新しい学校生活の見直しを行いました。そして、昨日の始業式のあと生活指導担当の先生からそのことについて話がありました。
 夏の暑さが続き、体調管理が難しい子供たちもいます。学校生活においては、身体的距離を十分にとり、マスクを外して活動をしたり、休み時間は、教室で落ち着いて過ごせるように、熱中症予防についての動画を見たりして子供たちの安全を確保しています。感染症予防と熱中症予防を両立して子供たちの健康管理に努めていきたいと思います。
 詳しくは、本日配布する「8月の学校生活・8/17版」をご覧ください。

8・17 2学期始業式

 例年より短い夏休みが終わり、2学期がスタートしました。飼育委員会の子供たちが休み中にお世話をしてくれたウサギたちも元気に2学期を迎えることができました。
 2学期の始業式もこれまで同様に放送で行いました。始業式では、「やりたい」という気持ちや挑戦する姿勢を大切にできるように話がありました。また、児童代表の言葉では、5年生の代表の子供たちが2学期の目標を発表していました。
 2学期は、教育目標の「つよく」「かしこく」「あたたかく」を意識した「目標」や「めあて」づくりを丁寧に行い、充実した日常を送ることができるようにしていきたいと思います。
 引き続き、感染防止対策を行いながらの学校生活になりますが、子供たちの学習をしっかりと保障し、子供たちの思いや達成感を大切にした学校生活を子供たちと一緒に創り上げていきたいと思います。

7・31 1学期終業式

 1学期の終業式を無事に迎えることができました。1学期は、いつもとは違う学校生活となりましたが、みんなで安心して生活することや、楽しく生活をすることができました。そして、そのために考えて行動するを意識することができ、とても立派でした。
 また、私たちの生活を支えてくれたり応援してくれたりした人たちへの感謝の気持ちを大切にして過ごす大切さも再確認し、感謝の気持ちをしっかりと伝えて1学期を締めくくることができました。
 児童代表の言葉では、3年生の代表の児童が、1学期に頑張ったことや2学期に頑張りたいことを発表しました。
 いつもとは、違う環境の中で子供たちは大きく成長しました。2学期は、これまでの成長を自信にもち、「挑戦」することを意識し、様々なことに前向きな気持ちで取り組んでいきたいと思います。
 例年より短い休みとなりますが、健康と安全に気をつけてお過ごしください。2学期の始業式に、みんなが元気な姿で会えることを楽しみにしています。

7・30 明日は終業式

 明日は、いよいよ1学期の終業式となります。臨時休業や時差登校等、いつもと違う環境での1学期となりましたが、いよいよ明日で終わりとなります。
 6年生の子供たちは、国語の学習でまとめた「卒業に向けての思い出づくり」の提案文を校長先生に提出をしました。6年生としてしたいことを提案文にまとめました。子供たちの夢や希望が込められた提案文になります。
 子供たちが、前向きに学校生活が送ることができるように、明日の終業式では、自分たちの成長をふり返り、充実した1日になるようにしていきたいと思います。
 また、PTA活動もスタートし、昨日はオンラインによる全体会がありました。子供たちのために学校の様々な活動を支えてくださる活動も新しい生活様式の中で始まっています。
 昨日も小雨の中、緑化活動や芝生隊の皆様の活動がありました。皆様のおかげで、子供たちは校庭や屋上で楽しいひと時を過ごしたり思いっきり体を動かしたりし、心身ともにリフレッシュをすることができました。ありがとうございました。

7・29 5年 図工 二小ドリームガーデン

 二小は、校舎の立て替えを予定しており、新校舎建設に向けて準備を進めています。5年生の図工の学習で、新校舎に合わせた、二小のドリームガーデンを考え、陶芸作品で表現をする学習をしています。
 新校舎の設計予定図を参考に、こんな庭があったらいいな。子供たちや地域の人たちが喜んでくれる庭は、どんな庭かな等、想像を膨らませながら作品作りを行いました。
 夏休み中に焼き上げを行い、完成となります。どんな二小ドリームガーデンができるか楽しみですね。

7・28 4年 水道キャラバン

 二松タイム(総合的な学習の時間)では、問題解決に必要な技能を身につけたり、身近な生活についての関心を広げたりする学習をしています。
 今日は、4年生の二松タイムの学習の一環で、水道キャラバンがありました。子供たちは、水道局の方が用意してくださった教材を使ったり、お話を聞いたりして、私たちの生活に身近な上下水道についての学習を行いました。
 そして、これまで学習したことを活かして、下水の仕組みや安全な飲み水についての取組等について考えたり、理解を深めたりしました。
 今後は、私たちの生活に欠かすことができない水を上手に使ったり大切にしたりするために自分たちができることを考えたり、それを伝えたりする学習を進めていきます。

7・27 テレビ朝会「まとめ」

 1学期最後のテレビ朝会がありました。最初の6年生の挨拶では、「約束やきまりを守れていますか。」と全校のみんなに問いかけの言葉がありました。これまで、「何のため」を意識して学校生活を送ってきました。きっと、6年生は、約束やきまりの意味や必要性を理解し、問題意識をもって学校生活を送ってきたことが朝の挨拶から伺えました。
 校長先生からは、夏期時程についての話がありました。夏期時程は、それぞれが自分に合った形で1学期のまとめができるように設定してあります。家庭学習の充実や補習での学習の定着等、子供たちの実態に合わせまとめができるようにしてあり、その意味を子供たちに伝えました。「何のため」の時間かをよく考え、安心して夏休みを迎えることができるようにしていきたいと思います。7月下旬の登校は、子供たちにとって初めての経験です。子供たちの心身の健康を第一に考え、残りの5日間の指導に当たっていきたいと思います。

7・22 離任式

 今日は、延期していた離任式が行われました。今年の離任式は、感染症拡大防止の観点から、放送での離任式となりました。3月で二小を離れられた先生方からお別れの言葉がありました。二小の思い出や新しい学校での生活等をお話してくれました。代表の子供たちから、これまでの感謝の気持ちを込めたみんなの手紙を渡しました。最後に、二小の校歌を心の中で歌い、最後の別れを惜しみました。
 離任式後は、関わりが合った子供たちのところを回り、短い時間ですが、離任された先生とお話することができました。これまでの二小の歴史を作ってくれた先生たちと思い出をふり返りことで、今の自分たちの成長も感じることができました。

7・21 思い出に残る1年にするために

 6年生は、国語で提案書の学習をしています。「思い出に残る1年にするために」をテーマに提案書を作成しています。提案理由や具体的な提案、実現したときの効果等を考え、相手を説得できる文章を考え、まとめています。1年生との交流や二松ソーラン、開校70周年等、今ある問題に対して意見やアイデアを出し合い、問題解決に向けて取り組んでいます。
 今後は、二松タイム(総合的な学習の時間)の時間も活用しながら、卒業に向けてどんな課題に取り組んでいくか、課題設定をしています。子供たち自身が、身の周りにある問題に気付き、主体的に問題解決ができるように、子供たちと一緒に取り組んでいきたいと思います。

7・20 安全な生活

 今学期のテレビ朝会も残り2回となりました。6年生が順番で、朝の挨拶をしています。挨拶の際には、先週のふり返り、廊下の歩行の仕方を意識しようと呼びかけました。子供たち自身が課題を見つけ、よりよく生活をしていこうと取り組んでいます。
 今朝の校長講話の中で、「ととのえる」と「くべつ」の話がありました。先週も紹介した1年生の下駄箱や傘立ては、きれいに整頓されていました。これは、気持ちを整えることにつながります。また、校庭にあるポールは、人があるく場所を「くべつ」してみんなに教えるためにあります。
 すべてのことには意味や目的があり、みんなが気持ちよく生活するために必要なことです。今月は安全な生活を送ることを意識します。学期末になり、気持ちがせわしくなりがちです。決まりや生活様式の意味や目的を考え、規律ある学校生活を送り、気持ちよく夏休みを迎えることができるようにしていきたいと思います。

7・17 「何のため」意味や目的を考える指導

 今週は雨の日が多く、休み時間は教室で過ごしたり学校図書館を利用したりしていました。雨の日が続くと、思うように外で遊ぶことができずに校舎内で過ごすことが増えてしまいます。しかし、今週は、この機会を生かして校舎内での生活の仕方を見直したり考えたしました。
 7月の生活目標の具体的な取組の一つに「約束を守ろう」があります。子供たちにとって休み時間も学びの場となっており、室内での過ごし方や廊下の歩き方、感染予防の行動等を考えながら行動しています。
 今週は、子供たちが約束や決まりの意味や目的を意識した行動ができるよう、「何のため」を考えさせる一声指導を行いました。
 来週からは、夏期時程となります。夏期時程の意味や目的を意識し、有意義に時間を活用できるようご理解、ご協力をお願いします。

7・16 コロナと心

 今日の朝の時間は、本校の職員がこれまで様々な機関が作成した資料をもとに作成したシートを使って。「コロナと心」について学習をしました。
 新コロナウイルスに関する新しい情報が連日のように報道され、感染に対する不安が大きくなってきました。
 みんなが安心して学校生活を送ることができるように、コロナウイルスのことやウイルスに対する気持ちのことなどについてみんなで考えました。
 相手のことを考えて行動することや一人一人を大切にすること、困ったときはどうしたらいいか等、これからの生活で気をつけていくことや意識していくことの確認もしました。
 新しい生活が定着ために時間が必要です。定着するためには、子供たちが安心して登校できる環境や体制をつくることが必要です。
 今日の「コロナと心」についての学習を、差別や偏見のない生活につなげていきます。

7・15 つながり

 1学期の登校日が残り10日となりました。1年生の図工の学習では、砂場で造形遊びをしていました。友達と協力して作品を作ったり、友達の作品のよいところを見つけたりして、集団の中で友達との「つながり」を意識して学習に取り組んでいました。
 学校が再開して、1ヶ月半が経ち、子供たち同士のつながりが学校の中に再び出来てきています。また、感染拡大防止対策を行いながら、学校でしか学ぶことができない人とのかかわりやつながりを実感する機会が増えてきました。
 1学期も残り10日間となりました。学習だけではなく、人とのかかわりやつながりを通して心の成長も感じることができるように、子供たち一人一人に寄り添い、指導をしていきたいと思います。
 来週は、延期になっていた離任式があります。これまでつながりやかかわがあった先生たちとの久々の再会を子供たちは楽しみにしています。お世話になった先生方に、子供たちの成長した姿を見てもらうことが楽しみです。

7・14 思いやり

 「何のため」・・・みんなが意識をして学校生活を送っています。約束やきまりも意味があって存在します。昨日は、約束やきまりにが「何のため」にあるか子供たちと考えました。その中で、友達を思いやり行動をしていくことで、約束やきまりがなくても気持ちよく過ごすことができることに気がついていました。 3年生の図工の学習では、ノコギリの使い方について学んでいます。ノコギリを使う子と材料をおさえる子で協力して、作業に取り組んでいました。助け合うことで、一人では難しいことも円滑に上手にできるようになっていました。相手を思いやり行動することの素晴らしさを子供たち自身が学習の中で気づくことができるように指導をし、子供たちの自己有用感の育成にもつなげていきたいと思います。

7・13 きまりを守ろう

 7月の生活目標は、「安全な生活を送ろう」です。具体的には、学校のきまりを守ったり、新しい生活様式を身につけたりすることを目指しています。今日のテレビ朝会では、綺麗に整頓した下駄箱やしっかりと閉じてある傘立ての傘等、子供たちが学校のきまりを意識して生活をしている様子が紹介されました。そこから、「何のため」に約束やきまりがあるのかをみんなで考えました。
 学校の中には、たくさんの約束やきまりがあります。ただ、約束やきまりを守るのではなく、「何のため」に約束やきまりがあるのかを考え、その目的や理由を理解して、自らの考えで約束やきまりを意識した行動ができるようにしていきたいと思います。

7・10 二小再発見

 本校は今年度、創立70周年を迎えました。子供たちは、今年度が70周年の節目となる年であることを意識して、臨時休業中の自由課題としてゆるキャラづくりに挑戦するなど、関心をもって取り組んでいます。70周年記念行事をよりよく実施するために、記念事業を今年度のみの取組とするのではなく、来年度も含めた2年間で実施する事業として計画の見直しを行っています。
 今日の図工の授業では、「二小の新しい見方を発見する」課題に取り組んでいました。1/20の自分を粘土で作成して、そこから見える二小の新しい姿をタブレットを活用して記録しました。1/20の世界からどんな二小の姿が見えたのか楽しみですね。二小のよさを再発見して、開校70周年を迎える喜びをみんなで分かち合い、二小のことをもっと好きになれるようにしていきたいと思います。

7・9 朝の生活指導・休み時間

 毎週木曜日は、新しい生活様式についての指導を行っています。今回は、手洗い・うがいの仕方について、教員が作成した動画を見ながら再確認をしました。
子供たちは、自分たちの生活をふり返りながら、安全・安心な生活について考えていました。休み時間は、雨も上がり、子供たち外で元気に遊んでいました。
 元気いっぱい体を動かし、感染予防にも気を付けながら安全・安心な生活をめざします。

7・8 夏休みに向けて

 雨の日が続いています。子供たちは、雨が止んだタイミングを見計らって、中休みや昼休みに校庭で遊んでいました。学校図書館にも、読書をしに子供たちが来ています。学校図書館のカウンターには、新しくビニールシートを設置して、感染拡大防止に努めいます。家庭科の時間も間かくをあけてミシンの学習に取り組んでいました。以前とは、少し勝手が違いますが、できることにコツコツと取り組んでいます。
 今学期も残り3週間となりました。例年より、夏休みに入る日が遅いですが、今できることをしっかりと行い、安心して夏休みを迎えることができるように、子供たちに寄り添った指導をしていきたいと思います。
 7月の後半は夏期時程です。放課後は家庭学習や補修の時間を活用して学習内容を定着を図っていきます。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

7・7 委員会活動

 7月の委員会活動がありました。前回の役員決めに引き続き、委員会ごとに年間目標や具体的な取り組みなどを話し合いました。どの委員会も活動の目的や活動内容を明確にした話し合いをしており、今の二小の実態に合った活動計画が立てられていました。
 今は、例年よりできることが限られていますが、子供たちは創意工夫を凝らして、自分たちにできることを考え、挑戦しています。
 子供たちの成長が学校の成長につながる委員会活動にできるように、みんなで知恵を出し合い、よりよい学校作りに子供たち一丸となり取り組んでいきたいと思います。

7・6 プラタナスの木

 今日の朝会で、プラタナスの木の紹介がありました。この土壇の横にあるプラタナスの木は、10年前に卒業生が植えたものです。最初は、小さく細い幹でしが、ぐんぐんと成長をして、今では、校舎の3階に届きそうな勢いです。
 このプラタナスは、校歌の2番にもでてきます。「伸びる希望のプラタナス」。また、特別支援学級(情緒固定級)の名前にもなっています。このプラタナスには「二小の子供たちがプラタナスのように大きく育ってほしい」という願いが込められているのです。
 また、プラタナスの木の花言葉には、「好奇心」という意味があります。哲学者プラトンが弟子の成長を願ってプラタナスの木を植え、その森で哲学を説いたといった話に由来しているそうです。
 子供たちの旺盛な好奇心を大切にし、夢や目標に向かって、プラタナスの木のように大きく成長できるようにしていきたいと思います。

7・3 朝の時間(新しい生活)

   これまで、木曜日は全校集会を行っていましたが、みんなで集まることが制限されているため、毎週木曜日は、新しい生活様式についての指導をしています。これまで、手洗いやマスクの着用について指導をしてきました。
 今週は、「暑さに負けない体づくり」について、みんなで考え、確認しました。教員が作成した動画を活用して、各学級で子供たちへの指導を行いました。最近は、気温が高くなり、熱中症の心配も出てきています。規則正しい生活や十分な睡眠、マスクの着用の仕方等、子供たちが健康で安全に生活ができるように配慮していきたいと思います。
 ご家庭のご理解とご協力よろしくお願いします。

7・2 屋上開放

 PTAの緑化活動が始まりました。二小では、緑化活動のある木曜日に屋上開放を行っています。今日は、久しぶりの屋上開放となり楽しみにしていた子供たちが久しぶりに屋上庭園を訪れました。1年生にとっては初めての屋上開放です。
 この季節は、ラベンダーが綺麗に咲いており、花の色や香りを楽しんでいました。他にも、いろいろな植物を眺めたり、屋上からの景色を楽しんだりしていました。夏になるとブルーベリーの実を楽しみにしている子供たちもいます。
 PTA緑化担当の方々の日々の活動により、子供たちは綺麗な屋上庭園を楽しむことができています。屋上庭園が、子供たちの憩いの場となり、大事な居場所となっています。子供たちにとって大切な場所を維持管理してくださるPTAの方々に感謝いたします。本日もお暑い中、ありがとうございました。

7・1 よりよい学校生活を目指して

 7月になりました。1年間のちょうど折り返し地点です。これまでの成長をふり返り、次の目標を立てることができるようにしていきたいと思います。
 子供たちの委員会活動が先月より始まりました。休み時間には、飼育委員会の子供たちがうさぎの世話をしていました。給食の時間には、放送委員会によるお昼の放送も再開されます。高学年の子供たちが中心となり、よりよい学校作りに取り組んでいます。
 今日の休み時間には、ちょうど雨が上がり、校庭で遊ぶことができました。水たまりや芝生の上を避けて遊んだり、順番を守って遊具を使ったりと、気持ちよく生活するために、低学年の子供たちも自分たちで考え行動していました。
 毎日の積み重ねが、当たり前になり、無意識のうちにできるようになっていきます。よりよい学校生活ができるように、日頃の生活場面でも「みんなで考え挑戦する」を意識して取り組んでいきたいと思います。

6・30 お互いを思いやるために必要なこと

 朝の学級指導で、マスクを着用することの大切をみんなで考えました。ただ、マスクを付けましょうではなく、「何のため」を意識した指導です。
 新しい生活様式になり、周りの人たちのことを考えて生活をする場面が増えました。その一つにマスクの着用があります。周りの人たちが気持ちよく過ごすために、「うつさない」行動をしていくことが必要です。今日は、スライドを活用して、学級ごとに「何のため」にマスクが必要なのかを考えました。
 みんながお互いのことを考え行動することは、学校生活のあらゆる場面で見られています。1年生は、体育の授業のときに周りとの距離に気を付けて集合していました。また、休み時間後は、丁寧に手洗いに取り組んでいました。
 お互いを思いやることで、一人一人の行動が変わってきます。一人一人の行動が変わると学校全体が変わってきます。
 一人一人の意識を高め、気持ちよく過ごせる学校をみんなでつくっていきます。

6・29 スーパー4年生

 今週もテレビ朝会がありました。新しい形の朝会に、子供たちも少しずつ慣れてきました。
 今朝の朝会では、地域で活躍した4年生の紹介がありました。この4年生たちは、近隣市で迷子になった子を見つけだす活躍をしました。子供たちは、自分たちで考え、勇気ある行動をし、無事に解決に繋がりました。子供たちの成長が学校以外でも見られることは、大変嬉しく思います。
 学校が本格的に再開して1ヶ月が経ちました。子供たちの成長した姿が、様々なところで見られます。私たち教員は、子供たちの成長を褒め、認め、子供たちの自尊感情を高めていきたいと考えています。そして、子供たち自身が自ら考え挑戦する素地を育て、教育目標にある「目標をもってやりぬく子」の具現化を目指した指導をしていきたいと思います。

6・26 成長

 二小の正門を入ると、桜並木の南側に紫陽花があります。梅雨の時期になり、紫陽花が咲き始めました。紫陽花の花(真花)は、写真の青い小さい花になります。つい花と思ってしまうところは、装飾花と呼ばれ、「ガク片」が変化したものです。紫陽花の花も少しずつ成長をして、小さな花をたくさん咲かせています。子供たちも、制限の多いなかで、少しずつできることが増え、小さな成長を積み重ねています。

 来週からは、1学期の二松ウィークが始まります。二松ウィークでは、面談を通して、子供たちの成長を共有したり、これからの目標作りをしたりできるようにしていきたいと思います。短い時間ではありますが、子供たちのよりよい成長につながる面談にしていきたいと思います。

 今週、6年生は、弁護士の方をお招きし、一人一人の個性や考え方を大切にすることを学んだり、学年で卒業に向けてできることについて話し合ったりしました。卒業を迎える6年生の子供たちの気持ちに寄り添い、6年生として達成感を味わうことができるように、みんなで考えて行っていきたいと思います。

6.25 1年生を迎える会

 昨夜からの雨も上がり、休み時間や体育の時間には、校庭で元気に活動する子供たちの歓声が響いていました。
 また、先週からPTAの活動が始まり、今日は緑化活動を担当する皆様が、中央玄関に季節の花を植えてくださいました。新しい日常が少しずつ始まっています。
 右は1年生を迎える会の写真です。例年は体育館に全校児童が集まり実施する集会ですが、今年度は代表委員会の子供たちが動画の撮影と編集を行い、テレビ集会で行いました。写真は代表委員会の子供たちが企画した二小クイズの場面です。1年生も楽しそうに代表委員会の子供たちがつくったクイズを考えていました。
 2年生はお祝いのプレゼントをつくり、1年生の教室にいって直接手渡しました。1年生にプレゼントを手渡す2年生からは、先輩としての自覚を感じました。
 新しい学校生活を意識し、みんなの創意を生かして楽しい会を計画、運営することができました。そして、みんなの気持ちはしっかりと1年生に伝わったようです。

6.24 ムクドリの楽園

 昨日から芝生隊の皆様による芝生作業が始まりました。
 芝生作業をした後は、たくさんの生き物が芝生を訪れます。
 写真はムクドリです。ムクドリは早朝、小さな生き物をめあてに決まった時間に大きな群れで芝生にやってきます。
 また、これからの季節は、トンボも姿を見せます。芝生作業の後に、芝生の中の生き物たちが動き出すのを狙っているのかもしれません。たくさんのトンボが集まってきます。二小の芝生は、たくさんの生き物たちの餌場となり、楽園になっているのです。
 今日は、朝から体育の授業や休み時間、放課後キッズでたくさんの子供たちが芝生の上で遊んだり運動をしたりしていました。昼間の主役は子供たちです。子供たちが使った後は、動き出す小さな生き物たちを狙って鳥たちが集まってきます。二小の芝生はいつも賑やかです。

6・23 挑戦

 昨日は、保護者会へのご参会ありがとうございました。また、芝生隊の肥料撒き作業、ありがとうございます。
 昨日の保護者会では、学校の経営方針や学年の方針等についてご説明をさせていただきました。また、感染症拡大防止対策の観点から、学校行事や学習形態の変更等へのご理解、ありがとうございます。
 本校では、感染症対策を講じながら、教育目標の達成に向けた教育活動を行っていきたいと考えています。その際には、子供気持ちに寄り添い、やり方を工夫しながら取り組み、子供たちの成長や学びにつなげていきたいと考えています。
 今日から芝生隊の活動も始まりました。例年とは違う状況下において、子供たちの学びを保障し、二小のよさや伝統を生かした活動を実施するには、保護者や地域の皆様にご理解とご協力が不可欠です。皆様のご協力に感謝いたします。
 今週は、新しい学校生活をもとに計画した1年生を迎える会を実施します。代表委員会を中心に創意工夫しながら取り組んでいます。困難な状況だからこそできる新しい活動を、創る喜びや楽しさを味わい、新たな課題に挑戦できる力を学校全体で育てていきたいと思います。

6・22 心の中でうたおう

 今週の全校朝会から、6年生の朝のあいさつが始まりました。放送朝会のため、放送室からの中継です。ビデオカメラの向こう側にいる全校児童に向けて、先週のふり返りや今週の目標を発表しました。
 校長講話の中で、昨年度の卒業式の話がありました。卒業式当日、歌唱ができなかったため、練習してきた歌を心の中で歌いました。今できることを精一杯やりきる卒業生の姿は新聞でも紹介されました。これからの学校生活を考える上でお手本になる取組方を卒業生が示してくれました。
 通常の学校生活が少しずつできるようになってきましたが、今まで以上に周りや相手のことを思いやり、行動することが求められます。新しい学校生活が始まっています。今月の「ふわふわ言葉」の取組もその一つです。
 目には見えないことの中に、大切なことがたくさんあります。卒業生が託した「みんなで かんがえ 挑戦する」をみんなで意識して、よりよい学校生活ができるようにしていきたいと思います。

6・19 学校図書館

 今週から、学校図書館利用のオリエンテーションを学級毎に行っています。オリエンテーションでは、新しい生活様式に習い、手洗いの徹底や貸出カードを使わない貸出方法等、図書館の新しい使い方を学びました。
 今日は、雨のため、休み時間に子供たちが学校図書館を利用していました。飛沫防止のためのパーテーションを新たに設置したり、席を空けたりと、感染拡大防止策を講じながら子供たちが過ごしやすい学校生活づくりを行っています。
 もうしばらく、分散登校が続きますが、子供たちの安全を第一に考えるとともに、子供たちの気持ちや意欲を大切にしながら教育活動を進めていきたいと思います。
 月曜日の保護者会では、今後の二小の教育活動について説明させていただきます。子供たちのために、今できることを保護者の皆様と共通理解を図り、子供たちの指導を行っていきたいと思います。

6・18 創意工夫をしながらの学校生活

 学校が再開して、3週間が経ちました。新しい生活様式にも段々と慣れてきて、学校で取り組める活動も少しずつ増えてきました。
 体育では、距離を取りながら運動に取り組んだり、図工では、密をさけるために外で活動したりと創意工夫をしながら、今の生活様式でできる学習に取り組んでいます。
 制限が多い学習環境の中でも、子供たちの笑顔が溢れでていることに嬉しく思います。
 これからは、みんなで考え、安心安全な新しい学校生活を送ることができるようにしていきたいと思います。

6.17 言葉のキャッチポール

 日本赤十字社のホームページに「新コロナウイルスの3つの顔を知ろう」という資料が掲載されています。これからの新しい生活を考える上で参考になる資料です。特に、3つ目の顔として紹介されている「嫌悪・偏見・差別」についてはとても興味深く、本校の実践と重ねて考えることが出ました。皆様も是非ご覧ください。
 「嫌悪・偏見・差別」という3つ目の感染を防ぐための方法として「今起きている事態に対応している全ての人への敬意とねぎらいを払うこと」とありました。今、子供たちが取り組んでいる「ふわふわ言葉」につながる分かりやすい考え方です。
 言葉はキャッチポールに例えられます。ふわふわ言葉にはふわふわ言葉が返ってきます。そして、チクチク言葉には・・・・・・。
 私たちの言葉が子供たちの心を育てることを再認識しました。
 昨日、回収させていただいた心のアンケートには、ご家庭の中でキャッチボールされているたくさんのふわふわ言葉がありました。ご家庭での宝の時間が目に見えるようです。皆様からいただいた心温まるふわふわ言葉は、今後の指導で活かしていきます。
 教室や廊下に掲示されているふわふわ言葉の吹き出しの数も、日に日に増えてきています。

6・16 かもしれない

 先日のテレビ朝会の校長講話で、新コロナウイルスと共存する社会において、安全安心な生活を送っていくために、様々な生活場面で「かもしれない」とウイルスとの共存を想定をしながら行動していくことの大切さについて話がありました。
 今日は、今年度最初の避難訓練がありました。自然災害も日常生活の一部として意識をする必要があるものです。
 そこで、今日の避難訓練では、地震を「来るかもしれない」ものとして捉え、いつ起こるか分からない自然災害に対しての準備や心構え等、学級で指導しました。
 1年生のクラスでは、地震が起きたら、「さるのポーズやだんごむしのポーズ」をしようと地震発生時の行動について指導をしていました。
 安心安全な生活のために、「かもしれない」を忘れずに行動することの大切さを子供たちは避難訓練を通して感じていました。

6.15 学校再開

 待ちに待った学校再開です。2か月半ぶりに二小のみんなが学校に集まりました。学校の日常がようやく始まりました。

 初めての時差登校も、保護者や地域の皆様のご協力により、密をつくることなく登校できました。そして、プラタナスから順番に教室の様子を覗いてみると・・。
 感染対策で登校ができない子供を除けば、なんと全員出席でした。 
 
 始業式から2か月半、「はなれてつながる」ことで子供たちは大きく、逞しくなりました。我慢することや、自分で考えて行動することが心の成長につながったようです。 
 全校朝会はテレビ放送で行い、先生たちがつくった動画で新しい生活の仕方を確認しました。
 新しい生活での創立70周年、二小にとって特別な1年が始まります。

6.12 めいしでつながる

 1ねんせいが めいしをもって こうちょうしつに きてくれました。
 「よろしくおねがいします」「ありがとうごさます」「ぼくはやきゅうがすきです」など あいさつやじこしょうがいがじょうずにできました。
 めいしとことばで こころがつながりました。

 2月末からの臨時休業、そして、2週間の分散登校が終わりました。
 保護者、そして、この暑い2週間毎日、通学路に立っていただいた見守りボランティアの皆様には本当にお世話になりました。毎日、欠席をする児童もほとんどなく、学校生活を再スタートすることができました。多くの制限がある中で一生懸命に頑張ろうとする子供たちの気持ちが私たちのエネルギーとなっています。「子供が主役」を痛感する2週間でした。
 来週から新しい日常をめざした学校生活が始まります。創立70周年の節目の1年が子供たちの心に残る1年になるよう、ひとつひとつの取組をみんなで創っていきます。
 
 来週は時差をつけての登下校となります。これも感染リスクを抑えた取組のひとつです。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

6.12 あたらしい せいかつ

おはようございます。
きのうは ごごからあめになり かぜもつよくなりました。
かさが かぜにとばされないように じょうずにさしていましたね。
みんなの せいちょうをかんじました。

昨日、お友達が「カメ池の水がよごれている」と教えてくれました。
見に行くと、カメさんが顔を出して泳いでいました。
「来てくれてありがとう」とうれしそうでした。
用務の方にお願いして水の入れかえをすることにしました。
ほかのいきものたちもたくさんいるので、すこしずつ水をいれかえます。

いよいよ月曜日からみんないっしょに勉強ができます。
「みんないっしょ」の生活は、これまでとは少しちがう新しい生活になります。
分散登校でできたことをいかしてみんなで楽しく過ごしましょう。

今日は、担任の先生から新しい生活についてお話があります。
しっかりと聞いて心のじゅんびをしてください。
「なんのためにするのか」「どのようにするのか」
目的や方法をみんなで知ることが、みんなの笑顔につながります。
池のカメも笑顔でむかえてくれますよ。
教えてくれたお友達、ありがとうございました。

6.11 学校再開に向けて

 おはようございます。
 くちなしのあまいにおいを かんじることはできましたか?
 はすのはなを みることはできましたか?
 あじさいのはなのいろが きれいになってきましたね。
 つゆが ちかづいています。
 
 30℃を超える暑い日が続いてます。
 週末には梅雨入りも予想され、健康管理の難しい毎日が続きます。
 蒸し暑さと感染防止対策をしっかりと行うこと。
 みんなが集う、学校ならではの活動や学習を安心して行うこと。等々
 来週の学校再開に向けて準備を進めています。

 写真は一斉登校に備え、昇降口前で行う検温チェックのための非接触型体温計です。
 昇降口や検温を行っている保健室での密集を避けるために購入しました。
 暑さと感染防止の対策として教職員のフェイスシールドも購入しました。小学校の特性を踏まえた指導や、暑さへの対策として活用していきます。

 また、本日、時差登校についてのお知らせを配布します。校舎に入る前での検温チェックが継続する間は、登校時の混乱を避けるために10分間の時差を付けた登校を行います。

 検温チェックの方法は、地域の感染状況に応じて国が定めているガイドラインに基づいて市が決定します。変更があればその都度、学校の体制も見直します。

6.10 いまをたのしもう

おはようございます。
きのうは 5ねんせいが こうていであそんでいました。
「みつ」になったり ともだちにさわったりしないように くふうしながら かくれんぼをしていました。
こどもは あぞびのてんさいですね。
いまできることや いまだからできることをかんがえて たのしむちからがあります。

さて、二小にはたくさんのお花があります。
今、咲いているお花を紹介します。
上の白い花は「くちなし」の写真です。
この花の魅力は甘い香りです。

下の写真はビオトープの中に咲いている「はす」の花です。
はすの花はひらく時間が決まっています。
朝はつぼみでも お昼近くになるとゆっくり花が開きます。
この花の魅力は色です。とても鮮やかできれいな色のお花です。

植物は、1年かけて力を蓄え、決まった季節になると花を咲かせます。
色や香りは人をひきつける花の魅力です。
二小の花も「今できること」「今だからできること」を楽しんでいるようです。

みんなも いまできることをかんがえたり くふうしたりして たのしくすごしましょう。

6.9 ふわふわ言葉で友達とつながろう

おはようございます
6がつは 「ふれあいげっかん」です。
ことしは ちょくせつふれあうことができません。
だから ことばをつかって ともだちとふれあい つながることにします。
ことばをつかって ともだちとつながり なかよしになります。

ことばをつかうと はなれていても こころがつながり なかよしになることができます。
そして なかよしになることばを ふわふわことばといいます。
ふわふわことばは こころをつなぐ まほうのことばです。

では どんなことばをつかうと いいでしょう?
どんなことばが ふわふわことばになるのでしょう?
みんなで かんがえて にしょうを ふわふわことばでいっぱいにしましょう。

教室にふわふわ言葉の掲示板ができました、
6年生は廊下に掲示板がありました。そして、掲示板ははなれている友達へのメッセージがありました。
「はやく一緒に勉強したいね。」など
心が温かくなるふわふわ言葉がたくさんありました。
1年生は担任の先生に手伝ってもらってカードをつくります。
今年もふわふわ言葉であふれる温かい二小になりそうです。
そして、ふわふわ言葉でつくった「つながり」が今年の二小を支えます。

6.8 学校再開に向けて

 おはようございます。
 まいにち あついひがつづきますね。
 こんしゅうも ぶんさんとうこうです。
 よていを たしかめて きそくただしい せいかつをしましょう。

 いよいよ来週から全校一斉での生活が始まります。
 本格的な学校再開に備えて、感染防止の計画や準備を進めています。分散登校での子供たちの様子を参考に、安全・安心の学校生活について考えています。
 写真は、飛散防止の衝立です。職員室や特別教室など対面での活動がある場所に設置する予定です。ウイルスとの共存に向けての試行錯誤が続きます。
 登下校の方法や学校生活について国や市からの方針をもとに考え、今週中にお知らせする予定です。

6.5 しばふで あそぼう

おはよう ございます。
きのうから みんながたのしみにしている きゅうしょくがはじまりました。

いままで「あたりまえ」とおもっていたきゅうしょくが 「あたりまえ」ではないことが わかりましたね。
そして あらためて きゅうしょくのありがたさをかんじました。
ひさしぶりのきゅうしょく はじめてのきゅうしょく おいしいえがおが たくさんありました。
「いただきます」「ごちそうざまでした」のあいさつも こころをこめて できました。 

 今日は芝生のお話です。
 2月末から臨時休業となり、校庭の使用ができなくなりした。そして、その間、芝生や雑草にとってはストレスのない快適な3カ月だったようです。
 芝生の生育は例年になく順調で「ふわふわ」「ふかふか」という表現がぴったりの状態になっています。使われることに慣れていないような感じもします。
 雑草も芝生の成長とともに目立たなくなりました。芝生の力強さを感じます。
 
 来週からは芝生を使った活動を予定している学年もあるようです。感染防止の対策をしながら、今までとは少し違う、柔らかい芝生の感触を味わいましょう。 
 そして、皆さんを迎えた芝生の気持ちも感じてみましょう。二小が大好きな皆さんなら芝生の気持ちを感じることができると思います。
 二小の芝生も6年目を迎えました。芝生を大切にして多くの人たちきたの力の大きさを改めて感じます。
 皆さんも芝生の心や、芝生を大切にしてきたたくさんの人たちの心とつながることができたら最高ですね。

 きょうは しばふに ひりょうをまきます。
 ひりょうは しばふのこばんです。
 しばふは ごはんをしっかりたべて みなさんをむかえます。
 みんなも ごはんをしっかりたべて しばふのうえで げんきにあそんでください。

6.4 きゅうしょくが はじまるよ

 おはようございます。
 きのうは あついひでしたね。
 せんぷうきをつけて べんきょうをしているクラスもありました。
 1ねんせいは しばふのうえで たいいくをしていましたね。
 はじめてきるたいいくぎがとてもかわいかったです。
 きょうから きゅうしょくがはじまりますよ! たのしみですね。

 左の写真は今日から始まる給食で使う配膳台です。
 昨日は、担任の先生が給食で使う白衣や配膳台の準備をしていました。
 2年生以上の人たちは写真を見て何か気が付きませんか?
 青いカバーが配膳台にかけてありますね。
 このカバーは3月に卒業した子供たちの手作りの配膳台カバーです。
 昨年度の卒業生が在校生のためにつくってくれたものです。突然の臨時休業で限られた時間の中、在校生に自分たちの思いを伝えるのためにつくってくれました。皆さんはどんな思いを感じますか?
 しばらくは簡単な給食です。感染予防のための注意を守りながら、みんなで食べる給食を楽しんでください。そして、大変な中、給食をつくってくれた方、運んでくれた方、配膳してくれた方に感謝しながら美味しくいただきましょう。

 午前のグループの下校時刻や午後のグループの登校時刻が変わります。「国立二小の分散登校」で登下校の時間を確かめてください。

6.3 いま できること

 おはようございます。
 あめがあがり きょうはあつくなりそうですね。
 あつさにそなえた じゅんびもわすれないでね。

 きのうは 1ねんせいが がっこうたんけんをしました。
 みぎのしゃしんは がっこうたんけんのようすです。
 しずかにならんで たんけんができました。「はなまる」💮です。

 1年生は、これから利用する施設の多い、1.2階を中心に学校たんけんをしました。午前と午後に分かれて行ったことで、少人数で安心して落ち着いた行動ができたようです。

 右の写真は全校で行った安全指導の様子です。安全指導担当の先生がつくった動画を見ながら「手洗いやうがい」について、その目的や正しい方法を学びました。新しい生活様式につながる大切な内容です。
 担当の先生が、臨時休業中の経験を活かしてつくった動画教材を、子供たちが真剣に見ていました。また、少ない人数での学習も、子供たちにとって学びやすい環境になっているようです。

 できないことや、がまんすることはたくさんあります。しかし、いまできることや、いまだからできることも おなじようにたくさんあるはずです。
 きょうも いまできること いましかできないことを みつけて それをいかしたせいかつができるいいですね。

6.2 学びをつなげる  新しい日常をつくる

 おはようございます。
 あめのひがおおくなりましたね。
 あじさいのはなの いろも すこしずつ あざやかになってきました。
 二小のあじさいは どこにあるか しっていますか?
 はなは なにいろでしょう?
 みつけてみてください。

 分散登校にも慣れ、昨日は雨にもかかわらず、心配していた入室前の検温チェックでの混乱等は全くありませんでした。保護者の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 授業も家庭学習の確認だけではなく、これまで家庭ではできなかった活動や友達と一緒に学ぶ活動など、感染リスクに配慮しながら、学校ならではの活動が見られるようになりました。今日は、1年生が担任や友達と一緒にがっこうたんけんを行う予定です。昨年までとは少し違う、感染リスクに配慮した「がっこうたんけん」です。
 中央階段の掲示板には、家庭学習で行った図工の課題作品が掲示されました。家庭での時間を活用し、70周年の取組につながる作品です。
 アフターコロナを見据えた二小の新しい日常づくりが始まっています。

 また、昨日、市のホームページに今後の学校生活に関わるお知らせが掲載されました。これからの学校生活を考える上で大切な情報です。こうした国や都、市の方針をもとに新しい日常に向けた計画づくりを進めて行きます。

臨時休業に伴う学習の遅れへの対応

6.1 いろんな あいさつ

 おはようございます。
 きょうは なんじに おうちをでるのかな?
 がっこうの じゅんび できなかな?
 けんおんカードは もちましたか?
 がっこうに いくまえに 二小ニュースをみてくれて ありがとう。

 きんようびは みなさんのきょうしつを すこしだけのぞきました。
 みんなにあいさつをすると いろんな あいさつをかえしてくれました。
 「おはようございます」と げんきなこえのあいさつ。
 にこにこの えがおの あいさつ。
 めとめの あいさつや てをふってこたえてくれたひとも いましたね。
 みんなの あいさつが うれしかったよ。
 みんなの きもちが つたわってきました。

 あたらしい せいかつのしかた わかったかな?                                                                              「うつらない」「うつさない」「きずつけない」「むりをしない」                                 なんのためにするのかを かんがえて できるといいですね。

 きょうも みなさんのきょうしつを すこしだけ のぞきにいきます。
 こんしゅうも みんなのために がんばっているひとたちに かんしゃをして じぶんが できることを がんばりましょう。

 

5.29 あたらしいせいかつ

 おはようございます。
 きょうは 二小ニュースです。
 がっこうにいく じゅんびはできましたか?
 ねつをはかったり マスクをよういしたり・・・だいじょうぶですね。

 先生たちも昨日、皆さんを迎える準備をしました。
 左の写真はろうかに「あしあと」をかいているところです。
 どうして「あしあと」をかいているのかわかりますか?

 右の写真は水道ですね。今までと少しちがいますね。
 何がちがうかわかりますか?

 いつのまにかクイズになっていました。
 そうぞうしてみてくださいね。
 そして、こたえは せんせいのはなしをよくきいて かんがえてみてください。
 ヒントは「あたらしい せいかつ」です。
 
 みなさんのえがおと げんきなあいさつ がっこうで まっています。

5.28 がっこうが はじまるよ・答え合わせ

 おはようございます。

 こんしゅうは あついひが つづきますね。
 げんきですか? あさごはんはたべましたか?
 あしたから がっこうが はじまりますね。
 ひつようなものだけではなく こころとからだのじゅんびも しっかりとしましょう。

 きのうのクイズのこたえは がっこうにきて じぶんのめで たしかめてください。
 したの しゃしんや せつめいは おうちのひとと いっしょに みてください。

 写真の左から1階、2階、3階です。
 1階と3階には段差があり、スロープになっています。
 1階は写真の奥に向かって下がっています。
 3階は奥に向かって上がっています。
 これは、新しい校舎と古い校舎のつなぎ目です。
 二小の校舎は西側が新しい校舎です。だから、よく見ると教室のつくりが少し違います。気が付きましたか?
 「二小のろうかには坂がある。」
 二小の卒業した人たちにとって、二小のろうかも、土だんや石組みの正門、二松と同じように思い出の場所になっているそうです。

 では、どうして坂ができなのか・・?
 どうやら、新しい校舎を建てた時の工事にヒントがありそうですね。そして、「2階の廊下に坂がないこと」も考えるヒントになりそうです。想像してみてください。
 ※屋上には坂ではなく階段があります。

 これで 二小くいずは おしまいです。
 あしたから がっこうが はじまります。
 クイズでかんがえたことを じぶんのめで たしかめてください。
 そして、ふしぎなことや おもいろいこと たのしいことを みつけたら こうちょうせんせいに おしえてください。

 あしたからは 二小ニュースにもどります。
 二小ニュースのしゅやくは みなさんです。
 みなさんの がんばりや かつやく せいちょうを おうちのひとに つたえます。
 二小ニュースもたのしみにしていてくださいね。 

 

5.27 がっこうが はじまるよ

 おはようございます。
 にしょうの こいのぼりは なかよしの しるしです。
 みんなが げんきに とうこうするのを まっていました。
 きんようびから がっこうが はじまることになりました。
 こいのぼりも ほっとしているようですね。

 さて、きょうは こうしゃのなかのクイズです。
 いちねんせいは おうちのひとといっしょに かんがえましょう。

 右の写真は1年生の教室や校長室がある2階の廊下のです。
 ピカピカのきれいなろうかですね。
 みんなが元気に戻ってくるのを待っているようです。
 中央階段から1年生の教室を見たところです。

 さて、1階や3階の廊下はどうなっていか覚えていますか。
 今日のクイズは、二小のろうかの問題です。
 1階、2階、3階のろうかの違いを考えてください。

 2年生や3年生は3階には あまり行ったことがないかな?
 お家の人と一緒に考えてください。
 1階にはプラタナスがあります。
 プラタナスの人はよく知っていますね。

 4年生、5年生、6年生には簡単かもしれません。
 わかる人は、その理由も考えてみてください。
 理由はお家の人や先生たちも知らないかもしれません。
 お家の人や先生たちも一緒に考えてください。

 覚えているようで、なかなか思い出せない。
 分かるようで、分からない難しい問題です。
 さあ、みんなで考えましょう。

5.26 とうこうび・答え合わせ

おはようございます。
きのうは ひさしぶりに みなさんにあえてうれしいかったです。せんせいたちも とてもはりきっていました。
これから すこしずつ がっこうにくるひが ふえてきます。
たのしみですね。

さて、クイズのこたえは わかりましたか?
せんせいたちは どんなじゅんびをしたか?
そして、それは なんのためか?

きっと せんせいの はなしをきいて わかったとおもいます。
きのうは きょうしつにいるひとがすくなく、じかんもみじかかったですね。そして、ともだちとはなれてすわっていましたね。
きのうは クラスを3つにわけて とうこうしました。
きのうのような ほうほうを 「ぶんさんとうこう」といいます。
これからしばらくのあいだ 「ぶんさんとうこう」になります。
だから せんせいは そのためのじゅんびをしました。

なんのためにしたのか?
もうわかるとおもいます。
「うつらない」「うつさない」のはなしをおもいだしてくきださい。

がっこうがはじまっても 4つの「ない」を いしきしたせいかつをします。
「うつらない」「うつさない」「きずつけない」「むりをしない」
これは みんなが あんしんしてせいかつをするために ひつような せいかつのしかたです。

きのうは みなさんが そのことをいしきして せいかつができました。
えらかったね。せいちょうしたね。りっぱです。
これからも 4つのないをいしきして みんなでたのしくあんしてして せいかつできるようにしましょう。

きょうも せんせいからのメッセージをみて おうちで たのしく あんしんして すごしてくださいね。

5.25 とうこうび 4がつとちがうこと

   おはようございます。
   きょうは とうこうびです。
   がっこうにいく じゅんびはできましたか?

   きょうは がっこうにいく じかんが ばんごうごとにちがいます。
   じぶんのことを たしかめることが できましたか?

   きょうは きょうしつのしゃしんをみて かんがえるクイズです。
   4がつのようすと すこし ちがいますね。

   せんしゅう たんにんのせんせいは みなさんがくるのを とてもたのしみにしていました。そして、いろいろなじゅんびをしていました。

   きょうは ふたつのことを かんがえます。
  ① どんな じゅんびを していたとおもいますか?
  ② そして、それは なんのためでしょう?


   たんにんのせんせいからの メッセージをよんで かんがえてください。
   こうちょうせんせいも みんなとあうのをたのしみにしています。かどのまるいいしや みかんのき ビオトープなども じぶんのめで たしかめてください。

5.22 ふしぎをさがそう

 おはようございます
 今週は寒くて雨の多い一週間でしたね。
 今週もよくがんばりましたね。えらいね。
 めあてはできましたか?
 計画した勉強は終わりましたか?
 「はい」 今週も元気な声が聞こえてきました。
 来週は登校日があります。
 その元気な声を学校で聞くことができますね。
 今から楽しです。ワクワクします。

 今週の二小クイズは、二小のことをホームページで調べたり、考えたりするクイズでした。どうでしたか?感想を聞いてみたいと思います。
 「ホームページのことがよく分かった。」
 「二小のことをもっと知りたくなった。」
 「はやく 学校に行きたくなった。」
 こんな人がたくさんいたらうれしいです。

 さて、今日の二小ニュースはうさぎ小屋のことです。
 二小にはうさぎ小屋があります。
 写真を見てください。
 二小のうさぎは「ココア」と「ショコラ」です。
 うさぎのお家にしては大きいですね。背も高いですね。
 「どうして こんな たてものになったのかな」
 しっている人はいますか?
 想像できる人はいますか?
 二小には「どうしてかな?」と思うものが他にもあります。
 ホームページでも調べることができないこともあります。
 学校が始まったら、そんな「ふしぎ」をたくさん見つけてください。そして、見つけた「ふじき」を調べたり、考えたりしてみましょう。それが勉強です。そして、とても楽しいことです。

 
 それでは、私たちの生活や命を守るために働いている人たちがいることを忘れずに、今できることやすべきことを考えて、来週もがんばりましょう。

5.21 なにがあるかな? なにがいるかな? 答え合わせ

おはようございます。
さむいひが つづきますね。
かぜを ひいているこは いませんか?
ぐあいがわるいときは むりをしないでくださいね。
もうすく がっこうが はじまります。
からだと こころを ととのえて まっていてください。

ビオトープにいるいきものや おくじょうにあるものを ホームページでみつけることはできましたか?

ホームページには 二小のことが くわしくしょうかいされていることがわかったとおもいます。
 
きのうのクイズは「特色ある教育」をしらべると こたえがわかります。
「学校ビオトープ」「屋上庭園」というタイトルがあるページにしょうかいされていますね。

みつけることができましたか? みつけられたひとは せいかいです。

ビオトープにはどじょうや、ちいさなさかな、やごなどがいます。
つかまえることはできませんが、もうすこしすると、やごがせいちょうしたトンボが ビオトープのまわりをとんでいるのをみることができますよ。

おくじょうには、ブルーベリーやブラックベリーのみがなります。
なつになると あまいみを たべることもできますよ。

きれいな花も たくさんさいています。
がっこうが はじまったら おくじょうも いってみましょう。

ビオトープや屋上だけではなく、二小では花や生き物をみんなで大切にしています。花や生き物と仲良くすることで、わたしたちは楽しく、気持ちよく生活することができます。花や生き物は二小の大切な仲間です。

今は、花だんのバラがとてもきれいです。
あまいにおいでみんなをむかえてくれるでしょう。
楽しみにしてください。

芝生のみどりも とてもきれいになりました。
みんながくるのを楽しみに待っているようです。
ふかふかの芝生で 思い切り遊んでくださいね。

今日も、お家で過ごす時間が長くなりますね。
ホームページを使いながら 楽しく勉強を進めてください。

5.20 なにがいるかな? なにがあるかな?

 おはようございます。
 きのうは あめのいちにちでした。
 にしょうのホームページみましたか?
 あたらしい はっけんをしたひともいるとおもいます。

 きょうも さむくて あめがふっていますね。
 がぜをひかないように おうちですごしましょう。

 きょうも ホームページをつかって かんがえるクイズです。
 1ねんせいは おうちのひとといっしょに かんがえましょう。

 左は「ビオトープ」の写真です。
 春になると カエルがたまごをうみます。
 たまごが おたまじゃくしになると それを 食べる鳥が集まってきます。
 しばらくすると おたまじゃくしは カエルになって いつのまにビオトープには いなくなります。ビオトープは自然の姿を教えてくれる大切な場所です。

 もんだいは この中にいる 生き物のことです。
 この中には どんな生き物がいると思いますか?
 知っている人もたくさんいますね。
 ホームページを使って確かめたり、調べたりしてみましょう。

 右は屋上の写真です。
 屋上にも実がなる木があります。
 何があると思いますか?
 屋上が大好きな人はよく知っていますね。
 食べたことがある人もいると思います。
 ホームページを使って確かめたり、調べたりしてみましょう。

 今日もホームページをつかって新しい発見ができるといいですね。
 そして、発見したことは学校がはじまってから、自分の目で確かめてみましょう。

5.19 実のなる木・答え合わせ

 おはようございます。
きょうは あめがふっていますね。
 つゆが ちかづくと あめのひが おおくなりますね。
 あめのひの すごしかたも くふうできるといいですね。
 
 きょうは、こたえあわせです。

 どんな実(み)がなるかわかりましたか?
 ホームページでしらべることはできましたか?
 ホームページは とおくにあるものや むかしのことを しらべるときに やくだちます。

 いちねんせいのくいず わかりましたか?
 ホームページで みつけることが できましたか?
 こたえは みかんです。 
 あきになったら みが たくさんなります。たのしみに していてください。

 2年生は、思い出しましたか?
 ホームページにもありましたね。
 答えは ぶどうです。今は小さなみどり色ですが、これからどんどん大きくなってむらさき色のあまいぶどうになります。
 今年はたくさんできるといいですね。

 3年生以上のみなさんは分かりましたか?
 ホームページで調べた人もいるでしょう。
 ホームページには、二小にある実のなる木がたくさん紹介されています。
「かりん」「ブルーベリー」「うめ」「ゆず」など・・。
 写真の実はホームページにはなかったかもしれません。

 昨日の写真は「クルミ」です。そして、上の写真がクルミの木です。どこにあるか知っていますか?
 学校の北側にあります。3階の廊下から見ることができます。
 北側にあるので、気が付かない人が多いかもしれません。毎年、たくさんの実がなります。学校に来た時に確かめてください。
 
 みかんとぶどうのことは「二小ニュース」で調べることができます。
 平成30年、31年の二小ニュースで探してみてください。
 毎日のニュースが書いてあるので、なつかしく感じたり、いろいろなことを思い出して、学校に来るのが楽しみになったりするかもしれません。

 今日は、一日雨の予報です。家にいる時間が多くなるので、二小のホームページにどんなことが紹介されているか調べてみてください。
 
 明日の二小クイズもホームページで調べる問題を出す予定です。
 楽しみにしていてください。

5.18 実(み)のなる木

 おはようございます。
 先週は二小のシンボル「土壇(どだん)」「正門(せいもん)」のクイズでしたね。
 おさんぽで二小の正門を見に来てくれたお友達もいました。
 二小以外の場所で「角の丸い石」を使った石垣を見つけた人もいるかもしれません。
 学校が始まったら「角の丸い石」を見たりさわったりして、たしかめてくださいね。

 さて、今日の二小クイズは「みのなる木」のクイズです。
 がくねんによって クイズのもんだいが ちがいます。
 わからないときは、二小のホームページを使って考えます。

 きょうだいがいる人は、こたえがわかっても こたえはいわずに じょうずなヒントをだしてあげてくださいね。

 1ねんせいの くいずです。
 ひだりの しゃしんをみてください。
 いまは しろい はなが さいています。
 あきに なると おれんじいろの みがなります。
 にしょうでは 1ねんせいが このみをとります。
 そして、これからおせわになる 6ねんせいといっしょに たべます。
 このきに なるみは なんでしょう。

 2年生のくいずです。
 まん中のしゃしんをみてください。
 今は 小さなみどり色のみがついています。
 あきになると あまずっぱいみがなります。
 校長先生が このみをとって みんなにたべてもらいます。
 きょ年は みがすくなくて みんなにたべてもらうことができませんでした。
 この木に なるみは なんでしょう。

 3年生以上の人のクイズです。
 これはむずかしい問題です。
 右の写真は何の実かわかりますか。
 この実は去年、二小でとれました。
 この実がなる木はどこにあるでしょう。
 秋になると実をつける木です。
 
 二小のホームページには二小にあるものや思い出が紹介されています。昔のことも調べることができます。
 ぜひ活用してみてください。

5.15 想像をひろげて

 おはようございます。

 今週は昔から二小にあるものについてのクイズでした。
 角の丸い石でできた門やどだんは、たくさんの人の思い出がつまった二小のシンボルです。
 だから二小の人たちは、長い間、大切につかってきました。

 角の丸い石でつくられた理由や、つくった人や大切にしてきた人の思いを想像できましたか。
 昔のものを見て想像することは楽しいことです。想像する力は、新しい発見や発明につながる大切な力です。

 今日は、二小ニュースです。
 二枚の写真を見て想像してみましょう。

 右の写真は市内にある国立高校の正門です。
 二小と同じ角の丸い石が使われています。

 左の写真は校長先生がお家に帰る時に通る「たまらん坂」にある石垣です。
 ここにも角の丸い石でつくられた石垣がありました。

 どちらも昔からあるものです。きっと、たくさんの人たちが大切にしてきたものだと思います。二小と同じように多摩川の石が使われているのかもしれません。
 想像がひろがります。

 市内や多摩川に近いところには、他にも角の丸い石でつくられたものがあるかもしれません。
 もし、見つけたら二小の門や土壇の石と比べてください。
 同じところやちがうところがあるかもしれません。
 そして、想像してみてください。
 「なんでここにあるのかな?」
 「どんな思いでつくったのかな?」
 「・・・・・・・・・・・」

 角の丸い石でできたものを見つけたり、二小にそれがある理由を考えたりすることができたみんななら見つけたり、想像したりすることができると思います。
 チャレンジしてみてください。

 さて、一週間、よくがんばりましたね。えらいね。
 今週のめあてはできましたか。
 自分で計画した勉強は終わりましたか。
 「はい」 
 元気な声が聞こえてきました。

 それでは、私たちの生活や命を守るために、必死に働いている人たちがいることを忘れずに、今、自分ができることや、すべきことを考えて、来週もがんばりましょう。

5.14 角の丸い石・答え合わせ

おはようございます。

 先生たちも毎朝8時15分に朝の会をしています。
 学校に来ている先生が集まって元気にあいさつをします。
 今日はプラタナスの先生が来ています。

 みなさんも元気なあいさつができましたか?
 今日も、みなさんの生活を支えてくれているたくさんの人に感謝し、自分が今できることをがんばりましょう。

 さて、今日は答え合わせです。
 石垣(いしがき)でつくられているものを思い出すことはできましたか?
 1年生は、入学式の時に写真をうつした人もいるかもしれません。
 「・・・・・・・」そうです。正解です。

 ひとつは「土壇」ですね。そして、もうひとつは正門です。
 どちらも角の丸い石がつかわれています。
 そして、どちらも昔からあるものです。

 正門は学校ができる前からこの場所にあったといわれています。

 土壇は体育館がなかった頃、体育館の舞台の役割を果たしていました。卒業式や入学式も土壇で行ったそうです。

 それでは、どうして同じような角の丸い石でつくった石垣が一小や谷保天満宮にもあるのでしょう。

 昔からあるものは、つくった人に話を聞くことが難しいので、今も残っているものをヒントに想像して考えます。校長先生も想像して考えてみました。

 角の丸い石は川の流れで角がけずられたものだと思います。
 そして、国立の近くを流れる川は・・・。そうです。多摩川です。

 一小も谷保天満宮も昔につくられた建物です。そして、近くを多摩川が流れています。新しく建て直したところもありますが、二小と同じように、昔のものを大切に使っているのかもしれません。

 昔は、自然のもの使っていろいろなものをつくりました。二小の正門や土壇にも、きっと川の石を使って人の力でつくられたものだと思います。そして、土壇や正門にはその頃の人たちの思いが込められています。
 どんな思いが込められていると思いますか?想像してみてください。そして、学校が始まったらみんなが想像したことを聞かせてください。

5.13 角の丸い石を見つけよう

 おはようございます。
 きのうも、みなさんがお家で使うプリントやお手紙をお家の人が取りに来てくれました。いろいろな人がみなさんの生活を支えてくれています。
 どんな人がどんなことを支えてくれているか考えてみましょう。
 そして、その人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、みなさんも今、できることをがんばりましょう。

 今日は、二小の昔からあるものについてのクイズです。
 二小では昔からあるものを大切に使っています。
 どんなものがあるか 思い出しながら考えてください。

 下の写真は国立市内にある石垣(いしがき)です。
 ※いしがきは、石をつみあげてつくった塀(へい)やかべのことです。
 
 右側は二小よりも昔にできた一小の正門の写真です。
 左側は谷保天満宮の近くの写真です。
 何か気がつくことはありませんか?
 
 どちらの石垣(いしがき)にも角の丸い大きな石がつかわれていますね。

 同じような角の丸い石を、二小でも見たことはありませんか?
 思い出した人もいますね。

 今日は「角の丸い石をつかってつくられたもの」を見つけるクイズです。みんながよく知っているものです。

 「二小にあるもので、角の丸い石をつかってつくられたもの」って何でしょう。2つ見つけられたらすごいです。よく思い出してください。
 1年生も見たことがあるものです。

 2年生以上の人は分かりましたね。

 分かった人は、一小や谷保天満宮と同じ、角の丸い石でつくられたものが二小にある理由も考えてみてください。

 理由はいろいろ考えられそうですね。想像を広げて考えてみてください。ヒントは「角の丸い石」の角が丸い理由を考えることです。

 今日もめあてや計画を意識し、今できることを考えて、自分から進んでできるといいですね。頑張りましょう。

5.12 二小の太陽・答え合わせ

  おはようございます。
  勉強の計画や生活のめあてはできましたか?
  生活表(二松カード)には〇がたくさんつきましたか?
 すごいね。頑張ってるね。
 今日も自分で決めためあてや計画を意識して過ごしましょう。

 さて、今日は答え合わせです。「二小の太陽」のことをお話しします。
 どうして土壇に太陽の絵があるのか・・知っている人も多かったかもしれません。

 下の写真の右側にある太陽の絵をよく見ると「太陽時計」の文字が見えます。
 気が付いたかな・・・確かめてみてください。
 土壇の後ろにあるカベの上に、太陽の位置で時刻を調べる太陽時計(日時計)があります。左側の写真が太陽時計です。

 この太陽時計は今から40年前に土壇の上に作られたました。そして、そのことが分かるように、40年前の卒業生が大きな太陽の絵をタイルでつくったようです。太陽の絵のまわりにある小さなタイルをよく見ると「1980」の文字が書いてあるタイルがあります。きっとこれを作った年だと思います。
 もしかすると皆さんの近くにこのタイルをつくった人がいるかもしれませんね。もし、知っている人が近くにいたら話を聞いてみてください。

 写真だけでは使い方がよく分かりませんね。
 学校が始まったら太陽時計を使って時間を調べてみましょう。
 ただし、この時計が使えるのは太陽が出ている時だけです。

 そして、太陽時計を使う前に、太陽時計(日時計)について詳しく調べてみるのもいいですね。また、太陽時計づくりに挑戦するのもいいと思います。調べたりつくったりすることが得意な人はチャレンジしてみてくださいね。太陽時計を使うことが楽しみになります。

 今日も一日、楽しみながら、自分のペースで学習を進めましょう。

5.11 二小の太陽

みなさん おはようございます。
体温は測りましたか? 
朝ご飯は何を食べましたか?
校長先生は大好きな納豆を食べました。

まずは答え合わせです。答えは「どだん」です。
二小には「どだん」があります。
ほかの学校にはない二小の宝物です。
漢字で書くと「土壇」と書きます。
全校朝会ではこの上で先生や6年生の代表がお話をします。
休み時間には、土壇を使って鬼ごっこをしたりして遊びます。
どだんにすわってひなたぼっこをする人もいますね。

今日のクイズはみんなもよく知っている土壇の真ん中にある太陽の絵です。
みなさんは「なぜ土壇に太陽の絵がかいてあるのか」知っていますか?
これが今日のクイズです。知っている人はお家の人に教えてあげてください。知らない人はその理由を考えてください。

今日から、家庭学習が始まります。
5月の家庭学習は、新しい教科書のお勉強を自分て進める勉強です。
お家の人が担任の先生からもらってくるカードやブリントを使って進めましょう。

まずは、目標や計画を立ててみましょう。お家の人が持ち帰ったものを見ながら毎日の学習の計画や生活の目標をお家の人と一緒に考えてください。
 
明日はクイズの答え合わせをします。この太陽の絵がいつからあるのか、誰がかいたのかなど、くわしくお話をします。楽しみにしていてください。

5.8 二小クイズがはじまります

 来週からはじまる「二小クイズ」について説明をします。
 二小クイズはみんなに二小のことをよく知ってもらうための学習です。家での学習を始める朝の時間(朝の会)にできるように校長先生がクイズをつくります。
 月曜日と水曜日はクイズを出します。火曜日と木曜日はクイズの答え合わせをします。金曜日は「二小ニュース」で二小のことを紹介します。
 国立二小は今年で創立70年を迎えました。来年からは新しい校舎の工事も始まります。二小クイズで二小のことを知ったり考えたりして、学校に登校することが楽しみになるようなクイズを考えます。

 それでは、練習をします。
 この石でつくった舞台のようなものの名前は何でしょう。
 「〇〇〇」2年生以上の人には簡単な問題ですね。
 では、漢字書くと 「〇〇」 できる人は調べてください。
 答えは月曜日の二小クイズで確かめてください。

5.8 配布日に向けての準備

 学校配信メールでもお知らせしましたが、11日・12日は家庭学習で使用する教材や課題表などの資料をお渡しする配布・回収日です。
 4月の臨時休業では5月からの学校再開を見据えて予習や復習を中心に家庭学習を進めました。そして、5月の家庭学習では臨時休業の長期化を見据え「教科書の内容を先に進める。」ことを中心に進めることになります。
 オンライン授業等が可能なインターネット環境が十分とはいえない中で、自分の力で学習を進める子供たちや子供に寄り添い学習を支えてくださる保護者の皆様に学校として何ができるかを教職員みんなで考えました。
 教材等の配布日には2週間分の教材とそれを進める資料をお持ち帰りいただくことになります。お持ち帰りいただく教材の種類や量も多く、保護者の皆様にはご苦労、ご負担をおかけすることをお許しください。
 課題の分量の多さに戸惑うかもしれません。まずは、お持ち帰りいただいた教材と課題表や時間割を確認しながら、家庭学習の計画を立てることから始めていただきたいと思います。また、本来ならば担任が直接指導し、めあてを持たせたり、学習の見通しがもてるように学習の計画を立てたりするところですが、今回は紙面やホームページ上でのアドバイスが中心となります。
「はなれて、つながる」を合言葉に、直接指導することが制限されている中で、子供たちや保護者の皆様とつながるために準備をしました。配布日にお配りする教材や資料を活用し、保護者の皆様のお力をお借りしながら新しい生活様式にあった学習や生活のスタイルを少しずつ整えていきたいと思います。

5.1 5月スタート「団結」

 5月の空には鯉のぼりがよく似合います。
 昨日は、用務職員が鯉のぼりを取り付けました。
 二小の鯉のぼりは
「お家でも元気に頑張ろう」
「みんなの力を合わせよう」との願いを込めた「団結」の象徴です。
 学校では、30名の教職員がテレビ会議を行いました。自宅勤務の教職員も参加できるように準備を進め、約90分間行いました。内容は5月11日以降の対応です。国立市では7日に対応を決定することから様々なパターンを想定し、どんな決定にも対応できるように計画を立てました。保護者の皆様には7日に予定されている市の決定を受けて、遅くとも8日には学校の対応を連絡します。
 5月は「団結」を意識します。どんな状況にあっても、子供たちと学校、教職員が心でつながる取組をみんなで考えていきます。

4・27 5月の準備

 週末には5月となる1週間が始まりました。学校再開に向けて準備をしてきましたが、5月7日の学校再開が見送りとなりました。楽しみにしていた学校再開がなくなり、気持ちが沈みそうになる中で、用務主事さんが玄関に5月飾りをしてくれました。育成会の花壇からアヤメの花もいただきました。二小5月の風物詩です。
 先週末から配信メールを活用した子供たちの状況確認を行っています。今日は、担任から確認のお電話をさせていただきました。子供たちの笑顔が確認できて安心しています。連休明けの予定は東京都や国立市の判断を待って考えることになります。命と向き合う毎日が続きます。担任からの電話連絡で、皆様からいただいたご意見をしっかりと受け止めて、5月の学校生活を考えていきます。

4.24 「笑顔」の確認

 家庭での生活が中心となった4月も来週で終わります。
 4月の主役だった桜も、葉が大きく成長し新緑の季節の到来を感じます。また、芝生の緑も一層濃くなり、雑草も目立つようになりました。先日、芝生の雑草取りをしていると散歩中の子供が声をかけてくれました。
「校長先生、ありがとうございます。」
うれしい言葉かけと笑顔に心が温かくなりました。
 さて、メールでもお知らせしましたが、来週、子供たちの状況確認を電話で行います。今回は、事前に状況の確認をさせていただき、必要がある児童やメールで確認できないご家庭等に担任から電話をさせていただきます。 
 なお、前回同様、状況確認のみのお電話とさせていただきます。お困りのことや相談等がありましたら改めてお話を伺います。ご協力の程、よろしくお願いいたします。

4.21 新コロナウイルス感染を乗り越える説明書

 昨日、ある保護者の方から新コロナウイルスに関する情報提供がありました。今、起きていることを正しく理解し、私たちが何をすべきかを考えるきっかけになる貴重な情報提供です。さっそく出勤している教職員にその情報を紹介しました。
 それは、長野県の諏訪中央病院の医師が作成し、病院のホームページで紹介している「新コロナウイルス感染を乗り越えるための説明書」というタイトルの資料です。今、起きていることを漫画を交えて分かりやすく解説しています。
 私たち大人はもちろんのこと、今起きていることや、すべきことを子供と一緒に話し合ったり、家族で話題にしたりする時にとても役立つ内容です。
 私が心に残ったのは「はなれてつながる」「最強の守りはバブル」「バブルは壊れやすい。そして、それを守るのは感謝の心です。」などです。これから学校ですべきことを考える大きなヒントになりました。皆さんも、是非、ご覧ください。そして、ご活用ください。

4.20 離れていても つながる心

 臨時休業も2週目になりました。
 今週も「ステイホーム」人と直接かかわらない生活が続きます。
 子供たちが家庭でも、きまりよい生活ができるよう様々な人たちが努力をし、支えてくださっています。昨日も、教育委員会の方から新しいテレビ番組の情報をいただきました。離れていてもつながる心があることを感じます。「感謝」の気持ちを込めて、いただいた情報を二小ニュースで紹介させていただきます。
 いただいた情報は以下の通りです。
 
(1)休校中の子どもたちに向けた新しい番組のお知らせです。
「臨時開校!フライデーモーニング・スクール」Eテレで臨時小学校が始まるよ!
【放送】いずれもEテレサブチャンネル
 4月24日(金)前9:00-10:25 理科(30分)社会(30分)プログラミング(25分)
 5月1日 (金)前9:00-10:25 理科(30分)・社会(30分)・生活(25分)
(2)学校の先生・保護者の不安にお答えする番組も放送します
 4月23日(木)後10:30-10:50 Eテレ「子どもたちの生活の“安心”を整えよう」
 4月30日(木)後10:30-10:50 Eテレ「子どもたちの“学び”を支えよう」

4.17 TOKYO おはようスクール

 昨日は、今週からTOKYO MXテレビで始まった「TOKYO おはようスクール」を出勤した先生たちと見ました。
 この番組は東京都教育委員会が、学校の臨時休業が続く中、小学生が一日をスタートさせ、生活のリズムを整え、自分に合った学習を進められるようになることをねらいとした番組です。
 東京都教育委員会のホームページには番組表も掲載されています。番組の内容を確認し、家庭学習にお役立てください。

4.16 桜とハナミズキ

 土壇の周りに植えられた樹木は花や葉っぱの色で季節を感じさせてくれます。
 紅白の梅は春を告げ、その梅が実を付ける頃になると紅白のハナミズキが初夏の訪れを感じさせてくれます。
 ハナミズキの花弁が色付く頃、子供たちに必ず話すことがあります。それは、ハナミズキが日米の友好の証であるという話です。
 ハナミズキは、日本から米国に贈った桜の返礼として贈られた樹木だそうです。桜とハナミズキが仲良く季節を伝える姿は、世界平和の尊さを私たちに伝えてくれる春の風物詩です。
 今、私たちが直面しているウイルス感染の問題は、地球規模の大きな問題です。世界中の人たちが自分の命や、大切な人の命と向き合い、その命を守るためにできることを考え、実行することの大切さをハナミズキは改めて伝えているように感じます。

4.15 早咲きのツツジが見頃です

 初夏を思わせる爽やかな空気と柔らかい陽ざしの中で早咲きのツツジが見ごろになりました。鮮やかなオレンジ色のキリシマツツジや、小さな白い花をつけるかわいいドウダンツツジなどが咲きそろいました。
 2.3.4年生のドリルも残りわずかとなりました。皆様のご協力に感謝いたします。昨日も皆様からの感染や事故等の連絡もなく穏やかな一日となりました。

4.14 自宅勤務スタート

 昨日から「接触8割減」の目標を達成するために学校の勤務も自宅勤務を中心に行うことになりました。本校では、保護者の皆様からの連絡や相談に応じるために、学校での勤務を学年ごとで行っています。昨日は2年生の教員が勤務をしました。今週の予定は以下の通りです。
火曜日・1年生  水曜日・3年生  
木曜日・4年生  金曜日・5年生
 「接触8割減」をみんなで意識し、感染の抑制を実現しましょう。
 昨日の冷たい雨は山では雪になったようです。屋上に上がると、富士山と雪をかぶった丹沢と奥多摩の山々がきれいに見えていました。

4・10 芝生作業

 校庭の木々が新緑を迎え、校庭の芝生も青々と茂ってきました。今日は、芝生作業を行いました。校長先生や用務主事さんが芝刈りや除草作業を行い、学校が再開された際に、子供たちが思い切り体を動かしたり、気持ちよく過ごしたりすることができるように環境整備を行っています。
 先生たちも、1日でも早い学校再開を目指して、学習の準備等を行っています。子供たちの不安が少しでも減り、安心安全な学校生活を再開できるようにしていきたいと思います。

4・9 家庭学習準備

 昨日より、教員が休み中の課題について話し合いをしたり準備をしたりしています。新年度一括購入した教材(ドリル等)で7日に配布ができなかったものを14日からの家庭学習での活用を考えています。9時から16時に中央玄関付近で配布しています。10日(金)まで配布予定ですので、2・3・4年生の保護者の方は、お手数ですが、教材の受け取りにきていただきますよう、よろしくお願いします。尚、週に1度の「登校日」については、実施を見送ります。家庭学習の詳しい課題については、今後、学校配信メールでお伝えします。登録をよろしくお願いします。

4・8 緊急事態宣言

 昨年度、保護者の皆様が入学、進級する子供たちのために植えてくださったチューリップが満開になりました。子供たち成長を喜ぶ保護者の皆様の気持ちを色鮮やかなチューリップの花が伝えてくれています。
 今日は、昨日の緊急事態宣言や東京都が検討している措置の内容から、本校が予定している登校日が実施できなくなることを想定し、来週以降の家庭学習の課題について話し合いをしました。具体的には国立市の方針を待って決定しますが、保護者の皆様にはご協力をいただくこともあるかと思います。
 刻々と変化する社会情勢の中で、子供のために何ができるか明日もみんなで考えていきます。メール配信が10日まで使用できません。ホームページの掲示板を使って学校の対応をお知らせします。

4・7 登校日 放送朝会

 今日は、登校日でした。1年生は、登校班で初めての登校となり、上級生と一緒に安全に気を付けて登校してきました。登校後は、6年生に手伝ってもらいながら、朝の支度しました。朝の時間は、朝会があり、各学級で放送朝会を行いました。校長講話では、命を守ることの大切さについて話があり、自分の身を守るために、「うつさない うつらない きずつけない むりをしない」をみんなで意識して、みんなが安心して生活できるようにしようと話がありました。少ない登校日ですので、みんなが気持ちよく過ごせるように、教職員も気を付けていきたいと思います。

4.6 始業式・入学式

 卒業式に満開を迎えた桜の花が花吹雪となり、進級した子供たちと新1年生を迎えました。3学期は2月末に臨時休業に入り、3月は修了式を含めて登校したのはわずか2日のみとなりました。始業式では久しぶりに校庭に集合した子供たちがとても大きく見えました。始業式後には新しい担任や友達と明日の登校日の確認をしました。
 入学式は、82名の新入生を迎えました。話をしっかりと聞く態度が印象的でした。これからの成長が楽しみになりました。
 明日は1年生にとっては初めての集団登校です。高学年がリーダーとなり、2年生以上の子供たちがお手本となって安全に楽しく登校します。
 保護者の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

4・3 始業式・入学式準備

 4月6日より新学期が始まります。今日は、6日の始業式と入学式に向けての準備を進めました。新コロナウイルスの感染が広がる中、子供たちが安心して新学期を迎え、1年間の目標をもってスタートができるように、環境の整備をしたり動きの確認をしたりしました。
 3月に続き、臨時休業の影響で4月の登校日が限られていますが、進級や入学した喜びを感じ、学校生活に対する希望をもてる式にしていきたいと思います。
 二小の子供たちに久しぶり会えることを職員一同楽しみにしています。

4.2 新年度準備

 冷たい雨が上がり、屋上からは富士山がきれいに見えていました。
 今日も、入学式や始業式の準備を先生方が協力して進めていました。
 保護者の皆様にはメールでも連絡があったように、新コロナウイルスの感染拡大防止のためゴールデンウイークまでの臨時休業が決まりました。都内の現状を考えれば仕方のないことです。例年とは違う新学期の始まりとなりますが、子供たちが進学や進級の喜びを感じ、成長に向けて前向きな気持ちがもてる始業式や入学式になるよう準備を進めています。

4.1 新年度スタート

 朝から冷たい雨が降る年度初めとなりました。正門から校舎へと続く桜並木は花びらのじゅうたんができていました。
 学校では新しく6人の迎え、新年度の準備を始めました。新型ウイルスの影響で先が見えない不安もありますが、先生たちは来週予定されている入学式や始業式の準備を進めていました。
 二小ニュースのコーナーでは学校の出来事を中心に皆様にお伝えします。今年度もよろしくお願いします。

国立第二小学校

国立第二小学校

〒186-0005
東京都国立市西2-13
TEL:042-572-2197
FAX:042-572-2198